ウルグアイ「SONDOR」レーベル入荷一覧!!

   

ウルグアイ「SONDOR」レーベル入荷一覧!!

ERI3.jpgERI2.jpgERI1.jpgERI4.jpg

















ウルグアイ・サイケ、SSW、カンドンベ、更にはカント・ポプラーール、タンゴものなど「SONDOR」カタログ入荷しております!!お値段も1600円~とまとめ買いもありです。前回の「AYUI」レーベルは即売り切れ~以降未入荷が続いておりますので、お早めにどうぞ!




● VERA SIENRA, SYLVIA MEYER / 30 ANOS DE MUSICA URUGUAYA / SONDOR / CD / 1600円
ウルグアイの女性SSW、ヴェラ・シエンラ。1960年代から活動を始め、USフォークにも通ずるアシッドな作品を多くリリース。87年から活動停止するも2000年代に入り再び作品をリリースするなど、近年再注目される実力派。そんな彼女の代表作とされているのが1972年作の本作「VERA」。自らの朴訥としたギターと歌声を中心に、控えめなオーケストレーションやパーカッションを施した、ACID FOLKアルバム。不気味なまでの長閑さが醸しだす狂気はこの時代ならでは。YOUTUBE
もう一枚カップリングとして収録されているのが1983年にリリースされたSYLVIA MEYERの「PIANO LEJOS」。同じようなFOLKYなSSWアルバムであるがシンセサイザーが中空を漂う80年代特有の雰囲気。とりわけシルヴィア自らが演奏するくぐもったピアノの音色が脳内を侵食する。いずれもウルグアイの知られざる作品を収めた貴重な2IN1。南米ロックファン、ACID FOLKファンは必聴だ。

● OPUS ALFA, DIAS DE BLUES / 30 ANOS DE MUSICA URUGUAYA / SONDOR / CD / 1600円
かのSOUNDWAYからもカンドンベ音源が発掘されているカルトなマルチINST奏者/作曲家、ホルヘ・グラフ。ウーゴ・ファトルーソとの連名でSONDORからリリースされたスペーシーなアルバムも人気が高いが、本作はさらに時代を遡り、1970年代にホルヘが在籍していたことでも知られる二つのサイケ~ブルース・ロック・グループ音源を2IN1した貴重アルバム。いずれも南米音楽ファンというよりはロックやプログレ・ファンの間では有名な作品である。
OPUS ALFAは1971年に結成。翌年には解散してしまったが重たいビートと、自在に絡み合うギター、キーボード、そしてホルヘのヴァイオリンのアンサンブルは今聴いても抜群にカッコイイ。とりわけ#1で聴かせるようなジミヘン直系のサイケデリックなギターの暴走や、#2のような牧歌的なサウンドが同じアルバムに同居しているのがポイント。彼らの音楽性の高さがうかがえる。
DIAS DE BLUESはそのOPUS ALFAの後進グループ。トリオになったことでよりシンプルになった音楽性が特徴で、臨場感の増したギターが自由に暴れまくるかと思えば、巧みにドラムスが切れ込んでくる。ヘヴィーなサイケ・ブルースとして世界有数のクオリティである。

● EL SINDYKATE / 30 ANOS DE MUSICA URUGUAYA / SONDOR / CD / 1600円
60年代から70年代にかけて活躍したウルグアイのガレージ・バンド、エル・シンディケイトのRARE音源集。Miguel Livichich(G/VO)を中心に、Juan Des Crescenzio(G/VO),Oscar Rial(DRUMS/PER/VO),Santiago Poggi(ORGAN/P/PER),Carlos Tizzi(BASS)の5人が奏でる、ざくざくしたギターのストロークとメロディアスな歌声を中心にしたサウンドは、世界中に星の数ほど存在したビートルズ・フォロワー・バンドのなかでも際立つ存在。とりわけチープなオルガン・サウンドが全篇にフィーチャアした牧歌的な雰囲気がたまらない。

● LOS KILLERS,LOS MOONLIGHTS,LOS DELFINES / 30 ANOS DE MUSICA URUGUAYA / SONDOR / CD / 1600円
モンテビデオで活躍した3つのロック・バンド音源を集めた貴重コンピ。シェイカーズ、モッカーズら、いわゆるウルグアヤン・インベイジョンに続くウルグアイ・ロック第2世代として、いずれも重要バンド。サイケ、ガレージ好きはマスト!!
LOS KILLERSはMarcelo Berro(vo,g),Roberto Levy(g,kbd,vo),Julio Martinez(b,vo),Romancho Berro(ds,vo),Virginia Berro Villegas(vo),Ines Berro Villegas(vo)により結成されたグループ。"Good bye"(#5)をはじめとする名曲を多く送り出した。YOUTUBE
Sergio iriarte(g,vo),Gaston ciarlo(g,vo),Osvald iriate(bass,vo),Yamandu perez(dr)もしくはLuis abberto risso(dr)によるLOS MOONLIGHTS。いわゆるシェイカーズ・フォロワーであるが、カンドンベにリズム・チェンジする"Candombe iv"(#13)など実験的な要素もうかがえる。YOUTUBE
July(g,vo),Coyo(g,vo),Esteban(organ),Mario(bass,vo),Chocho(dr,vo)によるLOS DELFINES。"Amigos Sigue Igual"(#1)などのメロディアスかつハードなガレージを信条とする好グループである。YOUTUBE

● ALBERTO WOLF & LOS TERAPEUTAS / DE / SONDOR / CD / 1800円
1962年生まれのSSW、ALBERT WOLF。AYUIレーベルから1993年にリリースした"PRIMITIVO"に続きSONDORからリリースされた作品も入荷!2008年にリリースされた通産8枚目となる作品「De」は彼のバンドLos Terapeutasとの一枚。ブルージーなメロディ・ラインはそのままに、90年代以降のオルタナティブ・ロックからの影響を強く感じさせる重たいビートを聴かせる序盤から、マルティン・ブスカグリアによるバンジョーに加えスライド・ギターも取り入れたUSルーツ風の軽快な#3、ウルバーノ・モラエスもゲスト参加、カンドンベのビートをロック・バンド編成で再解釈した面白い試みの#4、エレクトロ~ダンス・パンク以降の要素もふんだんに盛り込んだスクエアなビートの#6など、歌詞がスペイン語でなければUK/USのバンドといってもいいほどだが、ギターの残響がいつまでも耳に残る#7など、全体的にどことなく憂いを帯びているのがウルグアイらしい。

● EDUARDO MATEO / VOLUMEN 1 / SONDOR / CD / 1,800円
ウルグアイを代表するSSW、エドゥアルド・マテオ。ガイドブック「ムジカ・ロコムンド」で取り上げられて以降、南米音楽ファンのみならずロック・ファン、SSWファンなどからも知る人ぞ知る存在として認知されてきた。
そんなエドゥアルド・マテオの代表作として数えられる「MATEO SOLO BIEN SE LAME」と「MATEO Y TRASANTE」が2IN1になったオイシイ一枚が本作である。簡素なパーカッションとギター、歌声で綴られるアシッド・フォーク「MATEO SOLO BIEN SE LAME」。以前P-VINEから国内盤もリリースされていた本作はマテオの独特な世界観溢れるメロディ、アレンジ・センスを全編で聴くことの出来る一枚。入門にも最適である。一方の「MATEO Y TRASANTE」は後にジプシー・キングスのパーカッショニストとしても活躍するホルヘ・トラサンテとの共同名義作品。名曲"UM CANTO PARA MAMA"のオリジナル・ヴァージョンはこちらに収録されている。いずれも緻密に計算された音の位相がミニマムなグルーヴを生み出しているのが特徴。是非爆音で鑑賞していただきたい。

● EDUARDO MATEO / VOLUMEN 2 / SONDOR / CD / 1,800円
本作はマテオの母国ウルグアイを代表するレーベル「SONDOR」からリリースされた編集盤。とはいえ最高傑作と名高い「CUERPO Y ALMA」がまるまる収録されているうえに、名曲「ESA TRISTEZA」の2ヴァージョン(ルベン・ラダらと結成していたエル・キント&女性歌手ディアナ・デノイールとのデュオ)など、ボーナス・トラックとして12曲が追加されている。ボーナス・トラック目当ての通なリスナーにはもちろんオススメだが、「CUERPO Y ALMA」もここのところ実質入荷がストップしているだけに、まだ未聴の方は絶対に聴いてほしい。マテオらしいほの暗い世界観のソフト・ロック~ジャズ・ロックは、未だに世界中の音楽好きを虜にする魔法の楽曲群だ。ウーゴ・ファトルーソ、マリアナ・インゴールドら参加メンバーも申し分ない。
ウルグアイのタンゴをベースにしたモンテビデオのオーケストラ。2006年作。

● RUBEN RADA / LAS MANZANAS / SONDOR / CD / 1,800円
EDUARDO MATEOと双璧をなすウルグアイの怪人SSW、RUBEN RADAの記念すべき1STアルバム(1969)!以前酷いジャケットのアルゼンチン盤が入荷したが、それすら最近は入手難に。今回はオリジナル・リリース元のSONDOR正規盤ということでJKTもオリジナル通りでの嬉しい入荷です。
ラダの作品を紹介するときに毎回紋切り型のように書く、ビートルズなどのロック・サウンドにカンドンベをはじめとする多様なブラック・ミュージックを注ぎ込んだ、という彼の音楽性はこの1STから一貫しているといえるでしょう。この時代らしいホーン・アレンジなど豪華なアレンジは施されていますが、サージェント・ペパーズ以降のサウンドをベースにしたラダ流ダンス・ミュージックがたっぷり11曲収録。ラダ本人はもちろんマテオやウーゴ・ファトルーソらが現在にかけて行ってきた様々な試みを知ると、当時のラダが持っていた実験精神がいかに先見性を持っていたかがわかります。名曲"SOLO HE DE QUEDAR" "LAS MANZANAS"を収録しているのもポイント。

● HABLAN POR LA ESPALDA / MACUMBA / SONDOR / CD / 1,800円
ウルグアイのロック・バンドHablan por la Espaldaの2009年3rdアルバム。いきなりスピード全快なドラムのビートとハーモニカによって幕を開ける#1、ジミヘンを髣髴させる音圧高めのギター・サウンドのリフレインが印象的な#2、コンガとドラム・セットのコンビネーションで作り出す独特のリズムにギターが絡む#3などなど、ハードロックやブルース、パンクをベースにしつつも、ところどころにカンドンベやアフロなリズムが自然と取り入れられている。意識的に自分達のオリジナリティーを出そうという感じではなく、自然と血がそうしてしまったかのような天然さゆえの説得力が面白い。これで歌詞が英語だったら70年代アメリカで活躍していたバンドといってもいいくらい。南米各国でも若者に人気があるのはロックやヒップホップだったりするわけだが、数多く存在するバンドの中でもこれは相当カッコイイ。

● V.A. / CANDOMBES DE COMPARSAS / SONDOR / CD / 1,800円
アフリカ大陸にルーツを持つウルグアイの黒人たちを中心に行われるカーニバル。その花形といえばやはり「カンドンベ」である。昨今ウーゴ・ファトルーソの活躍や日本の一部のDJ達の力によって知られることとなった、この中毒性の高いアフロ系リズム。本作はそんな中でも「コンパルサ」と呼ばれる仮装行列の4つのグループの演奏と歌声を収めた貴重なCDである。そういった資料性の高さはもちろん、ウルグアイ特有のエレピやシンセを導入した80年代NEW WAVE~PROGREを髣髴させるサウンドがとにかく新鮮な一枚。DOMMUNEでも紹介された#3はじめ、スピード感溢れる#2、まるでフリーソウルのようなフルートとギターが幻想的に揺らめくメロウ・カンドンベ#4・・・。今聴くに相応しいサウンドが詰まったSONDORレーベルならではの好企画盤である。

+ + + +
▼その他少数入荷品一覧!▼

● ORQUESTRA FILARMONICA / ORQUESTANGO 2 / SONDOR / CD / 1,800円
● ORQUESTRA FILARMONICA / ORQUESTANGO 3 / SONDOR / CD / 1,800円
ウルグアイのタンゴをベースにしたモンテビデオのオーケストラ。2004年と2006年作。

● EL GALLINERO / FUNK / SONDOR / CD / 1,800円
ウルグアイ産FUNKバンドによる2010作品!ピュンピュン・マシーンなどの遊び心とウルグアイらしいメロディの良さ、キレキレのグルーヴ。取り合わせの妙が面白い。

● RICARDO OLIVEIRA & ALVARO HAGOPIAN TRIO / ARISTOCRACIA ARRABAL / SONDOR / CD / 1,800円
バンドネオン、ウッドベース、ピアノによるトリオとヴォーカルによるウルグアイ産タンゴ・ジャズ作品。当意即妙なアンサンブルが美しい。

● MIGUEL VILLASBOAS / EN AUSTRALIA / SONDOR / CD / 1,800円
Donato Racciatti以降のウルグアイ・タンゴを象徴する存在、Miguel Villasboasのオリジナル作品。オーストラリアでのライブ盤。
● MIGUEL VILLASBOAS / EN JAPON / SONDOR / CD / 1,800円
日本でのライブ盤。
● MIGUEL VILLASBOAS / GRANDES EXITOS / SONDOR / CD / 1,800円
彼の軌跡をたどることのできるBEST盤。

● ALFREDO ZITARROSA / DESDE TACUAREMBO / SONDOR / CD / 1,800円
ウルグアイを代表する音楽家にして、ルベン・ラダやウーゴ・ファトルーソと並び国境を超えて認知されるフォルクローレ・シンガー/作曲家、アルフレッド・シタローサの1984年SONDOR盤。ウルグアイの心を知るならコレ。

● EDUARDO DARNAUCHANS / LAS QUEMAS / SONDOR / CD / 1,800円
ウルグアイのポピュラー・ミュージック「カント・ポプラール・ウルグアージャ」の代表的SSWによる1974年SONDORからの2NDアルバム。

● JOSE CARBAJAL / GRANDES EXITOS / SONDOR / CD / 1,800円
ウルグアイのポピュラー・ミュージック「カント・ポプラール・ウルグアージャ」の代表的SSWホセ・カルバハルのBEST盤。

● TABARE ETCHEVERRY, ALBERTO CANDEAU / CRONICA DE HOMBRES LIBRES / SONDOR / CD / 1,800円ウルグアイのポピュラー・ミュージック「カント・ポプラール・ウルグアージャ」の代表的SSWによる1972年ブエノス・アイレスLIVE。
(コメント: JazzTOKYO 江利川)









 

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet