【 ARGENTIN】アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ2014年屈指の傑作。

   

【 ARGENTIN】アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ2014年屈指の傑作。

アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ2014年屈指の傑作。
コンポーザー/ピアニスト、Federico Arreseygorによる2ndアルバム。

  • FEDERICO ARRESEYGOR / フェデリコ・アレセイゴル / DETRAS DE LA MEDIANERA














FEDERICO ARRESEYGOR フェデリコ・アレセイゴル

DETRAS DE LA MEDIANERA

CD(4) 2,376円(税込)

アルゼンチン・ブエノスアイレス州の州都ラ・プラタ市出身のピアニスト/コンポーザー、フェデリコ・アレセイゴル。自身のソロ名義の他に、シーン随一の目利きでもあるシルビア・イリオンドの現在を支えているブレインでもあり、伝統と革新が背中合わせに進行するアルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ・シーンにおいて、現在もっともその動向が見逃せない音楽家のひとりである。そんなフェデリコが放つ2ndアルバムは、2010年の前作「ESPIRALES」以来。フォルクローレの多彩なリズムと旋律に、クラシカルな和声感覚、ジャズ的即興が一体となった洗練されたサウンドは、21世紀以降ますます加速を見せるコンテンポラリー・フォルクローレの音楽的成果を凝縮させたかのような充実作だ。

ブラジル音楽や欧米フォーク、曲中でモチーフとしても引用しているエリック・サティなど室内楽やバロック音楽、さらにコンテンポラリー・ジャズとの接点も見いだせるそのハイブリッドな楽曲センスは、フォルクローレ音楽を異次元へと引き上げる圧倒的なクオリティ、閃きとフレッシュさに満ちている。そんなサウンドの新しさと、そこに伴う楽曲の完成度、メロディメイカーとしての魅力は絶大だ。全編で参加しているマリアノ・カンテーロ(アカ・セカ・トリオ)のドラムス演奏、また数曲で聴くことのできるシンティア・コリアの可憐な歌声も好感だ。

Federico Arreseygor - piano, keyboards, guitar and voice
Mariano Cantero - drums, percussion, vibraphone and voice 
Omar Gómez - electric bass and acoustic bass 
Cintia Coria - voice 
Ana Archetti - voice 
Joaquín Pérez - flute 
Ezequiel Ortiz - guitars




ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet