【SALSA】フランス当地のミュージシャンが往年のNYサルサをカバーする注目サルサ・プロジェクト:グルーポ・サルサフォン!!

   

【SALSA】フランス当地のミュージシャンが往年のNYサルサをカバーする注目サルサ・プロジェクト:グルーポ・サルサフォン!!

  • GRUPO SALSAFON / グルーポ・サルサフォン / A TITE CANTAMOS
  • GRUPO SALSAFON グルーポ・サルサフォン

    A TITE CANTAMOS

    CD(4) 2,160円(税込)

    2004年南仏結成。フランス当地のミュージシャンが往年のNYサルサをカバーする注目サルサ・プロジェクト:グルーポ・サルサフォン!!世界基準のサルサ・ドゥーラを比較してもそのクオリティの高さは抜きに出ている!!SOLAR LATIN CLUB他DJ、サルサ愛好家も挙って絶賛!!

    こちらは2012年レコーディングのセカンド作で、「ANACAONA」の作者としても著名なティテ・クレー・アロンソのトリビュート・アルバム。その「ANACAONA」では、ゲストにはスパニッシュ・ハーレム・オーケストラ(SHO)の首領オスカル・エルナンデスも参加。他にもロベルト・ロエーナの名曲でソネーロス・デル・バリオのバージョンでも知られる「CON LOS POBRES ESTOY」、同じくロエーナの「MAREJADA FELIZ」、SHOのバージョンでも人気のサルサM1、そしてM6といったレイ・バレットのサルサや、ウィリー・コローン&ルベン・ブラデスの名演が有名なM10、トミー・オリヴェンシアの往年のアルバム・タイトルにもなったM11、ラストはフスト・ベタンクールがヒットさせたトラックまで、まさにサルサ・クラシックス・ファンにはたまらないレパートリー!!リトゥモ、コロ、ホーンのアレンジも絶品!!

    ■TITE CURET ALONSO TRIBUTO 
    Feat. Oscar Hernandez 

    Eric Turquay : trompette
    Stéphane Garcia : trompette
    Mathieu Maigre : trombone
    Dan Diruzza : trombone
    David Vincent : piano
    Lionel Guiochon : basse, choeurs
    Hugo Quispe : chant
    Rafael Quintero : chant
    Franck Genard : timbales
    Azzedine Baje : bongos, campana
    Philippe « pipou » Couret : congas, choeurs 

    ▼2011 release TRIBUTE TO THE BARRIO
    GRUPO SALSAFON / グルーポ・サルサフォン / TRIBUTE TO THE BARRIO






ブログ内検索

アルバイト急募!

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet