USチャランガ・カルト・アイテム2作がカップリングでCD化!!

   

USチャランガ・カルト・アイテム2作がカップリングでCD化!!

 CHARANGA CHICAGO AND CHARANGA SOUL / SAME TITLE
ALMA LATINA / US / CD / 1,800円(税込)

ラテン上級者でもこれは驚き!?曰くつきのUSチャランガ・カルト・アイテム2作がカップリングでCD化!!本作でキーとなるのは、ヴァイオリニスト、エディ・ドレノン(EDDIE DRENNON)。オルケスタ・ノヴェル、チャランガ・アメリカ、オルケスタ・ブロードウェイという名門楽団に在籍していた名手プレイヤー/コンポーザーであるが、実は70年代には「Eddie Drennon & B.B.S. Unlimited」という70年代屈指のディスコ・ユニットを率い、ヴォーカルにはエスター・ウィリアムスが在籍していたという、ブラック・ミュージック・シーンでも名声を持つ偉人である。そして、B.B.S. Unlimited が「Collage」という名盤を75年にリリースした後、エディがチャランガとソウル&ポピュラー・サウンドの融合を試みて残された2枚のアルバムが、本CDにカップリングされているのだ。
前半1-8曲目までは、77年にリリースされた「CHARANGA CHICAGO」なるアルバム全曲。文字通り、エディ・ドレノンがシカゴ結成したマイナー・チャランガ楽団なのだが、そのレパートリーは、スティーヴィ・ワンダー(パッケージの表記が「STEVIE GONDER」になっているのはご愛嬌...)のM1,5,、バート・バカラックのM2,7、そしてお約束的な「グアンタナメーラ」に「ピーナッツ・ベンダー(エル・マニセロ)」と、そのレパートリー&ファンキーなチャランガ・アレンジが最高のコンテンツ。中でもエディのペンによるその名も「DESCARGA」、そしてインストのソン・モントゥーノというM8が実は激キラー。
後半のM9-10は、エディ・ドレノン名義の「CHARANGA SOUL」という83年のアルバムからのセレクト。オリジナルはKIM RECORDSというマイナー・レーベルからで全5曲入りだったが、
本CDでは「MICHELL」という曲がカットされた残り4曲を収録。ボブ・ジェームスのフュージョンをアップデートしたM9に始まり、ロック・レジェンドJOHN FOGERTYのチャランガ・アレンジM11、そしてラストはエディ・ドレノンの才気を詰めた10分に及ぶ入魂チャランガ・セッションという、こちらも一筋縄でいかないレパートリー。
そこまで古くは無いのだが、コレクターの間では絶妙なカバー・トラックと、その中庸っぷりが人気を博す逸品、かつプレス枚数が少なく、しかもディスコ・シーンで名のあるヴァイオリニスト・エディが率いていたという激レア盤として珍重される2作のカップリング。これは、ラテン、そしてソウル系リスナー双方に、様々な角度から愉しんで頂きたい。

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet