フランキー・モラレスが4年ぶりのニュー・リリース!!

   

フランキー・モラレスが4年ぶりのニュー・リリース!!

● FRANKIE MORALES / NO TE EQUIVOQUES...
VARGAS MUSIC PRODUCTIONS / US / CD / 1,800円(税込)

2011年N.Y.ハード・サルサ・シーンの最重要アルバムここに誕生!!ティト・プエンテ、ジミー・ボッシュ楽団等でフロントを務めた超実力派カンタンテ、フランキー・モラレスが4年ぶりに復活の狼煙をあげる渾身のニュー・リリース。
N.Y.サルサ・ファンがその復活作を長く待ち焦がれたカンタンテが、このフランキー・モラレス。ティト・プエンテやジミー・ボッシュの楽団でのトップ・ヴォーカリストとして活躍したのをはじめ、ソン・ボリクア、バッド・ストリート・ボーイズといった印象派サルサ・ユニットにもその名を連ね、多くのファンを魅了した実績を持つカリスマ・サルセーロである。同じファースト・ネームを持つソネーロス・デル・バリオのフランキー・ヴァスケスや、本作でもゲスト参加しているエルマン・オリヴェラ、そして先輩格に当たるレイ・デ・ラ・パスなどに匹敵する、本格派シンガーとしてのキャラクタラーには、長く熱い視線が注がれている。そんな旗手の復活劇がここに表された2011年新作が、この「NO TE EQUIVIQUES... 」だ。
独特の伸びやかな歌いまわしと、男臭いスピリットが貫かれたラテン的濃厚スタイルのハードなサルサ。豪快でスタイリッシュなアンサンブルが根を支えるN.Y.スタイルの完璧なサウンドは、非の打ち所がない素晴らしさだ。アレンジにはスパニッシュ・ハーレム・オーケストラの中心人物でもあるティンバレスのチノ・ヌニェスらを擁し、レイ・ヴェガ(トランペット)、エディ・モンタルヴォ(コンガ)、マキシモ・ロドリゲス(ベース)といった、N.Y.ラテンのファースト・コール・プレイヤーを要したセッションも、タイトでパッショナブル。さらに特筆は、邦人♀サルサの本格派シンガーとしてN.Y.で活躍するYOKO MIMATAの参加は、日本のサルサ・フリークには嬉しトピックであることも見逃せない。本年N.Y.サルサの最重要作品として、早くも位置づけられること必至。これをサルサ・ラヴァーは聞き逃す手は無い。
youtube

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet