【BRASIL / REISSUE / INST】ブラジリアン・アヴァンギャルドの勢いが止まらない!ジョシー・ヂ・オリヴェイラによる1981年アルバム復刻!

   

【BRASIL / REISSUE / INST】ブラジリアン・アヴァンギャルドの勢いが止まらない!ジョシー・ヂ・オリヴェイラによる1981年アルバム復刻!



これはもう狂気の世界!!


限定カラー・ヴァイナルのため、


ブラジル盤ファン/アヴァン・ファン必携!!






JOCY DE OLIVEIRA ジョシー・ヂ・オリヴェイラ

ESTRIAS FOR VOICE, ACOUSTIC AND ELECTRONIC INSTRUMENTS

LP(レコード)(10) 3,456円(税込)

1936年、ブラジルはクリチーバ生まれの作曲家、ピアニスト、ジョシー・ヂ・オリヴェイラが

1981年にリリースした現代音楽アルバムがイタリアのレーベル「Blume」から単体リイシュー。


幼い頃からコンサート・ピアニストとして活躍し、ストラヴィンスキーやジョン・ケージとも共演するなど、早くから才能を発揮していた才女だったジェシー。サンパウロではロシアうまれの音楽家Joseph Kliassに、パリではMarguerite Longに、そしてセント・ルイスではRobert Wykesに学ぶなど、現代音楽の世界で目覚しい活躍をみせる。指揮者であるEleazar de Carvalhoとの結婚生活を終えると、セント・ルイス、そしてリオ・デ・ジャネイロの2箇所をおもに活動拠点とし、自身の演奏活動だけでなく4冊の著作を残し、Brazilian Academy of Musicの一員として、アカデミックな世界でも多くの実績を残していった。1950年代後半以降、ボサノヴァが勃興しブラジルのポピュラー音楽が大きく変化を遂げていった流れがブラジル・ポピュラー音楽の歴史だとすれば、彼女の活動はそれと平行して行われていたブラジル・クラシック音楽の歴史ということも出来るだろう。近年ブラジルでもその功績を再評価する流れがあり、公共サービス系レーベルSESCから彼女の作品がリリースされている。

さて本作「声、そしてアコースティック&エレクトリック楽器のための物語」と題された本作は、1981年、ジョシーが同郷ブラジル、そして北米の音楽家たちと制作した作品である。倍音成分多めの連続した歌声が徐々に変化しながらパーカッションとアンサンブルを構築していくA1、そして霊性すら漂うジョシーのピアノ独奏A2はもともとテープで録音されたもの。4台のピアノ (ピアノ、オルガン、アンプリファイド・ハープシコード、アンプリファイド・ピアノ)によるA3、声明やラーガといった東洋のヴォイス・ハーモニーに影響を受けたという声の連なりとヴァイオリン、ベース、パーカッションが絡み合いうごめくB1。

キース・フラートン・ホイットマンが "lost Tropicalia / Psych / free-Vocal / Ring-Modulator freakout / jam hybrid that you’ve only dreamt about!" と評したという、ブラジリアン・アヴァンギャルドの最高峰。レッドカラーのヴァイナルは限定とのことですのでお見逃し無く!!!!!


ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet