【ブラジル新品CD】4月最初のブラジル直送便はまずはこの4枚でスタート!!

   

【ブラジル新品CD】4月最初のブラジル直送便はまずはこの4枚でスタート!!

カシンの息がかかる21世紀派バランソ・ジャム!!ブラジルのポスト・モダンを担う実力派が集結したスーパー・ユニット、デビュー!】

BR5278.jpg●PARAPHERNALIA / RITMO EXPLOSIVO
PIMBA / BRA / CD / BR5278 /  2,100円(税込)

カシンの息がかかる21世紀派バランソ・ジャム。ブラジルのポスト・モダンを担う実力派セッション・ミュージシャンが集結したスーパー・ユニット、パラフェルナリアが、ついにアルバム・デビュー!!

まるでオーセンティック・スカのバンドのような編成で、サンバ・ホッキ、ジャズ・ファンキからディスコまで生楽器による陽気なインストゥルメンタル・ダンス・ミュージックを繰り広げるのがこの新プロジェクト - パラフェルナリア。

ホベルタ・サーのアルバムなどでベースを弾いているアルベルト・コンティネンティーノを筆頭に、マルコス・ヴァーリのバックで来日したこともあるヘナート・マッサ・カルモン(drs)とジョカ・ペルピニャン(conga、perc)らの骨太なリズム、ジョアン・ドナートの息子で父と同じく鍵盤奏者のドナチーニョ(ヴァネッサ・ダ・マタなど)が操るローズやクラヴィネットに日本製アナログ・シンセのヴィンテージなトーン、ワウなどを用いてソウル・マナーに則ったギターを弾くジャズ・ギタリストのベルナルド・ボジジオはシタールまで持ち込み、フェリーピ・ピナウヂ(flute)、レアンドロ・ジョアキン(tp)、マーロン・セッチ(tb、O.インペリアルのマックス・セッチとは兄弟)のホーン隊が交互に、あるいは迫力のハーモニー・アンサンブルで、とそれぞれ音楽シーンを駆け巡るミュージシャンたちが一同に会し、オリジナル・コンポーズを持ち寄り、ダンス・ミュージックの楽しさを追求しているその表情が浮かんできそうにごきげんな1枚。
(メーカー・インフォより)



WOR20226.jpg

●MARINA DE LA RIVA / IDILIO
UNIVERSAL / BRA / CD / 2,500円(税込)


キューバ人を父、ブラジル人を母に持つ大型新人♀vo.として2007年にでデビューしたマリーナ・デ・ラ・リヴァ。スタジオ・オリジナル・アルバムとしてはデビュー以来となる2012年リリース。サンパウロ、ニューヨーク、そして父の祖国であるキューバはハバナでのレコーディングでキューバのSSW、アマウリ・グティエレスのカバー曲など、そのアルバム構成でも個性を発揮。ジャジーな歌いまわしとサウンドに磨きがかかり、優雅なフェミニズムも好感。プロデュースは、前作同様、ナサォン・ズンビのPupilloらとの共同で。また彼女の才能を高く評価するトロンボーンの大家、ハウル・ヂ・ソウザのゲスト参加にも注目。




WOR20086.jpg●CEU / CARAVANA SEREIA BLOOM / US盤
SIX DEGREES / US / CD / ,400円(税込)

■ALTERNATIVE SSW♀ ■
ブラジル新世代を代表する人気女性ヴォーカリスト=セウ。そのアンニュイな歌声と可憐な容姿も人気の女性歌手、セウの第3作目は、脱ボサノヴァ~サンバを宣言するかのような冒険的試みが随所に感じられる意欲的作品。オルガンとギターが剥き出しになったトラックなど、かつてのトロピカリズモを彷彿とさせるサイケデリックなテイストを全面に出したサウンドは文句なしのカッコよさ。活動拠点となるサンパウロから抜け出し、ブラジル北東部の音楽を巡るようなロードトリップがイメージされている。

 






【ジョアン・ボスコの実娘ジュリア・ボスコのデビュー作が発表!!!】

WOR20091.jpg
●JULIA BOSCO / TEMPO
JULIA BOSCO / BRA / CD / 2,400円(税込)


少しくぐもったようにナチュラルに、柔らかく唄うそのスタイルはまさしくボサ・ノヴァ。全編を漂うR&Bやジャズのムード、ソウル・ボッサの傾向は共作とプロデュースを担うファビオ・サンタナによるもの。自身でもリオでSSWとして作品を発表するこのファビオ・サンタナとのタッグで12曲中9曲を自らのペンで手がけている。

一聴するとそのローズ・ピアノやハモンドのアレンジとブラック・ミュージックへの傾倒具合に、ブラジルの、というよりはヨーロッパの洗練されたフィルターを通過したラウンジ音楽的な傾向を感じ取る事ができる。それもそのはず、ジュリアのアイドルであるというマルコス・ヴァーリがm-2 "Curticao" に鍵盤で参加しており、英語で唄われるm-12”Angel”しかり、ブラジル音楽が海外で認知された頃の輝き、ないしはブラジル音楽の魅力に気付いた頃の思い、というようなものを思い起こさせる何かが本アルバムにはある。父ジョアン・ボスコはm-3”Na Oracao"に参加、コーラス・ワークなど歌周りの制作はソロ・シンガーとしてアルバムも発表しているセシリア・スピエールが担当。ミキシングと共同プロデュースはプリニオ・プロフェータ(ペドロ・ルイス・ア・パレーヂ、ティエー etc)。

今月もブラジル直送便、楽しみなリリースが多いです。こうご期待!!

 

 

 

 






ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet