【7/23入荷!!】 ミナス新世代シーンに多大な影響を与えたSWW、クリストフ・シルヴァの新作&旧作が同時入荷!!

   

【7/23入荷!!】 ミナス新世代シーンに多大な影響を与えたSWW、クリストフ・シルヴァの新作&旧作が同時入荷!!

【7/23入荷!】クリストフ・シルヴァの新作&旧作入荷!!


アントニオ・ロウレイロ他、ミナス新世代シーンに多大な影響を与えたシンガーソングライターの全貌!!



◆KRISTOFF SILVA / DERIVA / DIGIPACK
KRISTOFF SILVA / BRA / CD / 7/23入荷 / 2,000円(税込)

現在最も旬なシーンと言えるブラジル・ミナス新世代の先輩格であり、数々の大御所とも共演を重ねる
シンガーソングライター、クリストフ・シルヴァの2013年新作が遂に登場!!
今回、同時再入荷予定の前作『Em Pe No Porto』で確率したスタイルを更に進化させた作品で、
とりわけ電子音と生楽器によるアンサンブルにおいて実に興味深い変化をみせている。
セッションさながらにエネルギー迸る二者が衝突するような#1、かと思えば間逆のベクトルで展開される
コミカルな換骨奪胎的アンサンブルの#2。これらはシーンの最重要アーティスト、アントニオ・ロウレイロの『So』にも
参加していたペドロ・ドゥラエスの参加が重要なファクターとして一関わっている何よりの証拠であろう。
唯一のカバーとなったレジアォン・ウルバーナの「Acrilic On Canvas」を筆頭に、やや繊細だった編曲面にも
オルタネイティヴな要素が加わり、よりフィジカルに訴えかけてくるようなサウンドを作り出している。
とはいえ「歌」が中心であるのは前作と変わりない。ルイス・タチチ、マケリー・カーに加え、マウロ・アギアール、
ベルナルド・マラニャオンという気鋭の作詞家を加えた歌の世界観は、アヴァンギャルドになったサウンドと
不思議に相性がよく、気がつくとクリストフのヴォーカルに意識がフォーカスしていく。
弦楽四重奏+ヒカルド・ヘルズ(violin)をソリストに迎えオペラのように展開していく#7、
耽美的なサウンドを聴かせる#8・・・。どれもが本当に捨て曲なしで多角的魅力にあふれる一枚。

引き続きバックを務めるのはロウレイロやハファエル・マルチニ、アレシャンドリ・アンドレスといった
ミナスの気鋭の若者達だ。ラストを飾る「Devires」では海の音が微細に漂う中、
緻密なオケと数世紀を総括するような格調高い詩世界によって締めくくられる。
海と自然科学をテーマとするロシアの写真家Alexander Semenovの写真をモチーフにしたジャケットも実に象徴的。
人間の想像力を遥かに凌駕する自然の生命力ように、美しく幻想的な世界で我々の意識を拡張してくれたクリストフ。
2013年を代表する一枚として人々に記憶されることは間違いない。

◆KRISTOFF SILVA / EM PE NO PORTO
JARDIM PRODUCOES / BRA / CD / 7/23入荷!! / 2,000円(税込)

『Em Pe No Porto』は2009年にリリースされた作品。パウラ・サントーロも2012年作でカバーした冒頭の#1に、
クリストフの音楽的魅力が集約されている。深海を潜るような奥行きのある電子音と、
ハファエル・マルチニ(vib)、アントニオ・ロウレイロ(marimba/drums)らの存在感のある生演奏とを
見事に融合させる緻密な作曲能力の妙。自らプログラムを組むほどに電子音楽をはじめとする
現代音楽へも造詣が深いクリストフ。ミナス新世代と親和性を持ちつつ、
一際個性的なアイデンティティーを獲得している理由がここにある。
もう一方の魅力は歌による魅惑的な世界観だ。自らも作詞を手掛ける一方、
優れた作詞家との親密な共作関係も築いている。

サンパウロ・アヴァンギャルド・シーンを代表するグループ=フーモ(RUMO)出身の
ルイス・タチチは4曲で詞を提供。#2ではタチチと同じフーモ出身のナ・オゼッチを、
#10ではバイーア出身ながら現在最高の女性ヴォーカリストの一人として数多くの作品に参加する
ジュサラ・シルヴェイラを、そして#7ではルイス・タチチ本人がゲスト・ヴォーカルとして参加している。
アントニオ・ロウレイロとの共作でも知られるマケリー・カーも5曲に詞を提供している。
そのうちの一曲#8では、同じくロウレイロ作品にも参加するヴォーカル・アーティストの
マルセロ・プレットがゲスト参加している。楽曲によっては木管や弦楽アンサンブルも参加。
繊細な電子音と生楽器で構成されるオーケストラをバックに、どこまでも深く歌の世界観を感じ入る。
バロックの時代から最先端の電子音楽までを俯瞰しつつ作り上げられた恐るべき作品だ。


◆ご注文・ご予約・お問合せはこちらから◆

ブログ掲載の商品は全てお店から直接通販、ご郵送も可能です!!
ネットの手続きがちょっとめんどくさいな・・・とお思いの方、
お電話一本で専門スタッフが熱く対応させていただきます!!

★diskunion新宿本館ラテン/ブラジル・フロア★
tel:03-3352-2760
mail:ds1_4f@diskunion.co.jp

▼通販のご案内はこちらから!
http://blog-shinjuku-latin.diskunion.net/Entry/2744/


◆KRISTOFF SILVA / DERIVA
1. Paravrorio
2. Automotivo
3. Durantes
4. Principio Da Incerteza
5. Avida
6. Acrylic On Canvas
7. Rabiscos
8. O Adeus
9. Parceria
10. A Voz O Verso
11. Devires


◆KRISTOFF SILVA / EM PE NO PORTO
1. Mar Deserto (Kristoff Silva-Makely Ka)
2. A Chamar (Kristoff Silva-Luiz Tatit), com Na Ozzetti
3. Estacao Final (Kristoff Silva)
4. Lig (Kristoff Silva)
5. Em Pe no Porto (Kristoff Silva-Makely Ka)
6. As Silabas (Luiz Tatit) / A Letra (Kristoff Silva-Luiz Tatit)
7. O Prazer (Kristoff Silva-Luiz Tatit), com Luiz Tatit
8. O Ultimo Sol (Kristoff Silva)
9. Sao (Kristoff Silva-Makely Ka), com Marcelo Pretto
10. Alma, Riso (Kristoff Silva-Luiz Tatit), com Jussara Silveira
11. Olhos da Nau (Kristoff Silva-Makely Ka)
12. Letra de Musica (Kristoff Silva-Makely Ka)

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet