【MPB】ミナス発のシンガーソングライター・デュオ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートによる久々の新録作

   

【MPB】ミナス発のシンガーソングライター・デュオ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートによる久々の新録作

RENATO MOTHA E PATRICIA LOBATO / ヘナート・モタ & パトリシア・ロバート / DOIS EM PESSOA VOL. II

RENATO MOTHA E PATRICIA LOBATO ヘナート・モタ & パトリシア・ロバート

DOIS EM PESSOA VOL. II

CD(4) 2,592円(税込)

クワイエット・ムーヴメントを代表するミナス発のシンガーソングライター・デュオ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートによる久々の新録作。2004年のヒット作『ドイス・エン・ペソア』の続編となる2枚組。




三度に渡る来日ツアー、フェスティヴァルでのカルロス・アギーレ、キケ・シネシ、青葉市子との共演セッションや、藤本一馬『Dialogues』への参加など、日本の音楽シーンでも話題となったミナス発のデュオ。久々の新録作は、当デュオ最大のヒット作にして、ポルトガル語圏を代表する詩人フェルナンド・ペソアの作品にオリジナル楽曲を乗せて歌い演奏したアルバム『ドイス・エン・ペソア』(DDCZ-1099/1100)の続編となる内容。

ジョアン・ジルベルトに連なるサンバ/ボサノヴァ路線の最高地点を記録する<サンバス>、ミナス音楽の浮遊感、ブラジル歌曲の深淵を高い文学性とともにかたちにした<カンソィス>からなる二枚組・全26曲という構成は、2004年作のコンセプトをそのまま踏襲したもので、まさに二人の真骨頂にして原点回帰といえる。楽曲のひとつひとつが輝かしいメロディと豊かなハーモニー、親密で儚い声に溢れた、捨て曲なしの大充実作。
マリア・ヒタを長年支えるピアニストで、これまでも共演を重ねてきたチアゴ・コスタも参加。

Renato Motha – arranjos, violões, ambiências e montagens com sons da natureza, cordas, baixo e bateria digitalizados, além de emulações na voz e no corpo para instrumentos de sopro e percussão
Patricia Lobato – voz, ganzá, triângulo e tamborim
Tiago Costa – piano
Bruno Conde - violão em "Vento que passa"
Produzido por Renato Motha

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet