ハファエル・マルチニの新作は自身のセクステットにオーケストラを迎えたラージ・アンサンブル作品!

   

ハファエル・マルチニの新作は自身のセクステットにオーケストラを迎えたラージ・アンサンブル作品!


ミナス新世代の更に先へ...

ハファエル・マルチニの新作は自身のセクステットにオーケストラを迎えたラージ・アンサンブル作品!



ハファエル・マルチニ・セクステット+ヴェネズエラ・シンフォニック・オーケストラ
「スイチ・オニリカ」


CD / 2,700円(税込)


現代ブラジルで最も傑出した才能の一人とされるハファエル・マルチニが、オーケストラとともにドビュッシー、ジョビン、ピシンギーニャ、ストラヴィンスキー、ギル・エヴァンス、リゲティの間に照応関係を見出す、マニエリスム的「一致する不一致(ディスコルディア・コンコルス)」。ジョアナ・ケイロス、アレシャンドリ・アンドレスが参加。「夢幻組曲/夢の組曲」の意味の本作 «suíte onírica»は、全 5 曲から成る交響楽団、ジャズ・セクステット、オーケストラ、クワイアの為の組曲です。日本盤のカバーアートはマニエリスムを代表する画家の一人、Giuseppe Arcimboldo の「四大元素〈水〉」を使用。


Rafael Martini(ハファエル・マルチニ)
作・編曲家/ピアニスト。現代ブラジルの音楽シーンにおいて最も傑出した作・編曲家として、世界的な評価を獲得。2013年にリリースをした、ソロアルバム«Motivo»は最優秀器楽アルバムとして権威あるマルコ・アントニオ・アラウージョ賞を受賞。また、多くの作品に音楽監督/ピアニストとして参加し、Mônica Salmaso, Sérgio Santos, Antonio Loureiro, Joana Queiroz,Nelson Ayresなど、名だたるアーティストと共演している。現在は、ブラジルのみならずニューヨーク、ウルグアイ、アルゼンチン、スペインなどでフェスティバルやライブに出演。2016年に〈SPIRAL RECORDS〉から発表された«GESTO»に続き、ベネズエラ交響楽団と制作した«suíte onírica»の日本盤が8月に同レーベルよりリリース。


■ Artists
Rafael Martini(piano, vocal)/Alexandre Andrés(flute)/Joana Queiroz(clarinet)/Jonas Vitor (saxophone)/Trigo Santana(bass)/Felipe Continentino(drum)


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ACZCY9drHbU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet