<55>カルロス・アギーレを中心とするアルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレの世界

   

<55>カルロス・アギーレを中心とするアルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレの世界

 ● CAMALOTES / EL VIAJE
※ 2,940円
PUENTE CELESTEのピアニスト、LUCAS NIKOTIAN率いるフォルクロリック・ジャズ・トリオがMAレコーディングスから新譜をリリース!
以前の作品からの「夜間飛行」(エグベルト・ジスモンチに捧ぐ)、「競技会」の2曲が重複となるものの、他の8曲は全て新曲。一聴して感じるのは、やはり、繊細なトリオ・サウンドの美しい重なりでしょう。これは、タッド氏の秀逸なレコーディングによる効果が大きいのはもちろんのことながら、その繊細なシンバルの美しさといい、ECMを彷彿とさせるような透明感溢れるピアノの美しさといい、演奏自体も大変に素晴らしいのはいうまでもありません。
ピアノは、ハンブルグ・スタンウェイ・フル・コンサート・グランドピアノを使用。その音の伸びといい、ダイナミックさといい、ニュアンスの妙といい、ピアノのコンディションも最高のものと、聴く人はだれもが感じるのでは、と思います。一瞬、ヨーロッパの(特に、イタリア、スペイン~ポルトガル辺りの)トリオでは? などと思う方も多いのでは、と想像しますが、細部には、タンゴの国の哀愁も滲むサウンド(直接的なタンゴ的なメロディ、リズムなどは、一切ありません)。もっとも、南アメリカ諸国は、ヨーローッパの植民地支配により、文化的な相互影響があったわけですが、本作は特にその影響が色濃く出ているものとも言えましょう。どことなくエンリコ・ピエラヌンツィの世界にも通じる世界もあり・・・。シンバルのニュアンスはもちろんのこと、スネアを叩くブラッシの繊細さ、リムショットのコツコツという響き、ベースの弦の揺れなどもリアル。この音質の良さ、オーディオ・ファンの方にも間違いなくお薦めです。
弊社試聴サイト
myspace

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet