(4/25マリア・ヒタ&バネッサ・ダ・マタ入荷します!)新宿本館ラテン・ブラジル・フロア選定 ~HIGHLY RECOMMENDED SPRING 2014~

   

(4/25マリア・ヒタ&バネッサ・ダ・マタ入荷します!)新宿本館ラテン・ブラジル・フロア選定 ~HIGHLY RECOMMENDED SPRING 2014~



【入荷しました】 TATIANA PARRA & VARDAN OVSEPIAN / LIGHTHOUSE
INDEPENDENT / US / CD / 4月上旬入荷予定 / 2,376円(税込)
ブラジル~ミナスのみならずアルゼンチン新世代アーティストとの交流も深い、
今最も旬な女性ヴォーカリスト、タチアナ・パーハ最新作が遂に登場。
前作ではアルゼンチン人気ユニット=アカ・セカ・トリオのピアニスト、
アンドレス・ベエウサエルトとのデュオ共演を最高の形で果たした彼女。
今回はアルメニア出身のピアニストで作編曲家、ヴァルダン・オヴセピアンとの
デュオ・アルバムを発表。ヴァルダンの真骨頂とも言える室内楽的な楽曲と
タチアナ・パーハの可憐な歌声が完全にシンクロする傑作と言えるであろう。
そしてミナス新世代アーティストの象徴的存在、アレシャンドレ・アンドレスの佳曲
「マカシェイラ・フィールズ」を収録。こちらも聴き逃せない。



【予約受付中】 ALEXANDRE ANDRES / OLHE BEM AS MONTANHAS
INDEPENDENTE / BRA / CD / 5月上旬入荷予定 / 2,376円(税込)
ここ数年で一気に注目度が高まった感のあるミナス新世代アーティストの
象徴的存在、アレシャンドレ・アンドレスの3rdアルバムが登場。
記憶に新しい2013年の傑作2nd「MACAXEIRA FIELDS」から約一年という
短いスパンでのリリースとあり、その音楽的な充実度がうかがえる作品。
管弦を巧みに配したオーケストレーションが印象的だった前作に比べ、
明らかに異なるのはそのシンプルな楽器編成とサウンド志向。
アレシャンドリ・アンドレスのソングライティング・センスをよりダイレクトに
伝えるべく削ぎ落とされたアンサンブルの妙と即興性が楽しめる仕上がり。
そのサウンドを大きく支えるのが人気ピアニスト、ハファエル・マルチニの存在。
彼の理知的で時にアヴァンギャルドなプレイの幅が今作では大きく反映されている。


4月25日入荷予定!】 MARIA RITA / CORACAO A BATUCAR
UNIVERSAL / BRA / CD / 4月25日入荷予定 / 2,700円(税込)
ブラジルの国民的歌手として今なお愛されるエリス・レジーナの愛娘であり、
2000年以降のシーンを牽引してきたトップ・アーティスト、マリア・ヒタ。
そんな彼女が待望のニュー・アルバムをリリース。
2007年に大ヒットした傑作「サンバ・メウ」の続編とも位置づけられる
サンバ回帰的な内容で、ブラジル音楽の普遍的な魅力が詰まった一枚に仕上がった。
フレッド・カマーショ、マルセリーニョ・モレイラ、重鎮アルリンド・クルース、
そしてホドリゴ・マラニャォンという、新旧織り交ぜた名だたるサンビスタとの共演が楽しめる。
これからの季節にピッタリな最高に心地好いサンバ・アルバム。



4月25日入荷予定! VANESSA DA MATA / SEGUE O SOM
SONY / BRA / CD / 4月25日入荷予定 / 2,376円(税込)
記憶に新しいジョビン・トリビュート作『CANTA TOM JOBIM』、
スライ&ロビーをフューチャーして吹き込んだレゲエ・テイストの傑作『SIM』、
ポップ・アイコンとしての地位を確立した『BICICLETAS BOLOS E OUTRAS ALEGRIAS』など、
幅広い音楽センスで注目を集め続けるトップ・アーティストヴァネッサ・ダ・マタの最新作が遂に登場。
今作はブラジル・オルタネイティヴの象徴的アーティスト、カシンのプロデュースによる
カラフルなポップ・アルバムに仕上がった。実はこの作品、2012年にレコーディングされ
リリースを待ち望まれていたいわく付きの一枚。これは見逃せない。


 
【入荷しました】 DJAVAN / RUA DOS AMORES AO VIVO
LUANDA RECORDS / BRA / DVD / 4月下旬入荷予定 / 3,240円(税込)
LUANDA RECORDS / BRA / CD / 4月下旬入荷予定 / 2,376円(税込)
2012年リリースのヒット作『RUA DOS AMORES』を引っ提げてのツアーから、
サンパウロHSBC BRASILミュージック・シアターでのステージを収録した待望の最新ライブ・アルバム。
5年ぶりのスタジオ作として各方面から絶賛された『RUA DOS AMORES』の
メイン・トラックを中心に、「Meu bem querer」「Oceano」「Serrado」
「Flor de lis」「Samurai」「Sina」など、デビューから現在に至る数々の
ヒット・ナンバーを随所に組み入れたオールタイム・ベスト的なセットリスト。
まさにジャヴァン節と言える軽やかなコード進行とメロディーが
存分に堪能できる圧巻のパフォーマンス。文句なしの素晴らしさ。

 

【入荷しました】 GILBERTO GIL / GILBERTOS SAMBA
SONY / BRA / CD / 2,376円(税込)
今なお精力的な活動を続けるジルベルト・ジルが、長年にわたり構想してきた企画。
その全貌が遂に明らかになったのがこの2014年最新作「GILBERTOS SAMBA」。
そのテーマとはズバリ、ジョアン・ジルベルト愛唱サンバ名曲集。
同郷バイーアから世界に羽ばたいたジョアン・ジルベルトが好んで取り上げた
サンバ古典名曲をカバーするというありそうでなかったコンセプトを実践。
ジョアン・ジルベルト同様、弾き語りに定評のあるジルならではの味わい深い演奏が楽しめる。
「O PATO」「DISAFINADO」「DORALICE」「VOCE E EU」他、
ボサ・ノヴァのスタンダードでありながら、そこにはサンバの息吹が脈々と流れている。
ジョアン・ジルベルトも過去のインタビューで発言しているように、
「これはボサ・ノヴァではなくサンバ」である。ムーブメントとしてのボサ・ノヴァは存在しても、
それは常にサンバの延長線上という認識。まさに円熟期を迎えた現在のジルにしかできない、
サンバ・リスペクトであると同時に、ジョアンへのリスペクトが結実した作品として後世に残るであろう。




ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet