【レゲエ新品レコード】70年代後半のREVOLUTIONARIES関連の最強の音源はこれだ!

   

【レゲエ新品レコード】70年代後半のREVOLUTIONARIES関連の最強の音源はこれだ!

断言します。

70年代後半のREVOLUTIONARIES関連の最強の音源はこれだ!



◆CULTURAL ROOTS / REVOLUTIONARY SOUNDS
G REVOLUTIONARY SOUNDS / EU / LP / 2,500円(税込)
G REVOLUTIONARY SOUNDS / EU / LP / 2,500円(税込)

断言する。70年代後半のREVOLUTIONARIES関連の最強の音源はこれだ。70年後半に活動したHUBERT BROOKS, NORMAN GALLIMORE、WADE DICEの3人組によるルーツ・レゲエの隠れた名ヴォーカル・グループ、CULTURAL ROOTS。83年にGREENSLEEVESからリリースの『HELL A GO POP』は美しく気高いCULTURAL ROOTSのヴォーカルとヘヴィーなROOTS RADICSのリズムで、ルーツ名盤として今も語り継がれている。またルーツ・アンセム「MR.BOSSMAN」はキラー・チューンとしてサウンド・システムの定番でもある。

そんなCULTURAL ROOTSが78年にリリースした記念すべきファースト・アルバムと、同時期にリリースのまるごとのダブ・アルバムが奇跡の復刻。後のPENTHOUSEレーベルの創始者であるDONOVAN GERMAINが設立したレーベル、GERMAINから78年にリリースされたCULTURAL ROOTSのファーストとそのダブ盤。ともに現在では超が付くレア盤ゆえコアなルーツ&ダブ・ファンのコ

レクターズ・アイテムであったが、ついに全世界待望のリイシュー化となった。
バックを務めたのはSLY&ROBBIE率いるREVOLUTIONARIES。同時代の彼らの演奏と比べれば明らかだが、ここまで重く激しいREVOLUTIONARIESの演奏は、この時代のGERMAINレーベルならではの重厚なサウンドだ。
3人の美しいコーラス・ワークとヘヴィーなリズムが素晴らしすぎるヴォーカル盤の『REVOLUTIONARY SOUNDS』、そしてREVOLUTIONARIESの最強のダブ盤として聴かれるべきダブ盤『REVOLUTIONARY SOUNDS DUB』。ともに70年代のREVOLUTIONARIESの最高の仕事と断言できる逸品が、ついに日の目を見る。


▲上記画像をクリック▲
訪問買取
♪買取のご案内・便利な宅配サービスはこちらからどうぞ

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

twitter

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet