サンパウロ一派鬼才!カルロス・カレカ、2年ぶりの新作リリースが到着。

   

サンパウロ一派鬼才!カルロス・カレカ、2年ぶりの新作リリースが到着。

● CARLOS CAREQA / ALMA BOA DE LUGAR NENHUM 
TRATORE / BRA / CD / 2,500円(税込)
アヒーゴ・バルナベー一派の確信犯にして、ブラジル・アヴァンギャルドの知られざる革命時、カルロス・カレカ、2年ぶりの新作リリースが到着。
中ジャケではミディアムほどある髪を自分でバリカンの写真→表ジャケではご覧の通り坊主!!と何がしたいのかわからなかったが、聴いて納得。サウンド・コラージュや宇宙的世界観を構築してきたこれまでの作品から打って変わって、本作ではピアノとヴォーカルという研ぎ澄まされたミニマムな音数で、彼の世界観を凝縮した内容になっている。ポイントは各曲に参加した豪華ピアニスト+ゲストがそれぞれに個性を発揮しており、それがシンプルな作風にほのかな彩を加えている点にある。まずはピアニスト達。来日公演が大変話題を呼んだアンドレー・メマーリ、マリア・ヒタのバンドでも知られるチアゴ・コスタ、繊細なピアノ・ソロ・アルバムも素晴らしかったサンパウロ一派の俊英パウロ・ブラーガ、豊富な音楽感を作品に落とし込む音楽研究家/女流ピアニスト、アナ・フリードマン・・・。彼らはいずれのリーダー・アルバムも、そのサンパウロらしいクラシカルな作風で好評の「旬」な才能ばかり。何より御大アヒーゴ・バルナベーが参加した2曲は最大の注目であろう。#3ではアヒーゴがアレンジを担当。ヴォーカルにシコ・ブアルキ、ピアノにパウロ・ブラーガを迎え、崩壊寸前のピアノと歌声のデュオを聴かせる。#8でもアレンジ、そして自ら歌声も披露と、2曲ながらきっちりと健在振りをアピールしている。先日リリースされたテレボッサ名義での新作も話題のシコ・メロ参加のラスト・トラックも面白い。
サンパウロ~アヴァンギャルド派鬼才にして、ブラジル音楽界のキーパーソンが集った注目の作品であるといえよう。


 
<SONGLIST>
1. Estou Cheio de Arte
2. Sucessao de Fracassos
3. Minha Musica
4. Alma Boa de Lugar Nenhum
5. Balada da Dependencia Sexual
6. O Rolo do Rolex
7. Simplesmente
8. Todo Cuidado e Pouco
9. Meu Pequeno Radio
10. Terno de Damas
11. Costura Pra Dentro
12. Samba do Budista

ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet