【ブラジル新品CD】現行ブラジリアン・ジャズ・トリオの最高峰!待望の2ND!!

   

【ブラジル新品CD】現行ブラジリアン・ジャズ・トリオの最高峰!待望の2ND!!

『現行ブラジリアン・ジャズ・トリオの最注目作!!待望の2NDは最高に気持ちいいフェンダーローズが気持ちよすぎ!!』



■FABIO TORRES, PAULO PAULELLI, EDU RIBEIRO / TRIO CORRENTE VOLUME 2
BORANDA / BRA / CD / 2,400円(税込)
 
古くはジャズ・ボサ・ノヴァに端を発し、70年代にはアジムスの登場でクロスオーバー・サウンドが世界を潤したブラジルにおけるトリオ・ジャズの歴史。ワールド・クラスのサウンドを生み出したその系譜を受け継ぎつつ、高いスキルと個性的なアレンジでブラジリアン・ジャズ・トリオをさらなる高みへと誘う、今注目のユニットが、この「トリオ・コヘンテ」である。

セッション・ピアニスト/ソリストとしてシーンで注目度を上げている才人ファビオ・トーレス(p)、ヤマンドゥー・コスタのサポートでセンシティヴなドラムを披露することで知られるエドゥ・ヒベイロ(ds)、そして硬派MPBのファースト・コール・ベーシストであるパウロ・パウレッリ(b)からなるトリオで、2005年に1st アルバム「CORRENTE」をリリース。絶頂期のアジムスを想起させるエレピのメロウ・サウンドと、アコースティック・トリオ・セッションのタイトなアンサンブルの両方を見事に演じ分け、ブラジル・ジャズの新たな方向性を開拓した名作とファンの間で謳われた。1stリリース後に、ブラジル国内外でツアーを敢行。パキート・デ・リヴェラ、アンソニー・ウィルソン、ステーシー・ケントといった才人や、レイラ・ピニェイロ、アミルトン・ヂ・オランダ、レニー・アンドラーヂほか、ブラジルの実力者とも共演。そして、ついに2011年、久しぶりにトリオが集結し、待望の2nd作がリリースとなった。
 
コンテンツは、メンバーのオリジナルとMPBカバー曲を素材に、彼らの持ち味であるアコースティック&エレクトリック・セッションを完璧に使い分けた、前作以上に高いパフォーマンスが凝縮されたもの。スタートM1はバーデン・パウエルの佳曲で、繊細なメロディーをアコースティック・アンサンブルが駆け抜けるタイト・ナンバー。続くドリヴァル・カイーミの名曲もアコースティック・アレンジで、旋律の持つ奥深い魅力を、絶妙な不協和音を絡めたコード・ワークで表現。M3は、ファビオのローズが滑らかに響くエレクトリック・アンサブル。ショーロの素材をグルーヴィ・ジャムへと昇華させたサウンドは見事というほかない。同じショーロを素材としたパウリーニョ・ダ・ヴィオラ作M6は、高尚な生ピアノ・トリオが原曲の持つ味わいを、より洗練させた好テイク。
 
そしてエレピ・バージョンのハイライトはM9「AMOR ATE O FIM」。エリス・レジーナの歌唱で知られる初期ジルベルト・ジルの名曲が、弾けるローズのタッチで彩られたジャズ・サンバだ。一方で、アコースティック・バージョンでの注目トラックは、バーデン・パウエルの「DEIXA」。オリジナルの導入部分から本編へと流れるドラマティックな音像は、ジャズ・ボサ・ノヴァ・カバーの鉄板として60年代より数多くのテイクが存在するそのどれとも異なる新たな解釈/再構築の象徴。トリオの持つ類稀な資質を伺わせる名演と言わざるを得ないほどだ。

ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet