裏マテオ的存在のSSW、ピッポ・スペラ幻の一枚が再発!

   

裏マテオ的存在のSSW、ピッポ・スペラ幻の一枚が再発!

待ってました!入荷しました!
● PIPPO SPERA / A BUEN PUERTO
2,000円(税込)
 エドゥアルド・マテオに続くウルグアイSSWの才能として活躍する、PIPPO SPERAの1977年1st アルバム(ウルグアイSONDOR原盤)。単独アルバムとしては世界初CD化。ボーナス・トラックとして1970年リリースのEP音源をラスト2曲に収録。ボサ・ノヴァ、カンドンベをソースにアレンジされたサウンドは、アルゼンチン・フォークやミナスに通じる風情を持つ。知られざる至高の傑作。
知る人ぞ知る存在にしてウルグアイきってのシンガーソングライター、ピッポ・スペラ。クラシック・ギターを学ぶも軍事政権弾圧による学校閉鎖でその道を諦め、シンガーソングライターとしての活動をスタート。エドゥアルド・マテオら多くのミュージシャン達と交流を深め、数多くのアルバムに参加。エドゥアルド・マテオやルベーン・ラダらが結成していた伝説的グループ、EL KINTO「CIRCA 1968」のラスト・トラック"PIPPO"の作曲家として、またファットルーソ兄弟が結成していたグループBARCAROLAや、MARIA DE FATIMAの名作「BAHIA COM "H"」でのvo/gとして、ウルグアイ音楽シーンの重要作品に数多く登場する、素晴らしいシンガーソングライターの一人である。ミルトン・ナシメントのコミュニティ「クルビ・ダ・エスキーナ」とも関わりの深いアーティストと言われている。
そんなピッポが、そのミュージシャンとしての才能を如何なく発揮していた1975/76年に、パーカッションのホルヘ・トラサンテ、ドラムのロベルト・ガジェッティ(TOTEMのオリジナル・メンバーでもある)ほか、ウルグアイの一流ミュージシャン達と作り上げた幻の1stアルバム「A BUEN PUERTO(SONDOR原盤)」が奇跡の再発!ブラジルのミナス一派やアルゼンチン・ロックと通じつつ、特異な音像を放つウルグアイの音楽。本作も、よりダウナーな内省的世界観が全編を支配しているアシッド・フォーク的な内容である。とりわけ注目なのが何かと比較されるエドゥアルド・マテオによるM2カバー。聖歌を思わせる崇高なイントロダクションから、アシッドな弾き語りへと展開。内省的でありながらどこか陽光のような煌きがまぶしい奇跡的なパフォーマンスといえよう。
更に非常に入手困難な1971年のEP音源をボーナス・トラックとして収録している点も今回の目玉の一つである。
MYSPACE

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet