【MPB】ルイス・ブラジルの日本未流通リーダー作品取扱いスタート!

   

【MPB】ルイス・ブラジルの日本未流通リーダー作品取扱いスタート!

ルイス・ブラジルの日本未流通

リーダー作品取扱いスタート!


ブラジルを代表するギタリスト/プロデューサー/作曲家として

非凡な才能を持つ名手の知られざるインスト名作(2010年リリース)

日本未流通リーダー作品を取扱!




●LUIZ BRASIL / BEIRA
LUIZ BRAZIL / BRA / CD / 2,376円(税込)

2014年4月に、マルコス・ヴァーリ来日公演でのパフォーマンスも記憶に新しい、ブラジルを代表するギタリスト/プロデューサー/作曲家:ルイス・ブラジル。そのキャリアの最も輝かしい遍歴の一つに、1990年代のカエターノ・ヴェローゾ・バンドのギタリストに名を連ねたことが知られており、「フィーナ・エスタンパ」「リーヴロ」などの傑作でサウンドの根幹を支えたのがまさにルイス・ブラジルである。他にも並行してマリア・ベターニア、ベト・ゲヂス、ガル・コスタ、ヴァネッサ・ダ・マタ、シモーネ、ジュサーラ・シルヴェイラ、坂本龍一など、レコーディング/ツアー参加の経歴は枚挙に暇が無いほどの偉人。ガット弦ストリング・ギターからジャズ・ギターまでを駆使するプレイヤーとしてのスキルはもちろん、多彩な描写を生み出すことのできるセンスも素晴らしいものを持っており、上述のアーティストからも絶大な信頼を得ている超一流の音楽家だ。

一方、自身をメインにクレジットしたレコーディングとなると、他のセッション・ミュージシャン同様寡作であり、リーダー名義は2005年のアルバム「Brasileru」(坂本龍一も参加)、そして2006年には親交の深い女性シンガー:ジュサーラ・シルヴェイラとの共同名義作「Nobreza」と数少ない。今回紹介する2010年オリジナルの「Beira」は、目下の彼の最新作だが、パッケージ作品としては、日本ではほぼ未紹介に近い名作。オリジナル曲中心で作曲家としても非凡な才能を発揮し、インスト界/MPBセッション・シーンの超一流ミュージシャンをサポート・プレイヤーに迎え、楽曲毎に洗練されたアレンジを施した絶品インストゥルメンタル作品だ。



麗しいジャズ・ギターの導きでストリングスを交えて「蒼海」の壮大な美しさを醸し出すミディアム・ボサ調のオープニングから、アコーディオン(トニーニョ・フェハグッチが参加!)、12弦ギターとパーカッション、そしてスキャットを挿入した瑞々しさが際立つノルデスチ・トラックM2で、言いようの無い心地よさへと誘う。一転、パーカッション・サンプラーを用いてブラス・セクションとのマルシャを表現したM3ではアレンジの妙も楽しめる。トリッキーなリズムセクションでギター/ローズ・ピアノ/ホーンの掛け合いで高揚させるサンバ・ジャムM4はジョアン・ボスコの名曲カバー。続くガット・ギターと自身のヴォーカルで弾き語りのスタイルで聞かせるM5もハイライトだ。今をときめくピアニスト:アンドレ・メマーリをフィーチュアしたM6ではルイスはバンドリンも担当した、どこかエキゾチックなナンバー。再びノルデスチをベースに洗練されたファンク・ジャズにアップデートしたM7、ノスタルジーな雰囲気で味わいのある変拍子ジャズ・ブラジレイロのM8、ラストは、パーカッシヴなギター・リフとディープな旋律が印象的な楽曲で、親交のあるSSW:レニーニに捧げられたオマージュ・トラックで締めくくられている。

タイトル「Beira(縁)」が表すもの、それは中心ではない場所に存在するからこそ創造できる音、そうしたルイスならではの音楽哲学(後述)が反映されたこの1枚は、プレイヤーとしての参加作では味わえないトータルなサウンド・メークの妙も楽しめる充実のコンテンツとして、すべてのブラジル音楽ファンに届けたい作品だ。

<同時取扱い!>
▼本作に因んだ、ルイス・ブラジル氏本人監修のスコア・ブック。A4版 / 134ページ。
楽曲に関わるエピソードを、邦訳で記載したリーフレットを進呈予定です。

●LUIZ BRASIL / BEIRA - LIVRO DE MUSICA
(LUIZ BRASIL BOOK) 3,200円+税 入荷!
詳細を見る 

 ◆ ご注文・ご予約・お問合せはこちらから

ブログ掲載の商品は全てお店から直接通販、ご郵送も可能です!!
ネットの手続きがちょっとめんどくさいな・・・とお思いの方、
お電話一本で専門スタッフが熱く対応させていただきます!!


★diskunion新宿本館ラテン/ブラジル・フロア★
tel:03-3352-2760

mail:
ds1_4f@diskunion.co.jp

▼通販のご案内はこちらから!
http://blog-shinjuku-latin.diskunion.net/Entry/2744/



■ タイトルである beira という言葉には、「縁」、「へり」、「岸」という意味があるが、これはルイス・ブラジルの音楽(人生)哲学を表している。以下、「Beira」に対するルイス氏本人のコメントです。

Esse nome representa muito pra mim, porque vivemos numa época em que tudo parece ter que ter o maior apelo do mundo.
Tudo tem que ser o melhor, o mais bonito, o mais valioso, mais colorido, mais moderno, ...tudo mais e mais.

Então eu coloquei esse nome "Beira", que pra mim representa o oposto a isso tudo. Aquele que não precisa estar no centro,está na borda, não precisa ser o melhor ou o maior, basta existir. Porque acho que tudo tem sua importância, não precisa ser o mais do mais entende? "Beira", é a a beira não o centro, mas está lá, e é tão importante quando qualquer outro lugar...

Te falo tudo isso pra você entender não somente o nome, como também compreender a mim mesmo.

(意訳)
このタイトルには深い意味があるんだ。なぜなら、今、僕らは、「世の中から最も注目される存在」にならなければならないような時代に生きているからだ。
最も良い、最もきれい、最も価値のある、最も色鮮やか、最も現代的・・・すべてが「最も」でなければいけな いという風潮。

だからこそ、僕は、この傾向に反する「Beira(縁)」というタイトルを付けたんだ。中心にいる必要がないものは、縁にいる。ベストな存在、一番ビッグな存在になる必要はない。ただ存在すればいい。なぜなら、僕は、あらゆる在り方にそれぞれの意義があると思うからだ。ベスト中のベストになる必要はないんだ。分かる?「Beira」は「縁」であって、「中心」ではない。でも、そこに存在している。そして、「縁」という場所も、その他一切の場所と同じくらい重要なんだ。

Beira は僕自身の生き方でもあるんだ。

 
 
【TRACKS】
1. Azul Mar
2. Na Espiral
3. Margarida
4. O Ronco da Cuica
5. Madalena
6. Farol
7. Maraca
8. Pedaos
9. Ngo Veio (para Lenine)

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet