【AFRICA】アフロ・グルーヴの帝王、マヌ・ディバンゴの傑作紙ジャケット仕様でCD化!

   

【AFRICA】アフロ・グルーヴの帝王、マヌ・ディバンゴの傑作紙ジャケット仕様でCD化!

  • MANU DIBANGO / マヌ・ディバンゴ / MANU76 / マヌ76
  • MANU DIBANGO マヌ・ディバンゴ

    MANU76 / マヌ76

    【300枚限定プレス】

    CD(4) 2,700円(税込)

    ■アフロ・グルーヴの帝王、マヌ・ディバンゴの傑作紙ジャケット仕様でCD化!多くのアフリカ音楽ファンから極めて高い評価を受ける『マヌ76』が登場! 300枚の完全限定プレス■

    マヌ・ディバンゴの最高傑作である76年リリースの『マヌ76』が同年の『アフロヴィジョン』に続いて、紙ジャケット仕様となって甦る。完全限定プレスのデジタル・リマスター盤。カメルーン出身のサックス奏者であり、フェラ・クティと並ぶアフロ・ミュージックの巨星である、マヌ・ディバンゴ。彼は70年代の前半に、フランスのFiesta(フィエスタ)・レーベルからリリースした「ソウル・マコッサ」の大ヒットによって世界的にその名を轟かせた。そして70年代中盤にはマヌは、『アフロヴィジョン』をはじめ、力のこもった傑作をやはりFiestaから立て続けにリリースした。この『マヌ76』もそんな中の一枚。『アフロヴィジョン』と比較すると、よりアフリカ色の強い楽曲が並んでおり、特にアフリカ音楽ファンの間では非常に評価の高い1枚。当時はキング・レコードから日本盤LPが発売され、『万象律動』という凄い邦題タイトルが付けられており、ライナーは中村とうよう氏が執筆された。キュートな子供の声がフィーチャーされた1曲目の「Qui Est Fou De Qui?」、4曲目の「Mouvment Forward」、ジャズ・グルーヴ的な6曲目の「Angola」などがハイライト。実に正統派のアフロ・ポップな雰囲気漂う2曲目「Bokilo's Boogie」も、ゆったりしたリズムとフレーズの反復で身体ともにジワジワと熱くしていく。これこそがアフリカ音楽の真骨頂と言える!!
    (インフォメーションより)


ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet