オーパの貴重音源集が再入荷。

   

オーパの貴重音源集が再入荷。

● OPA / EN VIVO '87 & RARITIES 
MELOPEA / ARG / CD / 2,300円(税込)
LOS SHAKAERSが南米全土で大ヒットしながらも、自らの音楽を志向し渡米。アイルト・モレイラのバンド、フィンガーズでの活躍が認められリリースした、2枚のアルバム「GOLDEN WINGS」と「MAGIC TIME」(いずれも廃盤)がDJの間でもてはやされるなど、昔から一部の音楽ファンには有名であったオーパ。加えて近年、ウーゴが頻繁に来日していることや、本格的カンドンベ・ユニット、レイ・タンボールが2010年初めて来日したことなどもあり、まさに今大きな注目が集まっている。たしかにカンドンベを取り入れた強力なリズム、ウーゴのポップなソングライティング・センス、そしてスペーシーなキーボード使いが三位一体となった際の独特のグルーヴは唯一無二であり、今改めて再評価するべきであるといえるであろう。
前置きが長くなったが、そんなオーパが87年に再結成した際の貴重なライブ音源と、ニューヨークでのライブというレア音源を集めたものが本作である。
前者はオーパのメンバーであるHUGO FATTORUSO(KEY/VO)、OSVALDO FATTORUSO(DRUM/VO)、RINGO THIELMANN(BASS)の3人に加え、RUBEN RADA(PER/VO)、ウーゴの当時の奥さんでSONDORから素晴らしいソロ・アルバムもリリースしているブラジル人歌手MARIA DE FATIMA、そしてENRIQUE DE BONI(ストリングス・シンセ)、GARY GAZZAWAY(トランペット)の7人による演奏。オーパの代名詞でもある名曲"GROOVE"、ラダによる名曲"BOTIJA DE MI PAIS"、ヤヒロトモヒロとの超絶デュオ、DOS ORIENTALESの冒頭曲でも披露していた"LA PAPA"など、練り上げられたレパートリーを刻一刻と変化させていくウーゴの肉体的かつ変態的アレンジに、一瞬たりとも気が抜けない。
後者はニューヨークでのライブ曲が3曲。ライブ日時は不明であるが貴重な音源であることには間違いない。とりわけアイルトの代名詞であり、ウーゴに影響を受けたと思われる印象的なメロディが特徴の"TOMBO"ライブテイクには感慨深いものがある。
ファトルーソ兄弟の90年代初頭までのバイオグラフィーが掲載された英語のライナーノーツも嬉しい限り。既にウーゴ・ファンの方も、最近ウーゴを知った方にも、是非手に入れていただきたい作品である。

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet