【BRASIL / REISSUE】待望のLP盤入荷!ミルトン・ナシメント超貴重音源/世界初CD化/紙ジャケット

   

【BRASIL / REISSUE】待望のLP盤入荷!ミルトン・ナシメント超貴重音源/世界初CD化/紙ジャケット



V.A. (MUSICA POPULAR BRASILEIRA EM) オムニバス(アエシオ・フラヴィオ・セステート&ビリンバウ・トリオ&キンテート・サンバチーダ)


ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ・エン・エクスパンサォン

【ミルトン・ナシメント超貴重音源/世界初CD化/紙ジャケット】

CD(4) 2,700円(税込)

LP(レコード)(10) 3,500円(税込)

本年最大の驚き!! 1965年、あのミルトン・ナシメントがソロ・デビュー前に吹き込んだ、知る人ぞ知る逸品が世界初復刻!

ブラジルを代表するシンガーソングライター、ミルトン・ナシメント。1967年のデビュー以降、ブラジルだけでなく北米のジャズ・シーンでも活躍するなどブラジルを代表する世界的音楽家の一人である。そんなミルトンだが、実はソロ・デビュー前に何枚かの作品に参加していた。そのうちの一枚がミナスのマイナー・レーベルに残された本作『ムジカ・ポプラール・ブラジレイラ・エン・エクスパンサォン』である。なんといっても冒頭曲「カンサォン・ド・サル」が目玉だろう。ミルトン自身の代表曲でもあるこのトラックから聴こえてくるのは、紛れもなくミルトン本人の声。しかも後に世界を魅了する「あの声」をこの時点で惜しげもなく披露しているのだから驚きである。もちろん、珍しいけれど内容はイマイチ、といった類のレコードではない。当時のミナスを代表する音楽家だったアエシオ・フラヴィオ率いるセステート、ミルトン・ナシメントがウッドベースを弾くビリンバウ・トリオ、そして詳細不明ではあるものの確かな演奏を聴かせるキンテート・サンバチーダ。ミナスを拠点に活動していたバンドがボサノヴァ・スタンダードを取り上げたというその内容も一級品で、ジャズボサ・アルバムとしても高く評価されている。


ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet