カエターノ・ヴェローゾ+クロノス・カルテット」なサウンドに、少々トン・ゼーで時にホーミーまで!

   

カエターノ・ヴェローゾ+クロノス・カルテット」なサウンドに、少々トン・ゼーで時にホーミーまで!

● TELEBOSSA / テレボッサ
RIP CURL / JPN / CD / 2,300円(税込)

これは今年の前半のなかでも話題作になるでしょう。1980年代にリリースしたミニマムのアルバムが再発され当店でも話題となったブラジル人音楽家、シコ・メロのニュー・プロジェクト!”「カエターノ・ヴェローゾ+クロノス・カルテット」なサウンドに、少々トン・ゼーで時にホーミーまで!”という触れ込み通り、いやそれ以上にマジカルなポップ・サウンドを聴かせてくれる、ベルリン在住のブラジル人SSWとドイツ人前衛チェリストによる注目のユニット、テレボッサのデビューアルバム!ブラジル音楽の弾き語りスタイルと、ドイツの伝統的室内楽の まろやかで刺激的な融合。ボッサやサンバから遠く離れた場所で奏でられる、優美かつ、 知的な実験精神とユーモアをたたえた調べ。オリジナル作品に加えて、ノエル・ホーザ、 ピシンギーニャ、ガロートなどブラジルの古の名曲を新たな解釈で収録。
-------------------------------------------------------
Telebossaバイオグラフィー:
ブラジルのクリチーバ出身、ヨーロッパで舞台音楽を中心に活動をするSSW、Chico Mello。ドイツ出身のチェリストにして前衛音楽家として活動し、Kapital Band1のメンバーでもあるニコラス・ブスマン。この2人によってベルリンで結成された新ユニットがTelebossaである。
カエターノ・ヴェローゾを思わせる、まろやかで哀愁を帯びた美声とボッサの伝統的弾き語りを基本に、時に古のサンバの歌唱法からモンゴルのホーミーまで披露する独自のスタイルをもつシコ・メロ。そしてドイツの伝統的な「Kammermusik(室内楽)」に則ったチェロと、エレクトロニクスの前衛的かつスリリングなアンサンブルを産み出すニコラス・ブスマン。2人の個性的な実力派アーティストによるこのユニットは、すでにベルリンを中心に精力的に活動をしており、本国ではStaubgoldからのリリースが決定している。
-------------------------------------------------------
youtube

ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet