江利川BEST(順不同)

   

江利川BEST(順不同)

● SERGIO SANTOS / LITORAL E INTERIOR
BISCOITO FINO / BRA / CD / 2,500円(税込)
ジャケットのポートレイトが象徴するようなブラジルの広大な大地、豊かな自然を、室内楽編成で描く壮大で美しい芸術作品。アルゼンチン諸作にも通ずる一方、この雨上がりのような晴れやかさは、やはりブラジルらしい。アンドレ・メーマリ(P)他、今後もこの周辺から目が離せない。
 




● MARIO GUSSO / COMO DIBUJO DEL AGUA 
PAI / ARG / CD / 1,600円(税込)
ARGのコンテンポラリー・フォルクローレ・シーンを支えるパーカッショニスト、マリオ・グッソによる自身名義アルバム。アギーレを中心とする「あの世界観」を創造する上で、歌やギター、ピアノと並んで、マリオのような空間を構築するパーカッションは不可欠であることがよく解る。セバスティアン・マッキ(P)の参加も大きい。
 


 
● LA GRAN REUNION / CRISTAL HERIDO 
SAYARIY / PERU / CD / 2,700円(税込)
じわじわと注目が集まりつつあるペルーのクリオージョ・ミュージック。その火付け役となったのが、ブエナ・ビスタのペルー版ともいえる本作だ。カホン、ギター、歌によるペルー独特のアンサンブルを、職人技としか言いようがないベテランの味で楽しむことができる。
※PERU音楽特集もBLOGにて更新中
→ http://blog-shinjuku-latin.diskunion.net/Category/35/
 


 
● BOBBY CARCASSES / DE LA HABANA A NUEVA YORK 
VERO RECORDS / US / CD / 1,800円(税込)
アメリカン・クラーベ周辺の在NYキューバ人ミュージシャン達と作り上げたボビーの2010年作。トランペットにスキャットに、休む間もなく、とにかくパワフルなボビー。彼のエネルギーに触発されてか、バック・ミュージシャンたちも本領発揮。あらためてキューバン・ジャズの凄さを認識させられる一枚。
 



 
● MIO MATSUDA / FLOR CRIOLLA
オーマガトキ / JPN / CD / OMCA1127 / 2,800円(税込)
松田美緒、ヤヒロトモヒロ、ウーゴ・ファトルーソ。豊かな音楽性を持つ三人が、それぞれの個性を存分に発揮しつつ奇跡的に調和した南米名曲集。人々の歴史がそうであるかのように、音楽もまた混淆し、種が蒔かれ、その地の土で育まれ、花となる。国境や時空を軽々と越えたスケールの大きなアルバムだ。
 




● ORQUESTA DE MUSICA SUDAMERICANA / SAME TITLE
SUDAMERICANA / ARG / CD / 1,600円(税込)
ノラ・サルモリアが近年力を入れていた室内楽的編成によるフォルクローレ、その到達点。分厚いアンサンブルと、一筋縄ではいかないハーモニーで南米の名曲達を披露。聴き流すことを容易に許さない。比較されることも多いエルメート、ジスモンチ・カバーも良いが、自身の代表曲再演M11はとりわけ圧巻。
 



 
● HUGO FATTORUSO Y REY TAMBOR / PURO SENTIMIENTO 
BARCA DISCOS / URUGUAY / CD / 1,700円(税込)
今年最も聴いたアーティストはウーゴ・ファトルーソでした。彼が近年もっとも力を入れている彼のカンドンベ・グループ、レイ・タンボールとの3RDアルバム。ウーゴの強力なピアノとカンドンベの中毒性の高いグルーヴが密接に絡み合った、カンドンベ+ジャズの最高峰。南米音楽ファン以外からも好評だった一枚。
 



 
● ENSAMBLE GURRUFIO / SESSOES COM HAMILTON DE HOLANDA 
MICROSERVICE / BRA / CD / 2,000円(税込)
頻繁な来日で注目度が高まりつつあるベネズエラ音楽。その代表格である超絶インストゥルメンタル楽団、アンサンブル・グルフィーオと、ショーロの名手であり革新的なバンドリン・プレイヤーでもあるアミルトン・ヂ・オランダによる、まさかの共演作。一瞬たりとも気の抜けない丁々発止のセッションは理屈抜きに楽しすぎる!
 


 
● HERMETO PASCOAL & ALINE MORENA / BODAS DE LATAO
TRATORE / BRA / 3,150円(税込)
アバンギャルド文脈で語られることも多いエルメートであるが、彼の作品をまとめて聴き、またライブを見て、強く感じたのは、エルメートは途轍もなく自由に音楽を創造しているだけである、ということ。最新作においてもそれは全く同じ。本作に横溢する天真爛漫な混沌こそ、ブラジル音楽最大の特長だ。
 



 
● MOMBOJO / AMIGO DO TEMPO 
TRATORE / BRA / CD / 2,400円(税込)
青春時代をロックで過ごしたものにとって、忘れかけていた感覚を思い出させてくれるような作品。そのストレートなエネルギーはもちろん、音響派以降の影響も見られるどこか無機的な音作りもセンス抜群。この少し病的な色気は、ロックならでは。




 

ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

NEW RELEASE















TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet