【ARGENTIN / URUGUAY】エドゥアルド・マテオのアシッドなサイケ感覚が最高潮に達した1976年アルバム、待望のアナログ・リリース!!!

   

【ARGENTIN / URUGUAY】エドゥアルド・マテオのアシッドなサイケ感覚が最高潮に達した1976年アルバム、待望のアナログ・リリース!!!

これは絶対にレコードで欲しい!

マテオのアシッド感が最高潮に達した異型の名作!!!

  • EDUARDO MATEO & JORGE TRASANTE / エドゥアルド・マテオ&ホルヘ・トラサンテ / MATEO Y TRASANTE
  • EDUARDO MATEO & JORGE TRASANTE エドゥアルド・マテオ&ホルヘ・トラサンテ

    MATEO Y TRASANTE

    【VINYL LP】

    LP(レコード)(10) 3,240円(税込)

    「マテオ・ソロ」そして「エル・キント」の国内盤が南米音楽ファンのみならずサイケ・ファン、SSWファンまでをも巻き込み大ヒットを記録したエドゥアルド・マテオ。そんなマテオのアシッドなサイケ感覚が最高潮に達したといえる、幻の作品!!

    マテオやルベーン・ラダの音楽はカンドンベを基調にしているのが何よりの特徴である。奴隷であった黒人が持ち込んだカンドンベは、かつてエリート達からその存在を脅威とみなされ禁止されたこともあったほどに、「黒さ」と「呪術性」を強く感じさせる音楽である。伝統的なカンドンベ・マスターとして、さらに後のジプシー・キングスに参画する名手ホルヘ・トラサンテとの共同名義でリリースされたのが本作、1976年リリースのアルバムだ。

    1st「マテオ・ソロ」に近い内容ながら、更にそのアシッド感はエスカレート。トラサンテのカンドンベ・パーカッションがぐるぐると渦巻くようにグルーヴし、高熱にうなされるような気分になったかと思えば、マテオの侘び寂を備えたモノトーンなメロディに、ドーパミンが放出されたかの如く、長閑な気持ちにさせられるサイケデリックな世界観は、一度聴いたら病み付き。特筆すべきは、その芸術的ともいえる録音の位相であろう。突如、予期せぬ位置から現れるマテオの声、トラサンテのリズム・・・。他の作品には感じられない濃密なアンサンブルが、この作品の全てである。
    ウルグアイ・サイケの名盤として、また、ブラジルやアルゼンチンとはまた違うウルグアイ特有の良質sswの祖として、今年一番の驚きをもって聴きたい待望のアナログ再発!





A1. Dulce Brillo 視聴する 
A2. Canto A Los Soles 視聴する 
A3. Amigo Lindo Del Alma 視聴する 
A4. Y Hoy Te Vi 視聴する 
A5. Palomas 視聴する 
B6. Un Canto Para Mama 視聴する 
B7. El Blues Para El Bien Mío 視聴する 
B8. Canción Para Renacer 視聴する 
B9. Voz De Diamantes 視聴する 
B10. Canción Para El Tamborero 視聴する

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet