遂に難攻不落の一枚が、、、リイシュー!!!VITOR ASSIS BRASIL / DESENHOS

   

遂に難攻不落の一枚が、、、リイシュー!!!VITOR ASSIS BRASIL / DESENHOS

ブラジル・ジャズ界のアルト・サキソフォンニスト、ヴィトル・アシス・ブラジルが残した、世紀の傑作!
このアルバムのCD化を世界中のジャズ&ボサノヴァ・ファンがどれだけ待ち焦がれていたことか!!
名士
テノーリオ・ジュニオールエヂソン・ロボそしてシコ・バテーラという、若くして完璧な
1ホーン・カルテットが織り成す創造を絶する美と興奮のジャズ・ボサノヴァ最高峰!



●ヴィトル・アシス・ブラジル / デゼーニョス VITOR ASSIS BRASIL / DESENHOS
(セレスト CD 2,520円 6/16発売) 強力ご予約受付中!

ブラジル・ジャズの至宝ヴィトル・アシス・ブラジルの最もCD化が待たれていた66年作が
最高の音質で遂に登場。当時若干21歳の天才アルトの台頭に人々は驚きと共に本作を
"the first great Jazz LP recorded in Brazill"と讃えたという。

ブラジル産の60年代ジャズ・ボサ系アルバムとしては、JTメイレリスの「O SOM」などと
並ぶレア度と完璧な内容を誇る珠玉の1枚としてコレクターの間でも語られた逸品である。

冒頭の「Naquela Base」はニコラ・コンテも自身のremixでサンプリングしたクラブジャズ
クラシックス。疾走するピアノ、重厚なアルト、闇を鋭く切り裂くようなドラムがスリリングに
迫る。リムショットが軽快なジャズサンバ「Minha Saudade」、ピアノの高らかな響きが
琴線に触れる優雅なワルツ「Eugenie」「Amor de Nada」ではテノーリオのソロも聴ける。

ベースとの対話が内省的な「Dueto」「Desenhos」。カンヴァスに感情がほとばしる。
そして、本作を特別な名盤足らしめる決定打となるのが至高のバラード陣
「Devaneio」「Feitico da Vila」「Primavera」だ。いずれも甲乙つけがたい名演で、
フレージング、息継ぎの一つ一つが素晴らしい。光の筋が現れるような美しさで切なく
深く胸をつらぬく奇跡のアルトにひたすら酔い痴れたい。

この後のバークリー留学を前にしても卓抜したヴィトルのアルトは既にコルトレーンの
神秘性を湛え、伝説の始まりを示唆している。

Musician
Vitor Assis Brasil : Sax-Alto
Tenorio Junior : Piano
Edison Lobo : Baixo
Chico "Batera : Bateria

Originally released as FORMA FM-17 in 1966.

ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet