【URUGUAY】ウルグアイ1のメロディー・メーカー、ホルヘ・ドレクスレルの新作来た!

JORGE DREXLER / ホルヘ・ドレクスレル / SALVAVIDA DE HIELO

JORGE DREXLER ホルヘ・ドレクスレル

SALVAVIDA DE HIELO

CD(4) 2,160円(税込)

心地良いヴォーカルと、美しいメロディのソング・ライティングで世界的な人気を誇るウルグアイ・ミュージックのトップアーティスト、ホルヘ・ドレクスレル、2017年新譜!今回もウキウキするようなナチュラルなポップさに心掴まれてしまいました!


【新品特集】ミナス新世代の新たなる潮流 "21st Century CLUBE DA ESQUINA VOL.2"


【新品特集】ミナス新世代の新たなる潮流


"21st Century CLUBE DA ESQUINA VOL.2"





ブラジル音楽の深淵にして温床の地、ミナス・ジェライスが誇る類まれなる才能、

アントニオ・ロウレイロの登場以降にリリースされた、ミナス新世代シーンの

新たなる潮流と呼ぶべきアルバムを
当店独自の視点でピックアップしました。


特集「ミナス新世代の新たなる潮流」








ALEXANDRE ANDRES & RAFAEL MARTINI

HARU


南米音楽の新潮流、ブラジル・ミナス新世代を代表するコンポーザー/シンガーソングライター/マルチ奏者の2人が、アルバム全体に渡り完全デュオ編成で録音した最新作。これまでも数多くのプロジェクトで共演を重ねてきた二人が、さまざまな編成での活動を通過したのちにデュオ編成へと到達。二人のコーラスワーク、そしてフルートやギターと鍵楽器のコンビネーションはデュオであることを忘れさせるほど多才なサウンドスケープを作り出し、歌と器楽の関係性を切り拓く可能性に満ちている。








ALEXANDRE ANDRES

MACIEIRAS


南米音楽の新潮流、ブラジル・ミナス新世代を代表するコンポーザー/フルート奏者/シンガーソングライター、アレシャンドリ・アンドレスの最新4thアルバム。自身のフルート・ギターを軸としたレギュラー・カルテットを主体に、アントニオ・ロウレイロ、アンドレ・メマーリ、ジョアナ・ケイロス、ヒカルド・ヘルスをゲストプレイヤーとして招いた内容。前作『Olhe Bem As Montanhas』(NRTI-003)で展開した路線をさらに推し進めたインスト作品に。一曲を除き全てを自作曲で構成、フォークロアとバロック音楽が交差するミナスの伝統に、現代ジャズのタッチを通過したマジカルなアンサンブルはもはや専売特許の域に。世界各地で発生しているチェンバー・ミュージックのオルタナティブな展開ともリンクしつつ、演奏とアレンジの芸術性は現代最高峰といっても過言ではない。








RAFAEL MARTINI SEXTET + VENEZUELA SYMPHONIC ORCHESTRA

SUITE ONIRICA


現代ブラジルで最も傑出した才能の一人とされるハファエル・マルチニが、オーケストラとともにドビュッシー、ジョビン、ピシンギーニャ、ストラヴィンスキー、ギル・エヴァンス、リゲティの間に照応関係を見出す、マニエリスム的「一致する不一致(ディスコルディア・コンコルス)」。ジョアナ・ケイロス、アレシャンドリ・アンドレスが参加。「夢幻組曲/夢の組曲」の意味の本作 «suíte onírica»は、全 5 曲から成る交響楽団、ジャズ・セクステット、オーケストラ、クワイアの為の組曲です。日本盤のカバーアートはマニエリスムを代表する画家の一人、Giuseppe Arcimboldo の「四大元素〈水〉」を使用。








RAUL MARIANO

TIPOS HUMANOS

ミナスはラゴア・サンタ出身のインディーロック系シンガーソングライター、ハウル・マリアーノのデビュー作。プロデュースには元ロス・ポロンガスのジョアン・ヴァスコンセロスをむかえサンパウロで録音。幻想的でメロディアスなポップロックに歪んだエレキギター、アコースティックとエレクトリックの有機的なアンサンブルまでを披露する内容は、ロー・ボルジェスやベト・ゲヂスといったミナス産ロックの流れを汲むもの。ミネイラで現在はサンパウロで活動するジュリアナ・ペルヂガォンもゲスト参加。








RABELLO

VENHA

ミナスのシンガーソングライター、ハベーロことチアゴ・ハベーロのNEW ALBUM。レコーディングはレオナルド・マルケス(トランスミッソール)のスタジオ「イーリャ・ド・コルヴォ」ということで、ヴィンテージ機材らしいリッチで厚みのあるサウンドに。フレデリコ・エリオドロ(ベース)やフェリペ・コンチネンチーノ(ドラム)からネルソン・ファリア(ギター)といったベテランまでも参加。たしかなバッキングとエレピも交えたミナス正統派ともいえるドリーミーなサウンドがハベーロの楽曲をより魅力的なものにしている。6曲入りEPと曲数は少ないものの、ソングライターとしての確かな才を存分に感じられる一枚。








SEMRECEITA

SEMRECEITA

ミナス新世代の新潮流!アントニオ・ロウレイロがプロデュース/演奏でも大幅に参加するミナスのインスト・バンド「センヘセイタ」のデビュー・アルバム。レコーディングはアレシャンドリ・アンドレスで、彼の作品やジョアナ・ケイロスなど多数の作品をレコーディングしたミナスのファゼンダ(大農場)の中にあるプライベートスタジオで録音されたとのこと。アントニオ・ロウレイロもプロデュースだけでなくコンガやシンセ、フィルターをかけたドラムなどで参加。ブラジルの伝統リズムとコンテンポラリー・ジャズの複雑な楽曲を融合したようなユニークでありながらスリリングなサウンドは、ミナス新世代の新しい潮流を感じさせてくれる。








FELIPE MENDES

DISGUISED LAND

ミナス出身、現在はバークレーに在籍しアメリカを拠点に活動するギタリスト、フェリペ・メンデス。カート・ローゼンウィンケルのカイピ・バンドにも所属するフレデリコ・エリオドロなど同じミナスのジャズ系ミュージシャンを引き連れてのレコーディングした2016年のデビュー作。フェリペのギターを中心としたミナス産コンテンポラリー・ジャズの知られざる傑作。








LUIZ GABRIEL LOPES

MANA

そのセンスはまさにマヌ・チャオ+トン・ゼー! ジャイルス・ピーターソンも絶賛するミナスのミクスチャー・バンド、グラヴェオーラの中心人物にして、いまやミナス出身の最注目SSWとして数々のアーティストのプロデュースや客演も頻繁におこなうルイス・ガブリエル・ロペス。活動拠点をサンパウロに移してからは初となる2017年の新作が登場。ブラジルの多彩なリズムとレゲエやロック、そしてトン・ゼーやジャルズ・マカレーといったトロピカリアを代表する面々にも通ずるサイケ・フォーク的な趣までが、新世代ミナスらしい洗練されたアンサンブルのなかで同居。とりわけインタールード的なインストゥルメンタルを挟んでからの中盤以降の展開は見事の一言だ。ゲストではセウマールやフラヴィオ・トリスといった面々が参加。








TOCA DE TATU

AFINIDADE

アントニオ・ロウレイロやハファエル・マルチニ、ジョアナ・ケイロスといった個性的かつ優れた器楽奏者を多く輩出するミナスからまたもや注目グループ。パーカッション、カヴァキーニョ、7弦ギター、ピアノという編成による器楽音楽カルテット、トカ・ヂ・タトゥのデビュー作。ショーロをベースにしつつもそこにとどまらない多彩な音楽性、そしてロウレイロらミナス新世代派に通ずるモダンな響きを聴かせる素晴らしいグループである。ゲストには「ブラジルのウェイン・ショーター」ことニヴァルド・オルネラス、そしてミルトン・ナシメント以降を代表するミナス随一のシンガー、セルジオ・サントスも参加。








RODRIGO TAVARES

CONGO

ミナスのギタリスト、ホドリゴ・タヴァレスのデビュー作。ミニマル・ミュージックにも影響を受けたという音響的なエフェクトを駆使した独特の陰影のあるエレクトリック・ジャズ・インストの傑作。フェリペ・コンチネンチーノ(dr)、マルクス・アブジャウド(p)、フレッド・セルヴァ(vib)など、モダンなセンスを持つ気鋭のジャズ・ミュージシャンがサポート。








FLAVIO TRIS

SOL VELHO LUA NOVA

トゥーリッパ・ルイス、セルソ・シンなどサンパウロの気鋭のアーティスト達とも交流のあるミナス出身のSSW、フラヴィオ・トリス。2013年1stリリースのヒット以来4年ぶりの新作。プロデュースには同じくミナス出身でブラジルを代表するアーティストとして活躍するセーザル・ラセルダ、そしてグラヴェオーラのルイス・ガブリエル・ロペスが担当。ミナス的なソングライティングの魅力をたたえながらも、そこにとどまらないユニバーサルな魅力をもつアルバムへと仕上がっている。








LEANDRO CESAR

MARIMBAIA

ミナスの創作楽器集団「ウアクチ」の正統なる後継者!レアンドロ・セーザルの初となる単独名義作品が登場。レアンドロ・セーザル。ウアクチの創始者マルコ・アントニオ・ギマラエス門下生としてガラスのマリンバなどの独自の楽器を創作し現代音楽的な活動をすると同時に、フォークロアにも深い造詣を持ち、ミナス版コンテンポラリー・フォルクローレといった趣のイルミアラといったグループを主宰。またウルクン・ナ・カーラ時代からミナスの若手作曲家達の中心であるイレーニ・ベルタシーニの音楽的パートナーとしても活躍。先日リリースされたばかりで既に高い評価を獲得している二人の共同作品『REVOADA』も記憶に新しい。








GARIMPO

GARIMPO

番外編とも言える2009年の知られざる名作をご紹介。ミナス出身のピアニスト/ヴォーカル、アンドレア・ドス・ギマラエスが、ヘナート・ブラスやマリオ・ジルらとの作品『MAR ABERTO』でも鮮烈な印象を残したピアニスト、ブレーノ・フイーズほかフェリペ・ブリゾーラ(ベース)、エヴェルトン・バルバ(ドラム)とレコーディングした2009年作が再入荷。至極美しい"Coisas do Circo"ほか、仄かな憂いを帯びたアンドレアのヴォーカルがなんといっても素晴らしい。いまこそ推薦したい珠玉のトラックが詰まった逸品。当店初入荷!

10/7(土)は新宿地区合同廃盤セール!WORLD GROOVE VINYL SALE!!

10/7(土)は新宿地区合同廃盤セール!

ラテン・ブラジル館では…

WORLD GROOVE VINYL SALE開催します!

世界中から集めた禁断のワールド・グルーヴ系レコード!



※整理券の配布は当日10:00より10分間ディスクユニオン新宿前にて配布いたします。
※全国通販は当日14:00より順次受け付け開始いたします。
 
▼リストはこちらから!

【LATIN】ARTURO O'FARRILL & CHUCHO VALDESによるBEBO VALDESとCHICO O'FARRILLのファミリー・トリビュート・アルバム!



ARTURO O'FARRILL & CHUCHO VALDES アルトゥーロ・オファリル&チューチョ・ヴァルデス

FAMILIA:TRIBUTE TO BEBO&CHICO

CD(4) 2,268円(税込)

ARTURO O'FARRILL & CHUCHO VALDESによるBEBO VALDESとCHICO O'FARRILLのファミリー・トリビュート・アルバムが登場!
アフロ・キューバン・ジャズの正統継承者 "ARTURO O'FARRILL" と、御年75歳を迎えるキューバンジャズの生ける伝説 "CHUCHO VALDES" がタッグを組み、自身達の父が残した黄金の楽曲群をトリビュート。全楽曲ともオリジナルの良さを最大限に生かし、これこそがキューバン・ビッグバンドの神髄とも言わんべき大迫力なサウンドは、父の残したオリジナルにも引けを取らない。
やはりARTUROと言えば  "THE AFRO LATIN JAZZ ORCHESTRA" がDisc 1、そしてCHICO O'FARRILLの孫、ARTUROの息子であるADAM (piano) とZACK (drum) のO'FARRILLブラザーズを中心に結成された、"THE THIRD GENERATIONS ENSAMBLE" がDisc 2にそれぞれクレジット。そしてインドが誇る至宝シタールの伝説的奏者RAVI SHANKARの娘ANOUSHKA SHANKARがゲスト参加には驚いた。彼女も5年前に父を亡くし、同じく偉大なる父を持つARTUROやCHUCHOの思いに触発されたかのようなゲスト参加だ。家族愛、父への敬意が詰まった2017年下半期最重要ラテン・ジャズアルバム!ラテン鈴木

【LATIN JAZZ】2017年ラテンジャズ最重要作品その2!!



HILARIO DURAN イラリオ・ドゥラン


CONTUMBAO

CD(4) 2,484円(税込)

2017年ラテンジャズ最重要作品その2!!

キューバンジャズ・ピアニスト最高峰、イラリオ・ドゥラン2017新作が登場!!ホルヘ・レジェス、オラシオ・エルナンデス、パンチョ・アマート、チャンギート、そしてブレイク寸前のブレンダ・ナヴァレッテ、さらには来月ゴンサロ・ルバルカバと来日公演も決まっているチューチョ・ヴァルデス、ロドルフォ・チャコンがハバナのルンバの名手を集めて結成したルンベロス・デ・クーバまでも参加とは!!!!!レコーディングはハバナの『エグレム・スタジオ』。コレ、キューバ好きは確実にマストバイでしょう!

Músicos
PIANO : Hilario Durán
PIANO : Chucho Valdés
GUITARRA : Jorge Luis Valdés “Chicoy”
BAJO : Jorge Reyes
BAJO : Roberto Riveron
BATERIA : Horacio “El Negro” Hernandez
CONGAS : Jorge Luís Torres “Papiosco”
TRES : Pancho Amat
TIMBALES : Jorge Luis Quintana “Changuito
BATA y VOCAL : Brenda Navarrete
PERCUSSION y VOCAL : Rumberos De Cuba

『Hilario Durán with Chucho Valdés』


チューチョ・ヴァルデス来日情報はコチラ
http://diskunion.net/latin/ct/news/article/0/69050

【REGGAE】9/23(土)レゲエ廃盤中古CDセール!

9/23(土)レゲエ廃盤中古CDセール!

年々需要高まるレゲエ廃盤CD!

今回少量ですがまとめて廃盤入手困難盤が入荷しました!

レゲエの中古CD、今はもしかしたらオリジナル盤より
入手困難かもしれません!是非この機会をお見逃しなく!


 



※整理券は当日10:00よりディスクユニオン新宿前にて配布いたします。
※全国通販は当日14:00より順次受付開始いたします。


本年度ラテン・ベスト・アルバム暫定一位!ダグ・ビーバーズの最新アルバムが遂に到着!

NYラテンシーンきっての名トロンボーン奏者で伊達男


ダグ・ビーバーズの最新アルバムが遂に到着!


本年度ラテン・ベスト・アルバム 暫定一位!





DOUG BEAVERS


ART OF THE ARRANGEMENT


CD / 2,592円(税込)


エクトール・アポンテ率いる「ハーレム・リヴェルサイド楽団」の中心人物であり、NYラテン・シーンきっての実力派トロンボーン奏者として活躍するダグ・ビーバーズが、スパニッシュ・ハーレム・オーケストラの新作をリリースしたARTIST SHAREから3RDアルバムをリリース!タイトル『ART OF THE ARRANGEMENT』とあるとおり、近年注目の集まる編曲にフォーカス。アレンジャーとしてオスカル・エルナンデスをはじめ同レーベルからのリリースも記憶に新しいゴンサロ・グラウ、モンゴ・サンタマリア、ティト・プエンテ、ウィリー・コロンとも仕事をしてきたあのマーティー・シェラーなどが参加。冒頭からいきなりギル・エヴァンスへのオマージュから入るなど、ラテン・ビッグバンドの新たな可能性を探る意欲作となっている。また7曲目にはカルロス・キンテーロを叔父にもつヴェネズエラ出身の現代最重要パーカッショ二ストの一人ロベルト・キンテーロもクレジット入り!さらにゲストでペドリート・マルティネス、マニー・オケンド&リヴレのフロントも務めたサルサ・カンタンテの最高峰エルマン・オリヴェラが参加していることなど、内容的にも絶対保証!間違いなく2017年最重要ラテンジャズ、サルサ・アルバムです!ラテン汁全開の12曲!


ARTISTS

SAX:Todd Bashore, Ivan Renta, Mitch Frohman, David De Jesus
TRUMPET:Raul Agraz, Hector Colon, Frank David Greene, Pete Nater, John Walsh, Thomas Marriot
TROMBONE:Doug Beavers, Ray David Alejandre, Max Seigel, Beseat Tafesse
FRENCH HORN:Eric C. Davis, Justin Mullens
PIANO & KEYBOARD:Oscar Hernandez, Yeissonn Villamizar, Zaccai Curtis
TUBA:Max Seigel
BAJO:Luques Curtis, Jerry Madera, Maximo Rodriguez
PERCUSSION:Luisito Quintero, Camilo Molina, George Delgado, Johnny“Dandy”Rodriguez, Jose Madera, Roberto Quintero
VOCALS:Herman Olivera, Frankie Vazquez, Jeremy Bosch, Cita Rodriguez, Marco bermudez, Carlos Cascante, Pedrito Martinez
ARRANGRES:Doug Beavers, Oscar Hernandez, Jose Mandera, Marty Sheller, Gonzalo Grau, Angel Fernandez, Ray Santos

本年最大の驚き!1965年、デビュー前のミルトン・ナシメントが残した幻の逸品がCD/LPで世界初復刻!

1965年、デビュー前のミルトン・ナシメントが残した


幻の逸品がCD/LPで世界初復刻!本年最大の驚き!





オムニバス

アエシオ・フラヴィオ・セステート&ビリンバウ・トリオ&キンテート・サンバチーダ...etc


ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ・エン・エクスパンサォン


CD / 2,700円(税込) 10月25日発売予定/予約受付中

LP / 3,500円(税込)  11月8日発売予定/予約受付中


ブラジルを代表するシンガーソングライター、ミルトン・ナシメント。1967年のデビュー以降、ブラジルだけでなく北米のジャズ・シーンでも活躍するなどブラジルを代表する世界的音楽家の一人である。そんなミルトンだが、実はソロ・デビュー前に何枚かの作品に参加していた。そのうちの一枚がミナスのマイナー・レーベルに残された本作『ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ・エン・エクスパンサォン』である。なんといっても冒頭曲「カンサォン・ド・サル」が目玉だろう。ミルトン自身の代表曲でもあるこのトラックから聴こえてくるのは、紛れもなくミルトン本人の声。しかも後に世界を魅了する「あの声」をこの時点で惜しげもなく披露しているのだから驚きである。もちろん、珍しいけれど内容はイマイチ、といった類のレコードではない。当時のミナスを代表する音楽家だったアエシオ・フラヴィオ率いるセステート、ミルトン・ナシメントがウッドベースを弾くビリンバウ・トリオ、そして詳細不明ではあるものの確かな演奏を聴かせるキンテート・サンバチーダ。ミナスを拠点に活動していたバンドがボサノヴァ・スタンダードを取り上げたというその内容も一級品で、ジャズボサ・アルバムとしても高く評価されている。


予約受付中です!

【最終決算!】9/22(金)~9/24(日)最終決算バーゲン!

9/22(金)~9/24(日)最終決算バーゲン



最終決算中古半額&新品アウトレット・セール!  
 


中古品水色カードが1点から半額!新品アウトレット・セールも同時開催!

※特価品・お取り置き品は対象外となります。  

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet