【BRASIL REISSUE】UK SOUL JAZZ 傘下のUNIVERSAL SOUND社がオリジナル・ボサ・ノヴァ・アルバムの復刻に挑むシリーズにニュー・カタログ登場!!

   

【BRASIL REISSUE】UK SOUL JAZZ 傘下のUNIVERSAL SOUND社がオリジナル・ボサ・ノヴァ・アルバムの復刻に挑むシリーズにニュー・カタログ登場!!

UK SOUL JAZZ 傘下のUNIVERSAL SOUND社がオリジナル・ボサ・ノヴァ・アルバムの復刻に挑むシリーズにニュー・カタログ登場!!CD/LPともにスペシャル・パッケージで登場!!!

 

  

UK SOUL JAZZ 傘下のUNIVERSAL SOUND社がオリジナル・ボサ・ノヴァ・アルバムの復刻に挑むシリーズにニュー・カタログ登場!!エリス・レジーナ世紀の名盤「イン・ロンドン」をスペシャル・パッケージでCD/アナログ・リイシュー!!

●ELIS REGINA  / ELIS REGINA IN LONDON / CD / ボックス・エディション・パッケージ仕様 (UK盤)
UNIVERSAL SOUND / UK / CD /  1,800円(税込)
●ELIS REGINA / ELIS REGINA IN LONDON (VYNIL) / 180g 重量盤アナログLP (UK盤)
■世界限定 1,000枚プレス■
UNIVERSAL SOUND / UK / LP /  2,200円(税込)
ジャイルス・ピーターソン監修のボサ・ノヴァ・コンパイル・シリーズで一躍世界中の注目を浴びたUK SOUL JAZZ RECORDS傘下のUNIVERSAL SOUNDによるオリジナル・ボサ・ノヴァ・アルバムのリイシュー・ワークから、あのエリス・レジーナ・イン・ロンドンが登場!!
エリス・レジーナのキャリアにおける最重要レコーディングであり、ブラジル/ボサ・ノヴァ/レアグルーヴ・ファンのコモンセンスとして輝き続ける世紀の名盤。アントニオ・アドルフォ(p)、ホベルト・メネスカル(g)、ウィルソン・ダス・ネヴィス(ds)ら強力布陣で挑む疾走ジャジー・ボサ・チューン "Corrida de Jangada", "Se Voce Pensa", "Zazueira", "Upa Neguinho", "Barquinho"...これらを耳して得られる興奮は、もはや永遠。"A Time For Love", "Watch What Happens"のスタンダード・カバーから、ジョビン・ナンバーへの情感を込めた歌いっぷりも染み渡る。1969年当時、多忙を極めたエリスが、日程の都合でわずか一日でレコーディングを敢行したという入魂の一発録りというエピソードでも知られる、すべてが完璧なブラジリアン・グルーヴ・クラシックスの最高峰ここにあり。SOUL JAZZならではのボックス仕様スペシャル・パッケージで送る渾身の復刻!!

ジャイルス・ピーターソン監修のボサ・ノヴァ・コンパイル・シリーズで一躍世界中の注目を浴びたUK SOUL JAZZ RECORDS傘下のUNIVERSAL SOUNDによるオリジナル・ボサ・ノヴァ・アルバムのリイシュー・ワークから、ジャズ・ボサノヴァの先駆者にして最高峰、タンバ・トリオの3rdアルバムが登場。

●TAMBA TRIO / TEMPO / CD / ボックス・エディション・パッケージ仕様 (UK盤)
UNIVERSAL SOUND / UK / CD / 1,800円(税込)
●TAMBA TRIO / TEMPO (VYNIL) / 180g 重量盤アナログLP (UK盤)■世界限定 1,000枚プレス■
UNIVERSAL SOUND / UK / LP / 2,200円(税込)
60年代初頭、ボサ・ノヴァ・セッションの温床と言われた夜の歓楽街「ベッコ・ダス・ガファーハス」で頭角を現したピアニスト・ルイス・エサが、エルシオ・ミリート、ベベートと組み、高尚なモダン・ジャズ・ピアノ・トリオの手法を用いてボサ・ノヴァを昇華させた。そのオリジナル・グループとして伝説的存在となるのが、このタンバ・トリオ。彼らの演奏に衝撃を受けたフォロアーにより、以降60年代半までにリオ/サンパウロに数多くのピアノ・トリオによるボサ・ノヴァが生まれ群雄割拠する時代を迎えることとなるが、まさにそのパイオニアとして、永遠に語られるのがタンバである。
1962年に鮮烈レコード・デビュー。63年には2nd「アヴァンソ」をリリース。続く64年に発表されたのが本作「テンポ」だ。前2作のスタイルを踏襲した流麗でアグレッシヴなタンバ流アンサンブルと、ヴォーカル・ユニットとしての顔も持つタンバが綴る怪しげなコーラス・ワークのアクセントで、夜のリオを疾走するようなスタイリッシュな残響が、究極のグルーヴィ・ジャズとしての要素を湛えている。レパートリーとしては、当時売り出し中の気鋭作曲家エドゥ・ロボの初期名曲"Boranda"や、バーデン・パウエルのアフロ・サンバ傑作"Berimbau"や、"Consolacao"といったジャズ・ボサ・シーンで頻繁にカバーされることとなる鉄板チューンのタンバ盤レコーディング初演がハイライト。永遠に語り継ぐべきボサ・ノヴァ・クラシックスの金字塔を、SOUL JAZZならではのボックス仕様スペシャル・パッケージで送る渾身の復刻!! 

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet