DISKUNION|店舗案内|CD・レコードの販売・買取|ラテン・ブラジル館 ANDRE MEHMARI ディスコグラフィー その9

DISKUNION|店舗案内|CD・レコードの販売・買取|ラテン・ブラジル館

当社唯一のラテン・ブラジル・レゲエ・ワールド・ミュージックの専門店です! 在庫量は中古&インポート品共に日本最大級! レコード、CDの買取にも力を入れております! ラテン・ブラジル・ワールド・レゲエのCD/DVD/RECORDの買取なら、 ディスクユニオン唯一のワールド・ミュージックの専門である当店までご依頼ください!

   

ANDRE MEHMARI ディスコグラフィー その9

● ANDRE MEHMARI / LACHRIMAE
ESTUDIO MONTEVERDI / BRA / CD / 2,600円(税込)

2003年に発表されたセカンド・アルバムの再発盤。Rogério Boccato(drums)、Celio Barros(double-bass)のトリオによる#1"Eternamente"に始まり、最新のトリオ作「アフェトゥオーゾ」のメンバーでもあるSérgio Reze(drums)、Zé Alexandre Carvalho(double-bass)とのトリオによる#2ジョビンの名曲"Dindi"、Mônica Salmaso(vo)、Dimos Goudaroulis(violoncello)を迎えての神聖さすら漂う#4ミルトン・ナシメント名曲"Francisco"といったクラシカルな前半、ピアノの即興から演奏スピード感溢れるジャズへと突入するネルソン・カヴァキーニョ曲#5"Amor Perfeito"、"Eternamente"のピアノ・ソロ再演#6、Luca Raele(clarinet)の優雅な調べを中心に美しい風景を描く#8"Uma Valsa em Forma de Avore"、Mônica Salmasoを迎えて三度演奏される"Eternamente"、今にも崩れそうなリズムで力強く聴かせる#13"Segundo Tema"、ピアノ・ソロで演じるラストのピシンギーニャの古典曲"Carinhoso"・・。圧倒的なテクニックと深い造詣に裏打ちされた繊細さと力強さを兼ね備えたメーマリのピアノが奏でるこれらの楽曲達は、リリースから10年近く経った今でも、簡単にその核心をさらけ出すことをせず、いかなる言葉による表現も空疎にしてしまうし、これからも安易な意味化を拒み続けるであろう。もしも将来この作品が優秀な評論家によって正しく語られることがあるとしたら、それはある種の名盤としてアーカイブ化された時であろう。

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

twitter

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  -- DISKUNION|店舗案内|CD・レコードの販売・買取|ラテン・ブラジル館 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet