TAKAHASHI TETUYA 2010 BEST DISC

   

TAKAHASHI TETUYA 2010 BEST DISC

① CHICO PINHEIRO / THERE'S A STORM INSIDE
優れたソングライター、ギタリストとして既に確固たる地位を築いているシコ・ピニュイロの、本格US進出と言える渾身の充実作。盟友ファビオ・トーレス、チアゴ・コスタなど、JAZZY MPBシーン看板アーティストが集結した最高傑作。ボブ・ミンツァーのゲスト参加など、はっきり言ってどうでもいいのです!






 
② DELIA FISCHER / PRESENTE 
約10年の歳月を経てリリースされた、まさに最高傑作と言えるデリア・フィシェルの2ndアルバム。美しく気高い作曲センス、でしゃばることのないピアノフレージング、そしてどこか素人っぽいヴォーカル。その全てが最高の形で結実した10年後も記憶に残るであろう傑作です。





 
③ BRUNO MANGUEIRA / BRUNO MANGUEIRA
まずジャケットがかっこいい。フルアコを抱えてノイマンのマイクにレコーディング風景。これはズルイです。そしてトニーニョ・オルタ参加のギター少年対決がまた青春してます。他にもエドゥ・ヒベイロ、パウロ・パウレッリ、ガブリエル・グロッシ、レア・フレイレ、プロヴェータ、チアゴ・コスタなど、この参加メンバーは反則でしょう。





④ JOVINO SANTOS NETO / VEJA O SOM (SEE THE SOUND)
輝かしいキャリアを持ち、もっと評価されていい存在でありながら、どことなく「器用貧乏」感が漂うジョヴィーノ・サントス・ネトの面目躍如たる素晴らしい作品。彼が築き上げてきた人脈、音楽的キャパシティがすべてこのアルバムに集約されたと言える傑作。ジョアン・ドナートとのデュオ共演「ahie」はその象徴です。





 
⑤ JOAO DONATO / SAMBOLERO
USジャズ・シーン進出への先駆者として異彩を放った60~70年代。時にはファンク、時にはフュージョンと、一筋縄では行かないキャリアを歩んできた天才ドナートの到達点とも言える「普通」のピアノ・トリオ作品。この「普通」はただの普通じゃない!【ドナート豆知識】なにげにいつも靴下が派手!
 





⑥ ADRIANA GODOY / MARCO
ZIMBO TRIOの名ピアニスト、アヂルソン・ゴドイを父に持つアドリアーナ・ゴドイの2ndアルバム。正直言って1stアルバムの印象が薄かったのでたいして期待していませんでしたが、それは間違いでした。特に2曲目の「Abandono」は、店頭BGM演奏率が非常に高かった高速JAZZY MPBの名曲です。





 
⑦ RODRIGO MARANHAO / PASSAGEIRO
マリア・ヒタをはじめとする旬なアーティストへの楽曲提供で注目されるホドリゴ・マラニャオゥンの2ndアルバム。「Samba Pra Vadiar」・・・強引に訳すなら「何もしない時のサンバ」。アルバム後半、寄せては返す波の音とシンクロするように始まるこのゆるやかなサンバこそ、この作品を決定的に素晴らしいものにしている・・・と個人的に思い込んでます。




 
⑧ MARIO ADNET / O SAMBA VAI
一時期、売れっ子プロデューサー風情が鼻に付く時もありましたが、2006年の傑作「FROM THE HEART」辺りから、完全にかつての輝きを取り戻した感のあるマリオ・アヂネー。ジョイス、モニカ・サルマーゾ、ムイーサ&アントニア・アヂネーといった女性ゲスト・ヴォーカルをフューチャーした貫禄の一枚。「PEDRA BONITA」で彼にハマッたという人には、ど真ん中の内容です。 



 
⑨ MARCIO FARACO / UM RIO
NYやフランスで活躍するボサノヴァ~MPBアーティスト、マルシオ・ファラコの4thアルバム。ヘナート・モタやセルソ・フォンセカの二番煎じみたいな立場が定位置な彼ですが、それは間違った認識。独特なセンスで活躍するピアニスト、フィリップ・バーデン・パウエルの好サポートを受けたキャリア最高傑作。





 
⑩ EMILIO SANTIAGO / SO DANCO SAMBA
1975年のデビュー作以来、現在までトップ・アーティストとして活躍し続けるエミリオ・サンチアゴの2010作。よく取り上げられる人気名曲を、エレピやオルガンを中心としたシンプルなサウンドで綴ったなんの変哲もないはずの作品。しかし、この人が歌うとなると話は別。ヴォーカリストとしての力量をまざまざと見せつけられる快心の一枚。
 




⑪ MATEUS SARTORI / FRANCISCOS NA VOZ DE MATEUS SARTORI
マリア・ヒタ2ndアルバムでの客演により一躍トップ・ピアニストの仲間入りを果たしたチアゴ・コスタが参加するJAZZY MPBの好盤。
 
 







ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

NEW RELEASE















TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet