モノ・フォンタナも参加した女性SSWの2NDが入荷!

   

モノ・フォンタナも参加した女性SSWの2NDが入荷!

● PAOLA GAMBERALE / HADO
PAI / ARG / CD / 1,600円(税込)

http://diskunion.net/latin/ct/detail/LT12544
これは素晴らしい!広大な大地を思わせるフォルクロリックな音風景+フロレンシア・ルイス、ロリ・モリーナを思わせる歌声・・・。才気溢れる女性シンガーソングライター、PAOLA GAMBERALEがトリオでのセカンド・アルバム「HADO」を発表。ゲストでMONO FONTANAも参加。
ブエノス・アイレス出身のSSW、PAOLA GAMBERALE。木、鳥、山、海といった自然と戯れた幼年期にその優れた感性を型作り、自然と音楽活動へと傾倒。1999年に今のトリオを結成した彼女は2003年に1ST「Pulso en sed」を発表。ここ日本でも一部のリスナーに届くなど、静かながら確かな痕跡をシーンに残す傑作となった。そんな前作から7年ぶりに発表された待望の2NDアルバムが本作「HADA」(録音は2008年)。トリオのメンバーも変更し、よりフォルクロリックな色合いを増した傑作である。
パオラのギターと歌声で幕を開けるM1からいきなり心を奪われる。清流のような透明さと青空に浮かぶ雲のような軽やかさに満ちたパオラの歌声は、まるでフォークトロニカの作品を聴いているかのような気持ちになる。シンセやチェロ、SEなど、音のかけらが幻のように消えては浮かぶM3ではコントラバスなどによるクラシカルなアレンジとあいまって不思議な世界観を披露。フォルクロリックなジャズ・リズムがスリリングに展開するM4とあわせ、アルゼンチン音響派の作品を思わせるような曲もさらっとこなしてしまうのだから、彼女の才能は底が知れない。ラテン・ピアノが挿入されるなどフォルクロリックなリズムに興味深いアレンジを施すお茶目なM6 、コントラバスにヴァイオリンというクラシカルなバッキングでしっかり歌ってみせるM7なども聴き逃せない。
その歌声と南米らしい憂いを帯びたメロディ・センスで興隆極めるアルゼンチンのインデペンデントSSWシーンの中でもとりわけ輝きを放つパオラ・ガンベラーレ。普段アルゼンチン音楽を聴かないような方にもオススメしたい素晴らしい逸品である。
MYSPACE

ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet