【INST/JAZZ】デリア・フィシェルの2011年アルバム「SAUDACOES EGBERTO」待望のCDプレス盤入荷!!

   

【INST/JAZZ】デリア・フィシェルの2011年アルバム「SAUDACOES EGBERTO」待望のCDプレス盤入荷!!

エグベルト・ジスモンチの系譜を継ぐ天才女流ピアニスト

デリア・フィシェルの2011年アルバム「SAUDACOES EGBERTO」。


待望のCDプレス盤入荷!!



●DELIA FISCHER / SAUDACOES EGBERTO / 2014 PRESS AUDIO-CD
ROB DIGITAL / BRA / CD / RD171 / 1006244619 / 2014年07月18日 / 2,376円(税込)

恩師ジスモンチ本人もゲストで参加した渾身のカバー作で、既にファンの間では、近年リリースのブラジル・インストゥルメンタル作品中でもスバ抜けたクオリティの傑作として語られているが、2011年当時の自主制作盤は残念ながらCD-Rであった。しかし、2014年、レーベルが変更になり、待望のAUDIO-CDプレス盤として登場する!エグベルト・ジスモンチのレーベル"CARMO"からの1ST「ANTONIO」、ジスモンチ、エルメートがゲスト参加し現代音楽的な重厚な響きとMPBを融合させた2ND「PRESENTE」に続く、御大ジスモンチ曲集。なんとジスモンチ本人もゲストで、10弦ギターの素晴らしい音色を聴かせてくれている。

デリアの特徴は繊細さと女性らしい柔らかさが特徴のピアノ、そしてピアノに比べどこか幼さの残るヴォーカリゼーションの共存にある。この絶妙なバランスがJAZZ/CLASSICの高貴さとMPBのキャッチーさを実に絶妙に繋いでいるのだ。前作以上に「POP」面を聴かせてくれるモスカとの"Um outro olhar"、美しすぎるバンドリンとシンプルなパーカッションの序盤からロック・ビートでアグレッシブなピアノ・ソロを披露する"Cor de sol(Loro)"、ヴァイオリンを迎えた室内楽的な"Palhaco"、そして恩師が10弦ギターを弾きまくるサンバ・トラック"Saudacoes"など、いずれも興味深いトラックだ。ジスモンチ曲の素晴らしさを改めて堪能すると同時に、より自由度を増したデリアの音楽家としての多彩な才能、そしてジャンルやセオリーを横断してクリエイトされる自由な息吹までをも感じられる渾身のアルバム。ジスモンチ・ファンのみならず上質のMPB/ブラジル・インストゥルメンタルを愛するファン必携の一枚。





TRACKLIST

1. O sonho
2. Cor de sol (Loro)
3. Palhaco
4. Auto retrato
5. Pr'um samba
6. Baiao malandro
7. Saudacoes
8. Frevo
9. Agua e vinho
10. Passarinho
11. Danca das cabecas
12. Um outro olhar (Pendulo)
13. Maracatu

ブログ内検索

買取のご案内

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet