WOMEXアーティスト・アワード受賞!ダニエル・ワロの2010年作!!

   

WOMEXアーティスト・アワード受賞!ダニエル・ワロの2010年作!!

● DANYEL WARO / AOU AMWIN
L'AUTRE / FRA / CD / 組数 2 / 1,800円(税込)

レユニオン島の伝統音楽「マロヤ」の第一人者、ダニエル・ワロ(1955年生まれ)が、2010年度のWOMEXアーティスト・アワードを受賞することになり、10月末コペンハーゲンで開かれるWOMEXで、彼のコンサートおよびマロヤ関連のイヴェントが催されることが決定した。昨年はこのアワードをスタッフ・ベンダ・ビリリが受賞しており、そこから今日の世界的成功に繋がったので、このダニエル・ワロも同じ道を辿る可能性があろう。フランス人がこの賞をもらうのは初めてのことで、さらにインド洋上の小さな島のクレオール音楽が、世界的な注目を集める画期的なニュースといえる。
ダニエル・ワロはミュージシャンであると同時に詩人であり、また若くから共産党闘士としてフランスの同島の統治に反対し、自治独立を訴えてきた。マロヤは奴隷制時代の哀歌などが伝えられていたため、自ずと反植民地主義的なカラーがあり、フランス中央政府は長い間これを「半禁止」の状態にしてた。曰く島の未開時代の恥ずべき低級音楽のような扱いを人々に強いていたのだ。それをダニエルが再発掘する形で、マロヤをレユニオン人民のアイデンティティーの象徴として、また反植民地主義の文化的な抵抗手段として広めていった。また75年には徴兵を忌避して2年間の監獄生活を経験しており、その監獄の中でダニエルは初めてクレオール語で詩を書き、詩人となった。手作りで楽器を作り、バンドを組み、マロヤ・リバイヴァルの旗手として、また抵抗運動の闘士として、ダニエルは早くからカリスマ的人気を集めていくこととなる。
この最新アルバムは2010年2月録音で、ダニエルが子供時代を過ごしたトルワマールの古家を、にわかスタジオに改造してレユニオン島の古家に住み着いたスピリチュアリティーが音になって聞こえてきそうな自然体のセッション。ゲストとして来日もしたコルシカ島の男声ポリフォニー・コーラス団「ア・フィレッタ」、そして南アフリカのグループ「トゥミ&ザ・ヴォリューム」のリーダー、トゥミがダニエルの代表曲のひとつ「マンデラ」にヴォーカル参加している。アルバム・タイトル「アウー・アムウィン」は「私からあなたへ」という意味で、文字通りダニエルが多くの人たちに伝えたいことが集積したような密度の濃いアルバムだ。 CD2枚組/112 分。

ブログ内検索

アルバイト急募!

買取のご案内

プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet