【ARGENTIN 】SHAGRADA MEDRAを代表するシンガー・ソング・ライター=コキ・オルティス待望の2014新作。

   

【ARGENTIN 】SHAGRADA MEDRAを代表するシンガー・ソング・ライター=コキ・オルティス待望の2014新作。

SHAGRADA MEDRAを代表するシンガー・ソング・ライター=コキ・オルティス待望の2014新作。

  • COQUI ORTIZ / コキ・オルティス / LA PALABRA ECHA VOLAR EN EL CANTO
  • COQUI ORTIZ コキ・オルティス

    LA PALABRA ECHA VOLAR EN EL CANTO

    DIGIPACK

    CD(4) 2,376円(税込)

    SHAGRADA MEDRAを代表するシンガー・ソング・ライター=コキ・オルティス待望の2014新作。
    カルロス・アギーレ、ホルヘ・ファンデルモーレと並ぶシャグラダ・メドラ随一の美メロ・マスター/ギタリスト:コキ・オルティス。ソロでは実に9年ぶりとなるシャグラダからの3作目は、アレド・ルイス・メロニによる詩作と朗読をイントロダクションに、カルロス・アギーレのピアノ、そして自身のギターとヴォーカルというシンプルなアンサンブルで綴る、叙景的な美しさと豊かな詩情の絶品カンシオン作品。

    フォルクローレの粋を高度に現代化した前2作品で、シャグラダ・メドラ・レーベルのカタログにおいても最重要アーティストとして記憶されるコキ・オルティス。久しぶりの新作は、アルゼンチンを代表する詩人であるアレド・ルイス・メロニ(1912年生まれ、現在102歳!)による詩作と朗読をイントロダクションに、カルロス・アギーレが全編においてアレンジとピアノ演奏を担当、コキの温かみのあるヴォーカル&ギターを引き立てる、実にシンプルな内容となっている。コキにとってアレド・ルイス・メロニは同郷チャコ州出身の偉大なる先人ということもあり、時に慈しむように歌い、ギターを爪弾いていく。その穏やかな姿は、我々日本人にも懐かしさや郷愁の念を思い起こさせるものだ。心地良い穏やかさに包まれながら、チャコにて連綿と育まれるフォルクローレ=民間伝承文化ならではの瑞々しさに触れる。実にシャグラダらしい作品と言えるだろう。

    Aledo Luis Meloni: voz
    Carlos Aguirre: piano
    Coqui Ortiz: guitarra y voz






ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

twitter

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet