BRASIL直輸入情報★

   
カテゴリー「 BRASIL直輸入情報★」の記事一覧

【BRASIL / MPB】前作が年間ベストだったダニロ・カイミ、早くも新作登場!


前作が年間ベストだったダニロ・カイミ、


早くも待望の新作登場!


シンプルかつ深淵なるトム・ジョビン曲集!



DANILO CAYMMI ダニロ・カイーミ

CANTA TOM JOBIM

CD(4) 2,160円(税込)


シンプルにして深遠。ダニーロ・カイミの新作はジョビン曲集。


2017年はジョビン生誕90周年ということで様々な企画がすでに発表されているが、ジョビンの晩年バンド「バンダ・ノヴァ」の一員としてジェントルなヴォーカル、そして『カイミ・ヴィジタ・トン』などで流麗なフルートを聴かせてくれたダニーロが、あらためてジョビンを取り上げるというのは実に感慨深い企画。気になる編成は自身のヴォーカル/フルート、そしてヴィオラォン/アレンジのFlavio Mendesを基本にチェロのHugo pilgerが加わる実にミニマムな世界。晩年のジョビン・サウンドをさらに削ぎ落として言ったかのような、シンプルでありながら深遠な宇宙が広がる世界は、ジョビンの音楽、そして意志を知るものだからこそ到達できるモノなのかもしれない。ジルベルト・ジル『ジルベルトス・サンバ』、ヘナート・ブラス&ナイロール・プロヴェッタ&エドソン・アルヴェス『シレンシオ』と並べて聴きたい、近年まれに見るボサノヴァの逸品としてリコメンド。#4ではステイシー・ケントもゲスト参加。

【MPB】ジャジーかつ透明感溢れる、素晴らしき歌!

ジャジーかつ透明感溢れる、素晴らしき歌!

新世代サンパウロSSW、グスタヴォ・スピノーラの1STアルバム!


GUSTAVO SPINOLA / MARES, RIOS

GUSTAVO SPINOLA

MARES, RIOS

CD(4) 1,944円(税込)

ノーヴォス・コンポジトーレス注目の新人!サンパウロのS.S.W.、グスタヴォ・スピノーラの1STアルバム。イヴァン・リンスとの共作でも知られるハファエル・アルテリオ、そしてその息子であるペドロ・アルテリオが所属するシンコ・ア・セコの系譜を継ぐ才能、グスタヴォ・スピノーラ。クリアトーンのエレキ・ギターにアコースティック・ピアノ、コントラバス、ドラムスというジャジーなバンド・サウンドと、正統派ともいえるグスタヴォのソングライティングの才覚が冴え渡る傑作。#3はホドリゴ・アマランチのカバー。海や川をモチーフにしたアートワークも素晴らしい。








【BRASIL / JAZZ】再入荷!ローレンソ・ヘベッチスを超えるブラジル新世代ジャズの美しき傑作!


ローレンソ・ヘベッチスを超える

ブラジル新世代ジャズの美しき傑作!

まるでエヴァンス「Peace Piece」へのブラジルからの返答のような

M4「RUTE E SUA GRANDEZA-」が素晴らしい!

LEANDRO CABRAL TRIO / レアンドロ・カブラル・トリオ / ALFA

LEANDRO CABRAL TRIO レアンドロ・カブラル・トリオ


ALFA

CD(4) 2,916円(税込)

サンパウロを代表するジャズ系ピアニスト、レアンドロ・カブラル率いるピアノ・トリオ傑作。実の弟でありロウレンソ・ヘベッチスやハシッヂらの作品でドラムをたたくヴィトール・カブラル、そしてダニ・グルジェル・カルテットほかサンパウロでもっとも忙しいベーシストとして名を馳せるシヂエル・ヴィエイラという名手を従え、ブラジル音楽の魅力であるメロディにフォーカスをあてるようなシンプルイズベストなアレンジで綴る全10曲。#5ではヴァネッサ・モレーノ、カッシオ・フェヘイラがゲスト参加。

▼ホールで撮られたこの映像がなんといっても美しい。アタバキをまじえた、独特のドラムセットも面白いですね。ヴィトールと親交のあるレチエレス・レイチが、裏ジャケットに推薦コメントを寄せていますが、その影響でしょうか。

【2作連続リリース】入荷!新世代ミナス周辺の最重要アーティスト、ジョアナ・ケイロス最新作!!


ジョアナ・ケイロス新譜連続リリース!


まずはこちらから入荷しました!




JOANA QUEIROZ
BOA NOITE PRA FALAR COM O MAR


ショーロをそのルーツに持ちながら、エルメート・パスコアールやイチベレ・ツヴァルギのグループに長年参加し独自の音楽観を確立。リオ出身ながら近年はミナスを拠点に活動しアントニオ・ロウレイロほか様々な新世代ミナス派の作品に参加すると同時に、クアルタベー、グルーポ・インヴェントスといった複数のグループも同時に主宰するなど、今やブラジルでもっとも目の離せないクラリネット奏者として八面六臂の活躍を続けるジョアナ・ケイロス。ベルナルド・ハモス、ハファエル・マルチニと録音された日本でのみリリースされた2016年作品『ジェスト』も大変な話題となったが、その『ジェスト』と平行して進められていたのが、この『BOA NOITE PRA FALAR COM O MAR』のリリースである。大ヒットした『UMA MANEIRA DE DIZER』に続き2枚目となる自身名義作である本作は、2015年の10月に録音、様々な準備を経て本年2016年の12月にリリースされたばかり。自らのヴォイス/クラリネットを中心に『ジェスト』でレコーディングをおこなったハファエル・マルチニ(p)、ベルナルド・ハモス(g)をはじめ、前作にも参加していたブルーノ・アギアール(double-bass)、そしてミナスの若手no.1ドラマーであるフェリピ・コンチネンチーノ(dr)といった最高の面子をむかえ、ショーロともジャズともカテゴライズできない現代的なインストゥルメンタルからヴォイスを巧みに操る歌心あふれるアンサンブルまで、ジョアナ・ケイロスの今がたっぷりと詰まった内容となっている。
レベッカ・マーティン、ベッカ・スティーブンス、グレッチェン・パーラトの3人によるティレリーや、今年来日して話題を呼んだカミラ・メサ、そのルーツであるカート・ローゼンウィンケルなど、「ヴォイス」がひとつのキーワードとなりつつある昨今、本作がブラジルという枠組みを越えて聴かれるべき非常に重要な作品となることは間違いないだろう。









入荷!驚異的なスピードで売れています!

▼手作りのジャケットも秀逸






JOANA QUEIROZ
DIARIO DE VENTO


2016年末にリリースされた『BOA NOITE PRA FALAR COM O MAR』が大きな反響を呼んでいるミナス派の女性クラリネット奏者ジョアナ・ケイロスの新作が早くも登場。『BOA NOITE PRA FALAR COM O MAR』では、自身のバンドを率い最新形ブラジリアン・ジャズを披露したが、本作はクラリネット・プレーヤーとしての可能性、そしてエルメート門下生としての素質を存分に感じさせる作品。日常の生活音や子供の喋り声などに自身のクラリネットを加え調和させていく様は、音楽と非音楽、演奏者と聴者という境目が徐々に融解し、一体化していくような不思議な魅力がある。




【BRASIL / JAZZ】USサニーサイド・レーベルから ラテン/ブラジル/ワールドジャズの新作が到着!!!

先日ヴィトール・ゴンサルヴェスをリリースした

話題のUSサニーサイド・レーベルから

ラテン/ブラジル/ワールドジャズの新作が到着!!!

SARA SERPA & ANDRE MATOS / サラ・セルパ & アンドレ・マトス / ALL THE DREAMS

SARA SERPA & ANDRE MATOS サラ・セルパ & アンドレ・マトス


ALL THE DREAMS

CD(4) 2,376円(税込)

ポルトガルの女性シンガー、サラ・セルパがギタリストのアンドレ・マトスとのデュオでリリースする2016年新作。ヴォイスを楽器のように操るその様はティレリーやカミラ・メザといったジャズ・フィールドでとりわけ話題となった作品に連なるもの。近年のクワイエット・ミュージック・ファンに推薦の一枚だ。


 


VICTOR PROVOST / ビクトール・プロボスト / BRIGHT EYES

VICTOR PROVOST ビクトール・プロボスト


BRIGHT EYES

CD(4) 2,268円(税込)

これはヒットの予感! スティール・パン奏者によるスリリングなジャズ・アルバム!!


KAY LYRA / ケイ・リラ / JUST A SILLY GAME

KAY LYRA ケイ・リラ


JUST A SILLY GAME

CD(4) 2,376円(税込)

カルロス・リラの娘としても知られる女性シンガー、ケイ・リラの新作はUSサニーサイドから。


 











【BRASIL / JAZZ】中南米ジャズ最前線!エルメート、ジスモンチを 彷彿とさせる桃源郷のジャズ!

中南米ジャズ最前線!エルメート、ジスモンチを

彷彿とさせる桃源郷のジャズ!



SANTIAGO BEIS / サンティアゴ・ベイス / Univer-som / ウニベル・ソン


SANTIAGO BEIS サンティアゴ・ベイス


Univer-som / ウニベル・ソン

CD(4) 2,484円(税込)

あらゆる時間と記憶が交錯し混ざり合うような、非現実的かつ不思議にノスタルジックな音世界が素晴らしい!
ジスモンチ~パスコアールを想起させ、ジャズ/クラシックの豊かな素養を持ち、汎南米的な音楽世界を追求するメマーリやアギーレ等とも共鳴する世界観。
さらに内省的な深みとパーソナルな響きが心を揺さぶる、美しくもスリリングな驚愕のアルバム!

ウルグアイ出身、ブラジルのクリチーバ在住の若きピアニスト/作編曲家サンティアゴ・ベイスが、2009年から7年間に渡って南米諸国を旅し、現地の音楽家と録音し続けた15曲を収めたアルバム。

ピアノ、アコーディオン、シンセ、ギター、フルート、ビブラフォンなどを自ら演奏し、南米各地のシンガーや伝統楽器の演奏者を起用して吹き込まれた作品の数々は、例えば70年代のジスモンチの諸作を思わせる、場所と時間の感覚が麻痺するような、非現実的な美しさを帯びています。それぞれの曲のテーマにあるのは、旅の途中で出会い別れてきた人々への愛情、遠く離れた場所へのサウダーヂ、さまざまな旅の記憶…。このスリリングな傑作は、彼の「内的な世界の音」でもあります。 

Santiago Beis “univer-som”
Ana Carmela Ramirez: Voice on 4,8,14
Mariana Carrizo: Voice, Percussion on 5
Matias Gatto Lopez: Sax, Flute and Voice on 4,8
Isaac Coronado: Cuatro Venezolano on 8
Gabriel Castro: Tenor Sax on 13
Ladson Souza: Pandeiro on 4


【BRASIL / JAZZ】リオのジャズ・シーンを代表するミュージシャンにより結成されたキンテート、バンブーの2014年作品が入荷!

BAMBOO QUINTETO / バンブー・キンテート / ABERTURA

BAMBOO QUINTETO バンブー・キンテート


ABERTURA

CD(4) 2,700円(税込)

リオのジャズ・シーンを代表するミュージシャンにより結成されたキンテート、バンブーの2014年作品。先日USサニーサイドから新譜をリリースしたばかりのヴィトール・ゴンサルヴェス(ピアノ)をはじめ、ジョアナ・ケイロス、ハファエル・マルチニとの『ジェスト』でも印象的なエレキ・ギターを聴かせていたベルナルド・ハモス、ジョアナ・ケイロス諸作でもお馴染みのブルーノ・アギラール(ベース)、ヂ・ステファーノから若手までと共演するサキソフォニストのジョズエ・ロペス、そしてリオのミュージシャンズ・サークルの中心として八面六臂の活躍を続けるアレックス・ブッキ(ドラム)による5人組のバンブー。2010年に『BAMBOO』をリリースし、リオのジャズ・シーンの新たな息吹を感じさせたが、本作は4年ぶりとなる2014年の2NDアルバムである。

即興的なイントロから緊張感のあるコードでエレキとサックスが暴れる#1や、一転繊細なタッチで描かれる水彩画のような#2、アンビバレントな序盤から徐々に熱を高めていく#4などなど、曲ごとにそれぞれのメンバーが発揮された全8曲。アカデミックかつエモーショナル。ブラジリアン・ジャズの様々な側面が垣間見える、注目の一枚だ。

※ヴィトールがNYに拠点を移したこともあり、近年活動頻度は低くなっているものの2017年2月にはサンパウロで行われるジャズ・フェスティバル「JAZZ B」に、アンドレ・メマーリ・トリオやジョアナ・ケイロス・キンテートらとともに出演とのこと。

▼BAMBOO QUINTETO
ALEX BUCK(DRUMS)
BERNARDO RAMOS(ELE-GUITAR)
BRUNO AGUILAR(ACOUSTIC BASS)
JOSUE LOPEZ(TENOR SAX)
VITOR GONCALVES(PIANO)

【BRASIL / SAMBA】 現代ブラジルを代表する女性サンバ歌手マルチナリアの11枚目の新作!

待ってました!

現代ブラジルを代表する女性サンバ歌手

マルチナリアの11枚目の新作!




MART'NALIA マルチナリア


MISTURADO

CD(4) 2,052円(税込)

いまや現代サンバを代表する存在にまで成長したマルチナリア。新作のタイトルは『混淆』。充実極めるマルチナリアの創作意欲が、サンバだけでなく様々なブラジル音楽、さらにはソウルやジャズの分野へまで侵食していく様は、1970年代のサンバ・リヴァイバル期のような勢いすら感じさせる。ゲストに父マルチーニョ、北東部を代表するSSWジェラルド・アゼヴェド、そしてロクア・カンザまでが参加。

【BRASIL / MPB】華麗なる変容を遂げた最新アルバム!

華麗なる変容を遂げた最新アルバム!

JULIANA KEHL / ジュリアナ・ケール / LUA FULL

JULIANA KEHL ジュリアナ・ケール


LUA FULL

CD(4) 2,376円(税込)

スヴァミJR.らを従えたジャジーなMPBでデビューしたジュリアーナ・ケールの久々となる新作は、グスターヴォ・ルイス、ルイス・シャーガスというトゥーリッパ・ファミリーのプロデュース。そのトゥーリッパ諸作を連想させる骨太で洗練されたバンド・サウンドをベースに、曲によってはホーン隊なども交えた充実のサポート。ロックからブギー、ファンクまでを気だるいヴォーカルで綴っていく内容は、現代MPBファンにはたまらない内容だ。レパートリーも興味深く、セレーナ・アスンソン、レオ・カヴァルカンチ、マルセロ・ジェネシといった面々に加え、自身のオリジナル、若い作家も曲を提供。現代の若手ミュージシャンズ・サークルも垣間見ることができる。ゲストでチアゴ・ペチッチ、ゼー・ピも参加。






【MPB】再入荷!2017年最初のビッグ・タイトルはこれだ!フェルナンダ・ゴンザーガのデビュー作は父ゴンザギーニャの名曲をカバーした注目作品。

2017年最初のビッグ・タイトルはこれだ!

フェルナンダ・ゴンザーガのデビュー作は父ゴンザギーニャの名曲を

ジョアナ・ケイロス、ハファエル・マルチニらとともカバーした注目作品。




FERNANDA GONZAGA フェルナンダ・ゴンザーガ

TODA PESSOA PODE SER INVENCAO

CD(4) 2,592円(税込)

ゴンザギーニャの娘、"ナナン"ことフェルナンダ・ゴンザーガのデビュー作は父ゴンザギーニャの作品を歌った作品。ミルトンやイヴァン・リンスに比べ日本での知名度は劣るものの、彼らと並びMPB黄金期を支えた"モレッキ"ことゴンザギーニャの楽曲は、ブラジルではすでに古典とされており、2016年末にもトリビュートCD/DVDがリリースされたばかり。本作も2016年にレコーディングされており、フィジカルでのリリースが待ち望まれていた一枚である。そんな記念すべき作品を祝うかのように、ジョアナ・ケイロスやハファエル・マルチニ、ブルーノ・アギアールといった今最も注目を集めるミナス派、さらにはアレックス・ブッキ、セルジオ・クラコウスキといった先鋭的なミュージシャンまで、最高峰のメンバーが参加。思い返せば父ゴンザギーニャもアルトゥール・ヴェロカイやジルソン・ペランツェッタといった巨匠達とともに先鋭的なサウンドを試行錯誤し、いまではジャズロックやサイケ方面からも高く評価されるている。いま最も注目されるミュージシャン達の個性と試行錯誤がみてとれる各楽曲のアレンジには、そんな父の探求精神が息づいているように思える。ゲストにはモスカ、ベッチ・ダウ、そしてゴンザギーニャと同時代を生き抜いたイヴァン・リンスの参加がなによりも嬉しいトピック!
なおジャケットのイラストレーションはレオノラ・ヴァイスマンです。


ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

NEW RELEASE















TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet