ジスモンチにも通じる鬼才が残した90年代の埋もれた傑作2タイトルが入荷!

   

ジスモンチにも通じる鬼才が残した90年代の埋もれた傑作2タイトルが入荷!

10/7(木)入荷!
リカルド・カペジャーノ:フリージャズにも通ずる即興性と実験性、そして音空間構築に対するセンスは、まさに早過ぎたアルゼンチン音響派。ECM系やE. ジスモンチにも通じる鬼才が残した90年代の埋もれた傑作。

● RICARDO CAPELLANO / EN MUNDO CERO
MELOPEA / ARG / CD / 1,500円(税込)

「En Mundo Cero」は1994年作品。Ricardo(g)以下、Jose VIllalonga(p/vo/per)、Roberto Fonseca(g/per)、Leo Viola(cello)という気心の知れた少数精鋭で録音された静かなる作品集である。なんといってもRicardoのギターとJoseによるカリンバやタンボールが不思議な空間を構築していく20分超の大作M1が注目曲。森羅万象を描くかのような起伏に富んだ二人のアンサンブルは、クールでありながら鬼気迫るものを感じる。チェロとピアノが哀愁のメロディを奏でていくM3、冷たい狂気を孕みながら激しさを増していくプログレッシブなM4で燃え盛り、短いチェロ独演で静かに終演する流れも非常に素晴らしい。心の機微を捉えるかのような繊細さを、アルバムを通して描いた完成された作品である。

● RICARDO CAPELLANO / CARTAS AL ESPECTRO
※ 1,500円(税込)

「Cartas al espectro」は1995年作品。自らのクラシック・ギターを中心に、カリンバ、コントラバス、ヴォーカルが加わるM1から心を奪われる。抽象画のごとく曖昧な輪郭が凝固したかと思えばまた溶解し、それを繰り返す。即興性に富んだアンサンブルが、何か大切なメッセージを伝えようと切実さを伴いながら次第に熱を帯びていく様には感動を押さえきれない。続くM2ではすっかりお馴染みとなったPuente Celesteのマルチ管楽器奏者、Marcelo Moguilevskyによるソプラノ・サックス独演へ。ポエムを挟んでからのM4では一転、ギター・アンサンブルから静寂を切り開くように静かに飛翔するプログレッシヴなトラックでまた聴き手を熱くさせる。その後もギターやコントラバス、チェロやフルートといったアコースティックな楽器を駆使しながら、まるで優れた映画を見ているかのような美しい風景を描き続けるリカルドの楽曲群。彼の世界観が結実した代表作と言える。

MYSPACE

ブログ内検索

アルバイト急募!

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet