【BRASIL / JAZZ】在サンパウロのキューバ人ピアニスト、ヤニエル・マトス率いるピアノ・トリオ、マニ・パドメ・トリオのNEW RELEASE。

   

【BRASIL / JAZZ】在サンパウロのキューバ人ピアニスト、ヤニエル・マトス率いるピアノ・トリオ、マニ・パドメ・トリオのNEW RELEASE。


MANI PADME TRIO マニ・パドメ・トリオ

VOO

【YANIEL MATOS率いるピアノ・トリオ】

CD(4) 2,160円(税込)

ブラジル×キューバ×ジャズの注目作品。在サンパウロのキューバ人ピアニスト、ヤニエル・マトス率いるピアノ・トリオ、マニ・パドメ・トリオのNEW RELEASE。

キューバ出身ながらブラジルをベースに活躍。自身のソロ『ラ・ミランダ』でその才能を一挙に開花させる一方、ベッチ・アミン諸作のプロデュース・ワークなどでその類まれなる才能を発揮させてきたキーマン、ヤニエル・マトス(ピアノ)。ダニ・グルジェル・カルテットの一員で、ブルーノ・ミゴットとならび今最も忙しいブラジリアン・ジャズのベーシストと言えるシヂエル・ヴィエイラ。ブラジル最高のジャズ/インスト・グループであるパウ・ブラジルでも圧巻のプレイを披露するヒカルド・モスカ(ドラム)の3人により構成されるマニ・パドメ・トリオ。実はキャリアが長く、2004年と2007年に1枚ずつCDをリリース。寺島靖国氏のコンピレーションにも収録されるなど、ピアノ・トリオ・ファンからも高い評価を獲得してきました。本作はそれ以来、約10年ぶりにリリースされる新作です。ヨーロッパ・ジャズを思わせる、端正なピアノでしめやかに綴る"Gotas De Rocio"、空間的なサウンド・メイキングも印象的な"El Vuelo"、三者のエネルギーが迸るような"Cimarron"まで、個性と才気溢れる三者の魅力を存分に発揮した濃密な全9曲。注目の集まる中南米×ジャズにおける、最重要作品の一つと言えるでしょう。

ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet