アメリカ~スペインを繋ぐ名作の誕生

   

アメリカ~スペインを繋ぐ名作の誕生

久しぶりの更新!
スタッフの透です。
 
今回のオススメは最近入荷してきた新作です。

■JOSEPHINE FOSTER&THE VICTOR HERRERO BAND
●ANDA JALEO/PERLAS WINDBELL / JPN / CD
◆組数 2 / 2,625円(税込)
 
美しく繊細な陰影と色彩感に溢れた作品。柔らかで物憂い、耳元に残るその独特な声色・ヴォーカルスタイル。
フェデリコ・ガルシア・ロルカの「ドゥエンデの理論とからくり」を思い起させる、最高にディープな2010年リリースの
大傑作「アンダ・ハレオ」。より嫋やかで軽やかな、乾ききった大地にそよぐ風のような「ペルラス」はより深くスペインのフォークソングに踏み込みながらも巡り巡ってどこかアメリカのフォーク・トラディショナルとの親和感を思わせ、
様々なトラディショナルへの彼らの探求・熟知性をも伝える作風。
 
スペインの詩人・劇作家 フェデリコ・ガルシア・ロルカが採譜・編曲によるスペイン民謡集"Colleccion De Canciones Populares Españolas"。1931年にロルカ自身がピアノを弾き、アルゼンチンの舞踏家・ラ・アルヘンティニータが歌った録音が残されています。このアルバム"Anda Jaleo"はそのコレクションの中から11曲をリアレンジ、
8月のグラナダで一発録音された作品。これらの曲が歌われていたであろう場、人々の空気をも再現するかのような濃密な作風。新作"Perlas"はスペイン各地に伝わる様々なトラディショナル、ソングブックの数々からジョセフィンが
特に好きな楽曲を10曲とりあげ(1曲目は彼女の自作曲)今作もアナログテープに一発録音され、
タイムレスなトラディショナル・メロディーにあらたな息吹を与えています。(インフォより)

■Josephine Foster(ジョセフィン・フォスター)
 
アメリカ・コロラド州出身。
15歳で歌い始め、ロッキー山脈のログキャビン教会、葬儀や結婚式でも歌っていたという。
オペラ歌手になることを夢見てクラシックを学んだがシカゴ移住後自ら曲を書くようになる。
数年の間歌を教える教師として働くかたわら、Born Heller、The Children's Hourなど
シカゴの様々なバンドのライヴやレコーディングに参加。
自主制作でいくつかの作品をリリース後、2005年に1stアルバム“Hazel eyes I will lead you”をリリース。
2ndアルバム“A wolf in sheep's clothing”ではシューマン、ブラームス、シューベルトの歌曲を披露。
2009年リリースの4枚目のアルバム“Graphic as a star”は19世紀のアメリカの詩人・エミリー・ディッキンソンの詩に曲をつけた意欲作。
特定のジャンルやカテゴリーのみで語ることはできない独自の表現・活動は作品を重ねるごとに深みをましている。

→詳細

ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

NEW RELEASE















TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet