5/7(月)新宿合同「新品輸入品お買い得DAY」開催!!

   

5/7(月)新宿合同「新品輸入品お買い得DAY」開催!!

★4/16(月)新宿合同「新品輸入品お買い得DAY」開催致します!!



●開催日時●
5/7(月) 1日限定!!


●セール内容●
新品輸入品 2点お買い上げ毎に ⇒ 500円OFF!!
※2点、4点、6点 と 2点毎の値引きとなります

●当フロアお薦め盤●


 


●2018年3月度販売ランキング●

JOAO DONATO ジョアン・ドナート

A MAD DONATO

【驚愕!ジョアン・ドナートの未発表音源4CD-BOX】

CD(4) 6,912円(税込)

本年最大の衝撃! 日本で最も人気のあるブラジリアン・レアグルーヴ・レジェンド、ジョアン・ドナートの未発表

音源集が、なんと4枚組CD-BOXでリリース!

ジョアン・ジルベルトやアントニオ・カルロス・ジョビンに並ぶボサノヴァ/ジャズボサの名ピアニスト/作曲家であり、1970年代以降はプロデューサー/アレンジャーとして数々の傑作を送り出してきたブラジル音楽の巨匠ジョアン・ドナート。アメリカ西海岸で活動していたこともありカル・ジェイダー、ティト・プエンテ、エディ・パルミエリ、モンゴ・サンタマリア、スタンリー・クラーク、ハービー・マン、ジャック・マクダフらとも共演するなど、セルジオ・メンデスやエウミール・デオダードとともにブラジル音楽の魅力を世界に広めた第一人者である。1973年の『ケン・エ・ケン』を筆頭に近年では彼の残したレコードも値段が高騰。レアグルーヴ方面からの世界的再評価に歩を合わせるかのように、2017年には実の息子ドナチーニョとぶりぶりのシンセ・ディスコ・ブギー作品『シンテチザモー』をリリース。御年83歳にしていまだ最先端をいく現役ばりばりのレジェンドっぷりをアピールした。

国内外で評価の高まるジョアン・ドナートだが、そんな彼の未発表音源が発掘されたとなればブラジル音楽ファンにとっては驚きだろう。しかもそれが4枚組CDというのだから、これは全音楽ファンに衝撃である。気になるその内容は70年代のレア音源集『Raridades Anos70』、そして『Gozando a Existência (1978)』、『Naquela Base (1988)』、『Janela da Urca (1989)』 という未発表音源アルバム3枚の計4枚。とりわけ気になるのが1978年の『Gozando a Existência』だろう。自身名義作以外にもODEONやPHILIPSといったレーベルで積極的なアレンジ・ワークをしていた時期であり、本BOXのタイトルにもある「MAD」な部分が一際輝いていた時期でもある70年代後半に未発表音源が存在していたことは、音楽史に刻まれるべき事件と言ってイイだろう。本リイシューを手掛けたのはDISCOBERTAS。イヴァン・リンスの未発表音源など、これまでにも貴重な音源を多く発掘してきたレーベルだが、今後のリイシュー・ワークにもますます期待である。

更に詳細判明!『Raridades Anos70』は、#1~3が1973年、#4,5が1976年、#6~8が1978年に録音された未発表音源を集めたもの。『Gozando a Existência (1978)』は1977年10月から翌年1978年の7月にレコーディングされたものでヴィニシウス・ヂ・モラエスの娘であるスザーナ・モラエスの起案による録音だったのだとか。『Naquela Base (1988)』はドナートのファンであったという日本人(!)のYoichi Ogawa氏の発案で、ルイス・アルヴェス、ホベルチーニョ・シルヴァ、チタ&エヂソン・ロボらを迎えてレコーディングされた作品。そして『Janela da Urca (1989)』は在ブラジルのアメリカ人音楽家Ritchieのサポートを受け、ドナートがシンセサイザーの可能性を探求し録音した宅録的な作品で2017年に息子のドナチーニョとリリースした『シンテチザモー』のプロトタイプにもなった作品とのこと。4枚のCDそれぞれにDISCOBERTAS主宰のマルセロ・フローエスによるドナートへのインタビュー(葡語のみ)が記載されており、当時の状況などがうかがい知れる点も実に貴重!

(左から)
CD1: 『Raridades Anos70』
CD2: 『Gozando a Existência (1978)』
CD3: 『Naquela Base (1988)』
CD4: 『Janela da Urca (1989)』



ORQUESTA AKOKAN オルケスタ・アコカン

ORQUESTA AKOKAN

【輸入盤CD】

CD(4) 2,052円(税込)


サルサ2018を揺るがすウワサのキューバン・ビッグバンド ORQUESTA AKOKAN 。待望の1st フルアルバムがついに入荷!


先日入荷した1st 7inchも瞬く間にソールドアウト。キューバ人ボーカリスト José “Pepito” Gómez 率いる、キューバの若手から大御所ミュージシャンを中心に結成された今最もホットな大所帯ラテン・ビッグ・バンド、その名も『ORQUESTA AKOKAN』。この度1st フル・アルバムが、めでたく入荷!!古典的なクラシック・マンボのスタイルを踏襲しつつも、前衛的な勢いは昨今のキューバ系アーティストの中でも確実にピカイチ!!なんとレーベルはANTIBALASのリリースでも有名、USの名門 DAPTONE から。。。最高のラテン2018を保証します、全グルーブ系DJ必聴のタイトル!ラテン鈴木




XENIA FRANCA シェニア・フランサ

XENIA / シェニア

CD(4) 2,484円(税込)

トラップやコンテンポラリー・ジャズを取り入れた最新のアフロ・ブラジリアン・サウンドと抜群の歌唱力で、ブラジルにおける社会問題に強烈なメッセージを発する新世代の歌姫 シェニア・フランサ、圧巻のデビュー作。プロデュースはブラジリアン・ジャズのキーパーソン、ロウレンソ・ヘベッチス。


― シェニアの強烈で素直なメッセージが詰まった本作は、インタビューの中で彼女が語るように、このアルバムを聴いた人が1人でも多く彼女の想いを汲み取り、そういった差別や偏見に苦しむ人々に孤独を感じて欲しくないという、彼女らしい純粋な想いが詰まった作品となった。またカンドンブレのコンセプトを基に、キューバからアフリカ、ブラジルに至るまでのリズムをネオ・ソウルやトラップといったビートでまとめあげながらも、それだけにとどまらず、コンテンポラリー・ジャズの要素を含んだピアノや管楽器のアレンジも聴ける本作は、過去への敬意を残しながらも「現代の音」をとことん追求した歴史的アルバムだと思う ―

(ライナーノーツより一部抜粋)


*new
シェニア・フランサへのインタビューを公開しました。http://diskunion.net/latin/ct/news/article/1/72410


「Jディラ以降のビート感覚をまとったアフロ・ブラジリアン・ラージ・アンサンブル」として大きな話題となったロウレンソ・ヘベッチス『オ・コルポ・ヂ・デントロ』、そしてそのロウレンソをプロデュースしたアート・リンゼイも新作『ケアフル・マダム』でアフロ・ブラジル音楽を大々的にフィーチャア。カエターノ・ヴェローゾの名作『リーヴロ(1997)』からの影響を公言する若いミュージシャンが続々現れるなど、ここ数年、ブラジルではアフロ・ブラジル音楽の新しいカタチが大きなトレンドとなりつつある。そんななかロウレンソ・ヘベッチスをしのぐ才能になりそうなのが、このシェニア・フランサである。アフリカ系ブラジル人が最も多いバイーアで生まれブラジル最大の都市サンパウロで育ったシェニアは、2007年からプロとしての音楽キャリアを開始。アラフィアというミクスチャー・バンドの一員として活躍するなどサンパウロのインディー・シーンでは名の知れた存在だ。そんな彼女のソロ・デビュー作が本作『シェニア』である。プロデュースは同じアラフィアで活躍するピポ・ペゴラーロ、そしてロウレンソ・ヘベッチスが担当。シンセ・ベースが鳴り響くアフロ・フューチャリズム×トラップ的なサウンドや、よれたリズムを取り入れたネオ・ソウルなど、世界的な音楽トレンドとの同時代性も強く感じさせながら、アフロ・ブラジルの伝統が強烈に渦巻く稀有なサウンドを展開。なによりも聴くものを虜にする歌の力は圧巻の一言で、現地ブラジルでも飛躍的に注目度を高めている。録音もレッドブル・スタジオなどサンパウロの一流スタジオ、ミックス&マスタリングもNYで行うなど、音の鳴りも極めて現代的。音楽大国ブラジルの新たなフェーズ、間違いなくその中心となるだろう次代の歌姫シェニア・フランサのデビュー作を是非聴き逃さないでほしい。

■ プロデュース : ロウレンソ・ヘベッチス、ピポ・ペゴラーロ
■ 歌詞対訳・解説 : 村上達郎

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet