【BRASIL / MPB】ダフト・パンク~マーク・ロンソンへのブラジルからの解答がこれ!

   

【BRASIL / MPB】ダフト・パンク~マーク・ロンソンへのブラジルからの解答がこれ!

  • DIOGO STRAUSZ / ヂオゴ・シュトラウス / スペクトラム・ヴォリューム・ワン
  • DIOGO STRAUSZ ヂオゴ・シュトラウス

    スペクトラム・ヴォリューム・ワン

    CD(4) 2,268円(税込)

    ダフト・パンク~マーク・ロンソンへのブラジルからの解答。現代リオ・シーン最注目プロデューサー、ヂオゴ・シュトラウスによる初ソロ作。ポスト・ディスコ~フォーキーなサンバまで、バンド・サウンドが躍動する超名作。

    フォーキーなシンガー・ソングライター作品からエレクトロR&Bまで、新しい世代のブラジル音楽シーンにおけるヒット作や話題作を軒並み手がけ、現地メディアから最大級の注目度で取り上げられているプロデューサー、ヂオゴ・シュトラウスによる満を持してのソロ名義作。カシン、モレーノ・ヴェローゾ等の次世代を担うプロデューサーとして、さらに多数の楽器演奏やトラック制作をこなすコンポーザー/トラック・メイカーとして現行リオ・シーンの最前線にすでに位置しており、この先10年のシーンをリードしていくことが確実視されている存在である。

    2年の制作期間を経て遂に陽の目を見たこのデビュー作でまず耳を引くのは、ポスト・ディスコ~ファンク・チューンのバンド・サウンドによる再構築。ストリングス使いが最高のポスト・ディスコ曲「Narcissus」2、ポルトガル語の女性コーラスとエレキギターのリフ、ベースが絡みつくブギー・ファンク「Não Deixe De Alimentar」3、注目の新進R&BシンガーApolloをフィーチャーしたエレクトロ・チューン「FCK」5。いずれも個性豊かなシンガーをフィーチャーし、ディスコ/ブギー・サウンドをフレッシュかつグルーヴィーに更新したサウンドは、ダフト・パンク~マーク・ロンソンあたりのファンなら聞き逃すわけにはいかないだろう。一方、ブラジルMPB界のベテラン・シンガーをフィーチャーした楽曲では、サウダーヂ感溢れるメロディメイカーぶりを遺憾なく発揮する。9「Assombração」では、70年代から活躍するベテラン・シンガー/フルート奏者、ダニロ・カイミをフィーチャーしたフォーキーなサンバを聴かせる。続く10「Se Renda」は、ジョーヴェン・グアルダ時代のシンガーで、実父でもあるレノをフィーチャーした、黄昏時が似合う胸キュン曲。プロローグとエピローグをサーフ・ロック風に飾る111、カシンがボーカルで参加したファニーなチップ・チューン風ドラムンベース曲「Me Ama」6など次の展開が読めない多彩なサウンドで、桁違いの才能を露わにする。ワールドクラスのクオリティと独創性を持つ金字塔の誕生だ。



ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet