アンナが選ぶ2009年BESTアルバム

   

アンナが選ぶ2009年BESTアルバム

 (日)
●LUMA & SO DO SAMBA / ALMA LUMA
ONDINA / FRA / 2,000円(税込)
http://diskunion.net/latin/ct/detail/BR3921
日本初入荷!アフロブラジリアンの傑作、ルマ&ソー・ド・サンバによる2007年ファースト・アルバム。フランスで活躍する5人組みのユニットです。
★オススメ№1!!★
 ヴォーカルのルマは、サンパウロ出身で15年仏在住のキャリアを持つシンガー。炎のような歌唱と魅力的な力強い声で聴かせ、ヨーロッパを魅了しました。マリヴァウド・パインとパチーニョは、ブラジルの中でも黒人文化が栄えるバイーアを代表するブロコ・アフロ、イレ・アイエのメンバーとして活躍していました。とくにパチーニョはジルベルト・ジル、カエターノ・ヴェローゾ、カルリーニョス・ブラウン、ドリヴァル・カイーミなどブラジルを代表するミュージシャンと共演。その他にもラテン圏のアフロ音楽に造詣深いフランス人が2人在籍する。多様かつ実力者で固められたバンドのメンバーですが、そんな面子を支えるのが、リーダーであるフランス人ヴァンサン・ボエー。長い活動歴を持ち、フランスの国立楽団などの音楽ディレクターを務めるなど、まさに名実共に実力者。偉大なリーダーとして個性溢れるメンバーを非常によく纏め上げています。
 そんな素晴らしいメンバーによるアルバム、というだけでも興味を惹かれるところですが、このアルバムの素晴らしいところは、なんといっても、そのレパートリーにあるでしょう。このグループの基本コンセプトは、何度も話に出てきている、伝統あるブロコ・アフロ、イレ・アイエに対する敬意です。
 M1のDanca Voceはサンバとレゲトンを併せたサンバ・レゲエ(ポルトガル語ではサンバヘギ)。ノリの良いダンス・トラックです。M2とM7は「これぞイレ・アイエ」といった名曲。M3のMagalenhaは、カルリーニョス・ブラウン作でセルジオ・メンデスもカバーしている名曲。M4のE d'Oxumは2007年「オーパイオー」というバイーアをテーマにしたブラジル映画のサントラの一曲です。M8の気持ち良いのホダ・ヂ・サンバとM9のアフロ・ブラジリアン・パーカッション・インストはオリジナル曲。そして最後のM10のOlhos Coloridosは、ブラジル・ソウルの定番名曲で、イレ・アイエーの哲学に従って、黒人の美しさと力を感嘆し、アフロ文化を褒め称える名曲です。
 なかなか日本では入手することの難しいアフロ・ブラジリアンのアルバム。しかもここまで内容がイイものは、はっきり言ってほとんどありません。ブラジルそしてバイーア音楽、アフロ・ブラジリアン・パーカッションが好きな人には、もちろん、アフロ・ブラジルを聴いてみたい人にまずオススメできるアルバムとして、是非是非オススメです!!

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet