DISKUNION|店舗案内|CD・レコードの販売・買取|ラテン・ブラジル館 【アルゼンチン・ネオ・フォルクローレ注目作!!入荷】

DISKUNION|店舗案内|CD・レコードの販売・買取|ラテン・ブラジル館

当社唯一のラテン・ブラジル・レゲエ・ワールド・ミュージックの専門店です! 在庫量は中古&インポート品共に日本最大級! レコード、CDの買取にも力を入れております! ラテン・ブラジル・ワールド・レゲエのCD/DVD/RECORDの買取なら、 ディスクユニオン唯一のワールド・ミュージックの専門である当店までご依頼ください!

   

【アルゼンチン・ネオ・フォルクローレ注目作!!入荷】

アルゼンチン・ネオ・フォルクローレシーン注目作!!

■BICHOFEO TRIO / BICHOFEO TRIO
●CD  /  2012年05月16日 / 1,600円(税込)
 
ビーチョフェオ・トリオ』はエセキエル・オルティス、フアン・ペドロ・ドルセ、マチアス・"ケケス”・ロペスからなる
3人組グループ。
メンバーは元々同じ大学の音楽科でフォルクローレを共に学んでいたそう。

内容は、ナイロン弦ギターを中心に、控えめだが見事に演奏に色を加えるパーカッションやベース。
そこに3人の声が加わることにより世界が格段に広がり、
アルゼンチン音楽特有の壮大かつ緩やかな気持ちにさせてくれます。
 
ゲストには、m-2に彼らにとって師でもあるセシリア・サバラ、m-1&m-3にラ・ボンバ・デ・ティエンポをはじめ、
広く活動するパーカッションのディエゴ・サンチェス。
アカ・セカ・トリオやリリアナ・エレーロのパーカッションで知られるマリアーノ・”ティキ”・カンテイロが参加した
m-7&m-9と豪華。
 
そして、m-10では先日惜しくも若くして亡くなってしまったアルゼンチン音楽界の偉人ルイス・アルベルト・スピネッタの"Maribel se durmio"をカヴァー。
完全に涙ものです。。
 
聴きやすいアルバムですが、それだけではなくしっかり奥行き深い素晴らしい作品。
もちろんカルロス・アギーレファンにもオススメします。
 
スタッフ大推薦!!

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

twitter

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  -- DISKUNION|店舗案内|CD・レコードの販売・買取|ラテン・ブラジル館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet