サンパウロの注目♀VO ブルベルの2NDが入荷!

   

サンパウロの注目♀VO ブルベルの2NDが入荷!

●BLUBELL / EU SOU DO TEMPO EM QUE A GENTE SE TELEFONAVA
YB MUSIC / BRA / CD / 2,300円(税込)

窓の外を眺めながら電話をするモノクロのポートレイト・・・。北欧ジャズのようなジャケットにまず惹かれるが、そこに写るのはサンパウロ生まれのブラジル人女性SSWブルベルである。2006年頃よりキャリアをスタート。その独特の雰囲気と印象に残るキュートな歌声が評判を呼び、加えてフェイラ・リブリやファンク・コモ・レ・グスタといったサンバ・ソウル系のグループに参加したことで一挙ブレイク。コマーシャルのジングルを担当したりといた幅広く活躍し、その年中に1stアルバムをリリースと驚くスピードでスター街道を進んだであった彼女。しかしその後、しばらく表舞台から姿を消していた。というのも彼女が自らの表現を形にするために最適な音楽として選んだジャズへと没頭していたからのようである。本作はそんな彼女が約5年ぶりにリリースする待望の2ndアルバムだ。

古いレコードをプレイしているかのようなノイズ交じりのサウンドが遠目から聴こえてくるイントロダクションでスタートする冒頭曲は、彼女らしさに溢れたトラック。カズーが鳴り響き、まるでニューオリンズにいるかのような心地よいスウィング。そして何よりポルトガル語の響きを活かしたブルベルのキュートな歌声にタイムスリップしたような気持ちに包まれる。ピアノ&ウッドベース&シンプルなジャズ・サウンドが疲れた心身をほぐしてくれるM2、ヴァイオリンのピチカートとユニゾンで「1,2,3,5」と歌っていく脱力系ジャズM4、ハモンド・オルガンをフィーチャアしたスロウ・テンポなM5、ウクレレとカヴァキーニョのアンサンブルによる小気味良いスウィングに思わず心躍るM7、柔らかな陽光が降り注ぐようなM11・・・。キュートな歌声で綴られる、ちょっと思わせぶりなポップ・テイストのジャズ・ヴォーカル・レパートリー。些細な音遊びやアレンジの妙も、お洒落に感じられてしまうのは彼女のキャラクターが為せる業。

マリーザ・モンチやアドリアーナ・カルカニョットを彷彿させる世界観と、マルー・マガリャイスのような天然なキュートさが同居したニュー・エレガンス。ブラジル音楽ファンのみならず、ノラ・ジョーンズなどのジャズ・ヴォーカル・ファン、更にはダブル・フェイマスやアン・サリーといったナチュラル・サウンド・ファンにもオススメしたい。

Estúdio A (YB Music)


MYSPACE

ブログ内検索

買取のご案内

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet