ブラジル直輸入盤が入荷!!!! Maria Rita / Samba Meu、Hamilton de Holanda / Continua Amizade 他入荷!

   

ブラジル直輸入盤が入荷!!!! Maria Rita / Samba Meu、Hamilton de Holanda / Continua Amizade 他入荷!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ブラジル直輸入最新アイテム 9/28(金)より続々到着★
~女性アーティスト・サンバ新作が・・・とにかく凄い!!編~

ラテン・ブラジル・フロア直通
tel:0333522760 mail:ds1_4f@diskunion.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
⇒ご熱心なファンの皆様、長らくお待たせ致しました!
9月も終わりの声が聞こえてきた今週末に
ブラジル盤新譜入荷があります。
下記に、入荷品リストを改めてご紹介致します。

※明日9/28(金)~9/29(土)にかけて続々入荷します。
店頭への展示は、日にちが前後する商品も一部
ございますので、在庫の有無については、
お手数でも、別途お問合せいただければと存じます。
(29日土曜日には、すべて出揃います!)

------------------------------------------------

【CD ニューリリース 】

------------------------------------------------

↓今回のイチオシは、♀サンバ・アーティスト新作群だ!↓
● Cristina Buarque e Terreiro Grande / ao vivo
( CD TRATORE ¥2,510 )
⇒ かつて、オーマガトキ盤が日本でもリリースされ、現在の♀サンビスタ・
ニュー・カマー達の目標とされる、実力者クリスチーナ・ブアルキのライブ新作。
70年代のデビューより、白人ながら、黒人ルーツ・サンバへの一貫した
アプローチで、多くのサンバ・ファンを虜にしてきたキャリアの集大成とも
いえるステージ。カルトーラ、ノエル・ホーザ、ゼー・ケチ、カンデイア、
ビジ&マルサル(初代)、シラス・ヂ・オリヴェイラ、そして、敬愛する
ヴェーリャ・グアルダ・ダ・ポルテーラ他、およそ重要なリオ・サンバ界の
重鎮の名をすべて網羅するかのごとく面々が残したサンバの名曲をずらりと
取り上げ、高らかに歌うその姿にこそ、まさしく今の「サンバ伝導師」の
風格を感じさせる。デビュー作タイトルでもある名曲「Quantas lagrimas」は白眉。
サンバ・ファンなら必携!
(シコ・ブアルキ妹でもありますが、当人は引き合いに出されるのをあまり好まないようです。)
※関連作品はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/20723

● Maria Rita / Samba Meu ( CD Warner ¥2,615 )
⇒ ブラジルの伝説的女性ヴォーカリスト、エリス・レジーナの実娘という尋常
ならない注目度の中、2003年「MARIA RITA」で衝撃の世界デビューを果たした
マリア・ヒタ。そして2005年リリースのセカンド「SEGUNDO」では、実力派ピアニスト

TIAGO COSTA、ベーシストのSYLVINHO MAZZUCCAを擁する最高のレギュラー・
バンドを従え、押しも押されぬトップ・アーティストへと飛躍。そして遂に待望の
サード・アルバムがリリース。メイン・テーマはズバリ「SAMBA」になる模様。
パゴーヂの大御所で元フンド・ヂ・キンタルのアルリンド・クルスや、
新鋭若手サンビスタ、エドゥ・クリーゲルによる楽曲提供も嬉しいニュース。
記憶に新しいマリーザ・モンチのサンバに傾倒した最新作や、ホベルタ・サー、
テレーザ・クリスチーナ、アナ・コスタ等を始めとする次世代サンバ・ヴォーカリストの
台頭。まさにブラジル音楽シーン自体のサンバ回帰傾向に呼応した、
マリア・ヒタならではのポスト・サンバ・アルバムが完成!!
※関連作はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/15007

↓やっぱりサンバは♂だ!というファンはこちらオススメ↓
● Mauricio Pessoa / Mauricio Pessoa ( CD Universal ¥2,510 )
⇒ サンバ系SSW、マウリシオ・ペッソアのデビュー作。人気を博す♀サンバの
ROBERTA SA男性版という立位置の、ソフトなサンバ・アレンジで仕上げた作品で、
ROBERTA SA本人もゲスト参加。パウリーニョ・ダ・ヴィオラを敬愛し、
彼に捧げたオリジナル「Um Choro pro Paulinho da Viola」がハイライト。
また、カルロス・リラのボサ名曲「Tem Do de Mim」他を収録し
サンバ~MPB~ボサ・ノヴァに到るまでのファン琴線に触れうる好作だ。

---------------------------------------------------

↓その他も注目入荷目白押し!↓

● Lenita Bruno / Por toda minha vida
( CD TRATORE ¥3,035 )
⇒ これは素晴らしいボサ・ノヴァ復刻作。50年代よりカンサォン系一流♀シンガー
として活躍し、ボサ・ノヴァ・ムーヴメント黎明期に名作を残したレニータ・ブルーノ。
本作は、あのエリゼッチ・カルドーゾがジョアン・ジルベルトを初めて起用した
傑作「Cancao do amor demais」(同曲は本作にも収録)を、残したとして知られる
マイナー・レーベル「FESTA」原盤で、レニータがA.C.ジョビン&ヴィニシウス・ヂ・
モライス作の初期名曲のみを取り上げた59年のオリジナル・アルバム。
格調高いオーケストレーションを交えた優美なアレンジで、若かりしジョビン&
ヴィニシウスのミディアム・ソングを歌い上げる、稀代の名盤。
「Por toda minha vida」「Estrada branca」「Valsa de Euridice」
「Eu sei que vou te amar」「Canta, canta mais」「Modinha」「Sem voce」
「Eu nao existo sem voce」他を収録。ゆったりとした大人の時間を演出してくれる。

● Hamilton de Holanda / Continua Amizade
( CD DeckDisc ¥2,510 )
⇒ 猛烈なインターバルで活動を試みる、ショーロ・バンドリンのトップ・プレイヤー、

アミルトン・ヂ・オランダが、早くも最新作を発表。今回は、ナー・オゼッチとの
デュオ・アルバム等で知られる硬派ピアニスト、アンドレ・メーマリとのデュオ
という意欲作。 Rosa"(Pixinguinha), "Noticia" (Nelson Cavaquinho),
"Acontece"(Cartola), "Choro Negro"(Paulinho da Viola), "Di Menor"(Guinga)他、
好曲をデュオ・カバー。ショーロの枠を超え、さらに進化を続けるアミルトンの
演奏家魂が、また一つ開花したと言える注目作。
※関連作はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/15149

● Perimetro Urbano / Na Capital Do Pecado
( CD UMES ¥2,090 )
⇒ 本格サンバのニュー・リリースに定評のあるCPC-UMESレーベルより、
サンパウロを拠点に活動するサンバ・グループ、プリメイロ・ウルバーノが出現。
本格的な黒人ルーツのパルチード・アルト~下町風情のモダン・サンバ、
そしてパゴーヂ世代にも訴えかける、ライトなセンスまで兼ね備えた、
全サンバ・ファン注目のサウンド。ゲストでも参加する、先輩グループ
「Quinteto em Branco e Preto」に近いが、より洗練された聞きやすさという点では、
本作をオススメ。サンパウロのMPBサウンドには欠かせない
名手プロヴェーダ (sax/fl)もゲスト。これはかなり良いです。
※関連作はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/15191

● Deo Rian / Ineditos de Jacob do Bandolim V.2
( CD Rob ¥2,195 )
⇒ ショーロ・バンドリンの最高峰、ジャコー・ド・バンドリンの後継者とされ、
ジョエル・ナシメントと並び称されるベテラン、デオ・ヒアンの新作は、
恩師ジャコー・ド・バンドリンのトリビュート作第2弾。アレンジは、プレイヤー
としても著名なCristovao Bastos、Mauricio Carrilhoが担当。ゲストに、
実力派ヘジオナルのConjunto Carioca、ベテラン・フルート奏者Dirceu Leite他。
ジャコーに思いを馳せたレパートリーを、情感たっぷりに奏でる、ショーロ・ファン至高の1枚。
※関連作はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/15131

● Fernanda Cunha / Zingaro ( CD Cid ¥1.985 )
⇒ 王道MPBに傾倒し、トニーニョ・オルタのカバー等で1st作がヒットした
♀vo.フェルナンダ・クーニャの新作。前編、ベテラン・マルチ・ギタリストの
ゼ・カルロスがサポートし、トム・ジョビン&シコ・ブアルキの名曲をカバーする
というコンセプトで臨んだ、ボサ&MPBファン注目の作品。
フェルナンダ・クーニャは、70'sから活躍するMPBシンガーとして知られる、
スエリ・コスタの姪っ子さんのようです。

● Willians Pereira / Sobre o encanto e a delicadeza
( CD TRATORE ¥2,276 )
⇒ クラシック、ショーロに影響を受けた、気鋭ガット・ギタリスト、
ウィリアム・ペレイラのデビュー作。ショパン、プッチーニ、ヴィラ・ロボス
といった本格クラシックのギター独奏的な側面と、Humberto Teixeira、
Fernando Leporace、Mauricio Einhorn (←ハーモニカでゲスト参加)といった、
ブラジルの素材をアレンジしたインストの両方が味わえる逸品。
ギターの音色、センスは、かなり素晴らしい。

● Vinicius Calderoni / Trancha ( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ MPB♂vo.新作イチオシ盤。シコ・ブアルキの影響を受けたとされる、
サンバ~ボサ~カンサォン系SSW、ヴィニシウス・カルデローニのデビュー作。
シコゆずりの繊細なメロディー・ラインを信条とする優れたオリジナル・
レパートリーが、じわじわと染みてくる味わい。洗練されたサウンド・メイカーにも
注目で、Ulisses Rocha (violao)、Tiago Costa (piano),Teco Cardoso (flauta),
Edu Ribeiro (drums)と、それぞれリーダー作もリリースした経歴を持つ、
いずれ劣らぬ強者が絡む見事なセッション。同じく、ソロ・リリースが記憶に
新しいサンバ系♀シンガー、Fabiana Cozza, Tatiana Parraもゲスト。
これは長く付き合っていけそうなインディペンデント名MPB。

● Paulo Moura / Fibra - Colecao Galeria
( CD Brazilmusica ¥2,510 )
⇒ 御大パウロ・モウラの60's~70's EQUIPE時代の作品をブラジルのインディ・レーベル

がリイシューしたCDシリーズ。本作「FIBRA」は71年オリジナルのジャズ系作品。
「SAMBA DE ORFEU」「VERA CRUZ」「AQUARELA DO BRASIL」「CRAVO E CANELA」他、
ミナス派作品が特異。Wagner Tiso (p), Robertinho Silva (ds),
そしてMilton Nascimentoもピアノで参加した名作。
※UK WHATMUSICからもCD既発。
⇒ http://diskunion.net/detail.php?goods_id=BR0457&genre_id=16

● Paulo Moura / Quarteto - Colecao Galeria
( CD Brazilmusica ¥2,510 )
⇒ 御大パウロ・モウラの60's~70's EQUIPE時代の作品をブラジルのインディ・レーベル

がリイシューしたCDシリーズ。本作「QUARTETO」も68年オリジナル。
もっとも、緊張感のあるジャズ系作品として珍重される音源。
※UK WHATMUSICからもCD既発。
⇒ http://diskunion.net/detail.php?goods_id=BR0211&genre_id=15

● Alcione / De Tudo Que Eu Gosto
( CD Indie ¥2,195 )
⇒ 円熟期に入り、ますます人気を博すサンバ女王アルシオーネの2007年新作。 
Gilberto Gil, Mart'Nalia, Nei Lopes, O Rappa がゲスト参加。
※関連作はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/15093

● Mateus Sartori / Interpreta Dorival Caymmi - Dois de fevereiro
( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ 2006年に良質なMPBカバー作でデビューした♂シンガー、マテウス・サルトリの
セカンドは、バイーアの偉人ドリヴァル・カイーミ曲集。「Rosa morena」「Dora」
「Promessa de pescador」「Doralice」「O samba da minha terra」「So louco」
「Dois de fevereiro」他の名曲を、ギンガ、パウロ・ベリナッチ、ウェブステール・サントス、
ディエゴ・フィゲイレド、シコ・サライヴァ、マリオ・ジルといった、新旧のギター達人の
サポートで美しく歌い綴る。プロデュースは、ジョイス他MPBサポートの強者ベーシストで、
インスト・セッションへの参画も多いホドルフォ・ストロエテール。
これまで数多あるカイーミ・トリビュート作品中でも、会心と言える好作。
※関連作はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/711031

● No Olho da rua / Ele e carioca ( CD Ethos Brasil ¥2,510 )
⇒ 新世代の本格サンバ・ジャズ・ユニットとしてインディ・シーンにて地道な
活動をしてきた1ホーン・カルテット「No Olho da rua 」の通算4作目。
より磨きのかかったアンサンブルと、ブラジル人ユニットだからこそ出来る、
ボサ&ジャズの表現力を交えた、オリジナルの展開が素晴らしい。
カバー曲では、「Samba de aviao」「Triste」(Tom Jobim)、
「Canto de Ossanha」(Baden Powell)をセレクト。
新しいサンバ・ジャズの息吹をご堪能アレ。
※関連作はこちら。
⇒ http://diskunion.net/portal/ct/list/0/14634

● Henrique Lissovsky / Tem Sambajazz Na Belazul
( CD Delira Musica ¥2,510 )
⇒ ブラジリアン・ジャズに定評のある新興レーベル「DELIRA MUSICA」から、
新たな刺客登場。ジスモンチにインスパイアされたと目される東欧系
ブラジル人ヴィオロニスタ、エンリケ・リソフスキーをリーダーに、
アジムスの"Mamao"ことIvan Conti (drums), Mauro Senise (fl / ss),
Paulo Russo (contrabass), Rafael Barata (drums), そして
Robertinho Silva (percussion)他、ブラジル・インスト界を代表する
現役大物プレイヤーをトラック毎に迎え、オリジナルのサンバ・ジャズを披露する、
クオリティの高い作品。セッション系インスト作品としては、
本年リリース作中でも最も高位置につけるかもしれない。
※関連作はこちら。
 http://diskunion.net/portal/ct/search?l=8996

● Banda de Boca / Banda de Boca
( CD Atracao ¥2,510 )
⇒ サルヴァドール出身の混声5人組MPBヴォーカル・グループの2nd。
「Clube da esquina 2 (ミルトン・ナシメント)」「Chovendo na roseira (A.C.ジョビン)」
「Domingo no parque (ジルベルト・ジル)」「Construcao (シコ・ブアルキ)」ほか、

MPB名曲をオリジナル・アレンジでカバー。

● Fundo de Quintal / Divina Luz ( CD TRAMA ¥1,985 )
⇒ パゴーヂ・ムーヴメントの立役者、名門フンド・ヂ・キンタルの85年RGE作が
廃盤から復活再CD化。フンドの絶頂期とも言える充実振ぶりを象徴する1枚。
近年サンバが好きになったファンにも、この時代の名盤は逃せない。
※関連作はこちら。
 http://diskunion.net/portal/ct/list/0/15139

● Francis Hime / Francis no Sesc Pompeia
( CD BISCOITO FINO ¥2,510 )
⇒ 好レーベル、ビスコイト・フィーノ主宰でもある名手、フランシス・イーミの
サンパウロ・ライブ新作。同社からの直近リリース「Album Musical (2004)」
「Arquitetura da Flor (2006)」からのレパートリーを中心にした全18曲を収録。
Kiko Freiras (drum), Jorge Helder (bass), Gabriel Improta (violao /
guitarra)他、
実力者がサポート。
※関連作はこちら。
 http://diskunion.net/portal/ct/list/0/14795

● Vania Abreu / Misteriosa Dona Esperanca
( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ ダニエラ・メルクリの妹でもある♀ヴォーカリスト、ヴァニア・アブレウのソロ新作。

前作「Pierrot & Colombina」が、良人であるクラブ・ミクスチャー・アーティスト、
Marcelo Quintanilhaとのアコースティック・デュオでスマッシュ・ヒットとなり、
ヴァニアの新たな一面を見せたが、本作ではさらに進化を遂げ、先鋭的な
ソロ・シンガーとしての実力を発揮したサウンドに仕上がっている。ジャヴァン、
ゼカ・バレイロ、カルロス・カレカ他のレパートリーを収録。
※関連作はこちら。
 http://diskunion.net/portal/ct/list/0/14892

● Alzira Espindola / Alzira E ( CD TRATORE ¥2,720 )
⇒ 名門内陸部音楽一家のベテラン才女で、テテ・エスピンドーラの姉としても
知られる、アルジーラの2007年ソロ新作。Curumim (ds), Pedro Marcondes (bass),
Adriano Magoo (key/accord.)といった、カルト・インストゥルメンタル・シーンで
頭角を現してきた若手プレイヤーに支えられ、カイピーラの魂と都会的なセンスを
融合させた、格調高いサウンドを披露。声は相変わらず美しい。
※関連作はこちら。
http://diskunion.net/portal/ct/list/0/712501

● Tete Espindola / E va por Ar ( CD TRATORE ¥2,720 )
⇒ 姉アルジーラと共に、内陸部音楽名門一家出身の超高音美声シンガー、
テテ・エスピドーラも新作をリリース。ブラジル風土の色彩を意識しつつ、
かつて80年代に、アヒーゴ・バルナベーらと共に、サンパウロのMPB新興派を
形成した一員らしい、アヴァンギャルドな楽曲にも染まり、もはやブラジルの
ケイト・ブッシュに近い存在感を十二分に発揮した好作といえる。楽曲提供は、
ファミリー・アーティストの他、Chico Cesar, 先述のArrigo Barnabeも名を連ねる。
作詞はすべてテテ本人。
※関連作はこちら。
http://diskunion.net/portal/ct/list/0/15056

● Sallaberry / Samba Soft ( CD Tratore ¥2,405 )
⇒ 3年ほど前に、リーダー作を発表し、各国のジャズ系ミュージシャンとも
親交の深いブラジリアン・ジャズ・ドラマー、サラベリーのセカンド・ソロ作。
samba, baiao, bossa nova, maracatuといったブラジル独持のリズムに、
ジャズ&フュージョンのソースを加え、複合的なリズム・インプロ・サウンドを
演出した、インスト好きにはたまらない1枚。ゲストにも注目で、Billy Cobham,
Dennis Chambersといった、世界にも著名なジャズ・ドラマーが参加する他、
ブラジル国内からもRobertinho Silva, Sandro Haick, Ed Cortes,
Fernando Moura, Thiago Pinheiro, Thiago do Espirito Santo他、
近年頭角を現してきた多くの若手プレイヤーが名を連ねる。これは面白い。

● Tom Jobim / Tom Jobim ao Vivo em Montreal
( CD JBF ¥2,510 )
⇒ 86年カナダでのライブのCD化。Jaques Morelenbaum (celo),
Paulo Jobim (violao), Danilo Caymmi (flute), Tiao Neto (bass),
Paulo Braga (drum), Dori Caymmi (vocal)他、いわゆるバンダ・ノヴァがサポート。
※DVDは既発
⇒ http://diskunion.net/detail.php?goods_id=BR2219&genre_id=15

● Tamy / Soul mais bossa
( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ ♀vo.タミーによるオリジナル作。タイトルからして内容が気になるが、
ボサ・ノヴァ的ニュアンスを醸し出したサンバ・ファンク&バチーダ・
エレクトロニカ・・・的サウンドとのこと。

● Plinio Profeta / Plinio Profeta V.1 ( CD Nikita ¥2,615 )
⇒ DJ、プロデューサー、演奏家の肩書きを持つ、ミクスチャー系MPBの
屋台骨、プリニオ・プロフェータのデビュー作。Davi Moraes, Lucas Santtana,
Pedro Luis他、コラボレート陣を眺めても、そのサウンドの新鮮味が窺い知れる。

● Maria Prea / Avesso ( CD ELO MUSIC ¥2,720 )
⇒ MPB♀気鋭シンガー、デビュー作。ナラ・レオンやマリア・ベターニアが
歌ってヒットした、ジョアン・ド・ヴァーリの北東部名曲「Carcara」,
ミルトン・ナシメントのオリジナルで、ディープな旋律が印象的な名曲「Caxanga」他、

強烈なメッセージ性を備えた異色の♀vo.。

● Vinicius de Moraes / Vinicius em Portugal
( CD Tratore ¥3,150 )
⇒ ボサ・ノヴァ詩人、ヴィニシウス・ヂ・モラエスが60'S年代にポルトガルで
収録した、珍しいポエトリー・リーディング・アルバム。
当時のボサ・ノヴァ・マイナー・レーベル、「フェスタ」原盤。マニア向け。

● Arthur Nestrovski / Tudo o que gira parece a felicidade
( CD Tratore ¥2,720 )
⇒ MPBギター&ヴォーカリストのオリジナル・アルバム。
同時期にリリースのジョビン作品集とは異なり、スケールの大きい自作曲を楽しめる。

● Pericles Cavalcanti / O rei da cultura
( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ 70'Sブラジル内外のPOPSにインスパイアされたオリジナル楽曲で、
通なファンをうならすカルト・スター、ペリクレス・カヴァルカンティの新作。
「文化の王様(直訳)」なる大それたタイトルに違わないスケールの大きさだが、
難解度も相当のもの。アドリアーナ・カルカニョートに提供された「Sou sua」の
自演ヴァージョンや、アルナルド・アントゥネスとの共作曲に注目。

● Lia Sophia / Livre ( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ オルタナティヴMPB♀シンガー、インディ・リリース作。ジャズ、
ロック、ショーロ他のミクスチャー。ギター中心のサウンド。

● DMQ / Da Melhor Qualidade Ao Vivo ( CD Atracao ¥2,195 )
⇒ パゴーヂ・ユニットDMQことDa Melhor Qualidadeのライブ・アルバム。
スペシャル・ゲストにマルキーニョス (Grupo Sensacao), マルシオ(Art Popular),
リオマール(Pique Novo)、そしてドゥドゥ・ノブリ。これは盛り上がります。

● Moni Correa / Parceria ( CD TRATORE ¥2,720 )
⇒ MPB♀シンガー、デビュー作。ジャケットは美麗。内容は未知数。

● Bob Wyatt, Lupa Santiago e Marcos Paiva / Regra de tres
( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ ピアノ、ギター、ベースのトリオによる、フリー・ジャズ~現代音楽的な要素を
備えるオリジナルのインスト・アルバム。ベースのMARCOS PAIVAは、
アルシオーネのサポート他、サンバ系のアレンジにも関わることが多いが、
本作ではその翳りが微塵もない。エルメート系のインスト・ユニット「SINEQUANON」
にも参加していた、ギタリストのLUPA SANTIAGOは、そのままの毛色。やはり、
エルメート~ジスモンチ他、前衛インスト派にオススメ。

● Heloisa Helena / Heloisa Helena canta Luiz Melodia ( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ 実はベテランかもしれない、♀vo.のルイス・メロヂア作品集。
体の良いギター・サウンドが心地よい。「Perola negra」「Cara a cara」他、
メロヂアのヒット曲を、ほぼ網羅。

● Sergio Roberto de Oliveira / Sem espera
( CD Tratore ¥2,405 )
⇒ 初めて名前を聞く、フルート奏者名義のインスト・アルバム。
クラシック&ジャズの中庸。

● Pique Novo / Nos Bracos do Povo ao Vivo
( Universal CD ¥2,510 / DVD-NTSC ¥4,085)
⇒ パゴーヂ・サンバの人気ユニットとして頭角を現しているPIQUE NOVO。
エスコーラ・ヂ・サンバの名門としても知られるベイジャ・フロール・ヂ・ニロポリスの

クアドラ(サンバ・スクール施設)内でのライブ音源。

● Marianna Leporace / Marianna Leporace Canta Baden Powell
( CD Mills ¥3,000 )
⇒ セルジオ・メンデス夫人グラシーニャの妹シンガー、
マリアーナ・レポラーシがバーデン・パウエルの楽曲を取り上げた
2006年日本企画作品のブラジル盤リリース。「Cai Dentro」「Pra Que Chorar」
「Samba Da Bencao」「Berimbau」「Lapinha」「Cidade Vadia」「Tempo Feliz」
「Deixa」「Concolacao」「Apelo」他、名曲のみ収録。Philippe Baden,
Marcel Powellの子息や、吉田和雄氏も参加。

● Mzuri Sana / Opera Obliqua
( CD TRAMA ¥2,300 )
⇒ TRAMAが誇るヒップ・ホップ・ユニットの2006年セカンド作。Rappin' Hoodがゲスト。

● Marcelo Maia / Cores da rua
( CD TRATORE ¥2,510 )
⇒ セッション系ベーシスト・リーダーの名義のインスト・アルバム。FUSION風情。

● Fabio Goes / Sol no escuro
( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ ブラジル・オルタナティヴ・MPB新作。レディオ・ヘッド、モグワイ、
坂本龍一に心酔しているアーティストの模様。

● Solange Sa / Solange Sa ( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ ポップ・ミクスチャー系♀sswのデビュー作。
メゾ・ソプラノ・ヴォイスとのこと。顔はコワめ。

● Celso Ricardo de Moraes / Bossa Nova Duets
( CD Tratore ¥2,510 )
⇒ ボサ・ノヴァ系コンポーザー、ピアニスト、ヴォーカリストの2005年
デビュー作。なんと、Carlos Lyra, Os Cariocas, Leny Andrade, Toquinho,
Claudya, Sylvio Cesar, Wanda Sa, Cris Dellano e Roberto Menescal,
Durval Ferreiraといった、そうそうたる大物アーティストがゲストが参加する、
謎のインディ・リリース盤。しかも曲もすべて自作です。
熱心なボサ・ノヴァ・ファンの皆様は周知か!?

● Claudia Holanda / No meio do sol ( CD TRATORE ¥2,510 )
⇒ ペルナンブーコ出身の甘め♀MPBシンガー、デビュー作。
POP~FUNKサウンドに傾倒。

---------------------------------------------------------------
【DVD新譜】

● Daniela Mercury / Programa Roda Viva 1996
( DVD-R Cultura Marcas ¥5,714 ) ⇒ 元祖アシェー・クイーン、
ダニエラ・メルクリが11年前の96年に、TV出演した際のライブ&インタビューを
収めたDVD-R。バイーアのカルナヴァルを席捲し、当時、社会現象とまで
言われたダニエラの隆盛ぶりを知る上で貴重な映像。85分。

● Mariza / Concerto em Lisboa (DVD) ( DVD-NTSC Emi ¥4,085 )
⇒ ポルトガル・ファドの新時代を作り上げる女性vo.マリーザのリスボンでの
ライブDVD。バックのオーケストラを指揮したのが、ジャキス・モレレンバウム。

-----------------------------------------------------------------

※おまけ・・・ブラジルから以外の注目入荷はこれだ!
★マニアの間で人気の、60'S ボサ・レア・グルーヴ名盤、CD&LP再発入荷★

●Don Paulin / Me And My Papagayo
(SONORAMA CD / LP 各2,615円 )
これまでG9 グループやVERA BRASILなど、ブラジル・ボサ・ノヴァ関連の
名盤リイシューで定評のある、ドイツSONORAMAレーベル が、またやってくれました。
フィラデルフィア出身の白人フォーク系シンガー、ドン・パウリンが、ブラジル/ラテンの
カヴァーを収録し、ドイツで録音したメロウ・ボッサ・アルバム。アレンジはオルガン奏者

Ingfried Hoffmann。収録は"Blue Bossa", "Constant Rain", "Sugar
Cane","Danza",
"Suddenly""Papagayo" 他。今回のリイシューにあたり、ボーナストラックも収録。
CD化が俄かに待たれていたアイテムだけに嬉しい復刻。ドイツLIBERTY原盤。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ココまでのアイテムすべて最終ご予約承ります。
初回入荷では、1ヶ月間の予定販売枚数のみの
入荷ですので、即完売なってしまう作品も多数。

追加でオーダーも可能ですが・・・、
これは欲しい!・・・と思ったアイテムは、
今すぐご予約をオススメします!
お気軽にご相談下さい。

★既にご予約頂いているお客様に関しましては、
別途連絡申し上げます。

----------------------------------

代引き通販もいたします!
皆様のご利用お待ちしております。
(代引き手数料:315~630円 ※商品金額による)
(配送料金:本州→500円 本州以外→600円)

ラテン・ブラジル・フロア直通 tel : 0333522760
mail : ds1_4f@diskunion.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★皆さまのご来店をお待ちしております★
【diskunion新宿本館 4F ラテン/ブラジル・フロア】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラテン&ブラジル音楽専門店「ラテン・ブラジルフロア」の場所はこちら
当社WEBサイトはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
営業時間 11:00~21:00 (日祝は夜20:00まで) 年中無休です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トップへ戻る      メールでのお問い合わせ

ブログ内検索

アルバイト急募!

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet