【ARGENTIN】入荷!アルゼンチンで72年にリリースされた奇跡のフォルクローレ・ジャズ。世界初復刻!

   

【ARGENTIN】入荷!アルゼンチンで72年にリリースされた奇跡のフォルクローレ・ジャズ。世界初復刻!

エリック・サティー×フォルクローレ×ジャズ

アルゼンチンで72年にリリースされた奇跡のフォルクローレ・ジャズ。
トリオ・フアレスの72年のセカンドが世界初復刻。

まるでサティーとフォルクローレとジャズが融合したかのような
天上級激美ワルツ・ジャズ「LOCA DE AMOR」収録!!!

 

●TRIO JUAREZ  トリオ・フアレス+2 (1972)
プロダクションデシネ / JPN / CD / 2014年02月12日 / 2,625円(税込)

アルゼンチン・フォルクローレとクラシック、そしてジャズのモダンな融合、その到達点。アルゼンチンの高名な音楽家、マノロ・フアレスが自身のトリオ(+2)名義で1972年に吹き込んだ2ndアルバムが世界初の銀盤化。心に響く哀愁のメロディの数々、穏やかで繊細な演奏、小気味よいアレンジも抜群の美しくも儚い傑作です。

アルゼンチン第二の都市・コルドバ生まれの作編曲家/ピアニスト、マノロ・フアレス。ピアニストとしても、若くして数多くのコンクールの受賞歴を持つなど非常に優れた才能の持ち主です。職業作家としても、多くのアーティストに楽曲提供を行いながら、クラシック作品も手掛けつつ、さらにはオーケストラを指揮するなど、プロの音楽家としてのとしての活動も幅が広い人物です。そんな彼が、アルゼンチン・フォルクローレをモダンなジャズアレンジで奏でたユニットが、このトリオ・フアレスであり、1972年の本作『トリオ・フアレス+2』は、さらなる深化を見せた2ndアルバムです。
ギターとドラム(ボンボ)をft.したフォルクローレ的な編成ではありますが、やはり、マノロ氏のピアノを中心に据え、ケーナやヴィブラフォンを交えて聴かせるジャジーなサウンドは非常に洗練されており、クラシックのエッセンスも感じさせ、まるで土臭さとは無縁な都会的な音色を随所で聴かせてくれます。
オープニングを飾る作品中最もジャジーなワルツの名曲「01. Loca de amor」がいきなり素晴らしく、その繊細で哀愁漂うメロディに心を奪われますが、ヴィブラフォンを交えて聴かせるサンバ(Zamba)の「02. Luna tucumana」、同じくキラキラしたヴァイブの音色が秀逸な「06. La telesita」、ケーナの物悲しい旋律が印象的な「11. La equivoca」に、女性ヴォーカリスト、Marta PenalozaをFt.した「08. Invitacion a la nostalgia」なども、作品に彩りを添えています。

●A式の紙ジャケット仕様で、オリジナルLPを再現
●世界初の正規復刻

訪問買取
♪買取のご案内・便利な宅配サービスはこちらからどうぞ





1. Loca de amor
2. Luna tucumana
3. La bacha
4. Vidalita de la mama
5. Siete del abril
6. La telesita
7. Cancionera
8. Invitacion a la nostalgia
9. Bagula para un silencio
10. Zamba de anta
11. La equivoca
12. Juanito laguna remonta un barrilete

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet