BRASIL直輸入情報★

   
カテゴリー「 BRASIL直輸入情報★」の記事一覧

【BRASIL】入荷!2017年最大のブラジル・ニューリリース! トリバリスタス "TRIBALISTAS" が帰ってきた!

トリバリスタス "TRIBALISTAS" が帰ってきた!




TRIBALISTAS

CD / UNIVERSAL MUSIC BRASIL / 2,592円(税込) / 入荷!


DVD / UNIVERSAL MUSIC BRASIL / 3,456円(税込) / 入荷!

マリーザ・モンチ、アルナルド・アントゥネス、カルリーニョス・ブラウン、この3人からなるユニット「トリバリスタス」が1stアルバムを大ヒットさせたのが2002年!ついこの前のような気もするがなんと15年前。それだけの時間が経っても、再結成を待ち望む人の熱は冷めやらずとうとう新作CD、DVDの発表となった。

それぞれが才能豊かな人気SSWである3人。"Não é uma volta dos Tribalistas, nós sempre estivemos por aí" とアルナルド・アントゥネスが語っているとおり、今回のためだけに集まったのではなく、普段から一緒に創作することが喜びなのだという。15年の歳月を経て、いっそうの深化と遂げた彼らのアルバムを早く聴いてみたいものだ。現在のところ4曲のタイトルが先行して公表されている。フルアルバムの発表もまもなく!ジャケット写真及びソングリストが公開されました。今回のアートワークは国際的に活躍するLuiz Zerbiniです!


【入荷!】 ブラジルで最も愛されるアーティストの一人と言っても過言ではない、シコ・ブアルキ、6年ぶり新作がビスコイト・フィーノからリリース!

ブラジルで最も愛されるアーティストの一人と言っても過言ではない

シコ・ブアルキ、6年ぶり新作がビスコイト・フィーノからリリース!





CHICO BUARQUE

CARAVANAS

CD / BISCOITO FINO(BRA) / 2,160円(税込) / 入荷!

ブラジルで最も愛されるアーティストの一人と言っても過言ではない、シコ・ブアルキ、6年ぶりの新作がビスコイト・フィーノからリリース!このところペースは落ちているものの、一度、新作をリリースすれば数ヶ月のツアーがすぐに満席になるという人気ぶり。今回もギタリストはクラウジオ・ハモス、ドラムはジュリン・モレイラ、ベースはジョルジ・エルデルという鉄壁の布陣で、極上の大人のMPBを聴かせてくれるはずです。アルバム収録の「Dueto」は、かつてシコがボサノヴァのミューズと歌われたナラ・レオンに捧げ一緒にデュエットした曲ですが、新アルバムではシコの娘とカルリーニョス・ブラウンとの間に生まれた孫娘、クララ・ブアルキと一緒に歌っているそうです。こちらも非常に楽しみですね。先行して発表された「Tua Cantiga」 。この曲にはピアノでクリストヴァン・バストスが参加しています。FB上ではブラジル人ミュージシャンがシェアしまくっていました。

ブラジリアン・フュージョンの知られざる92年名盤アナログ、デッドストック限定数入荷!!

AZYMUTH、MUSIC FROM MEMORY好きにはたまらない!!

限定入荷のためお早めに!!



MICHEL FREIDENSON ミシェル・フレイデンソン

PARQUE COSMICO (LP)

【DEADSTOCK】

LP(レコード)(10) 2,484円(税込)

*DEADSTOCK限定数入荷!

**こちらはデッドストックのため、ジャケットなどに軽微な傷み、経年劣化が御座います。あらかじめご了承ください。

サンパウロを拠点に活動するピアニスト/作編曲家、ミシェル・フレイデンソンの1992年作品オリジナル盤レコードを発掘!エルメート・パスコアールが一時期レコードをリリースしていたSOM DA GENTEレーベルに作品を残したグループ、ゾナズールの一員としても知られ、そのエルメートやハウル・ヂ・ソウザといったジャズ系はもちろん、ジャヴァン、イヴァン・リンス、ロー・ボルジェス、チン・マイアといった音楽家のサポートをした経験も持つなど、ブラジル音楽界では高名な存在だ。本作はそんなミシェルがソロとして残した1992年の作品で、Léa Freire (Flute), Walmir Gil (Trumpet), Duda Neves (Drums), Sylvio Mazzucca Jr. (Bass), Paulinho Duro (Percussion), AC Dal Farra (Drums), Teco Cardoso (Flute)といった名手達を迎えてレコーディングされた作品。「パルキ・コズミカ(コズミック・パーク)」というタイトルどおり、どこかスペーシーなそのサウンドは近年レコード好きの間でトレンドとなりつつあるインディー・ブラジリアン的文脈はもちろん、バレアリック好きにもレコメンド!







これは21世紀のケン・エ・ケン!?生きる伝説ジョアン・ドナート2017年新作は息子ドナチーニョとの親子ブギー・ファンク!


待望のアナログ盤 出ました!めちゃサイコー!




ジョアン・ドナート & ドナチーニョ


シンテチザモー


国内LP / 3,240円(税込)
国内CD / 2,376円(税込)
輸入CD / 2,484円(税込)


「ブラジル版タキシード」はたまた「21世紀のケン・エ・ケン」!?ブラジリアン・ジャズ/レアグルーヴの生きる伝説ジョアン・ドナート2017年新作は、ブラジル新世代を支える実の息子ドナチーニョとのコラボレーションで、なんとブリブリのシンセをフィーチャアしたブギー・ファンク!


ジョアン・ジルベルトやアントニオ・カルロス・ジョビンに並ぶボサノヴァ/ジャズボサの名ピアニスト/作曲家であり、1970年代以降はプロデューサー/アレンジャーとして数々の傑作を送り出してきたブラジル音楽の巨匠ジョアン・ドナート。アメリカ西海岸で活動していたこともありカル・ジェイダー、ティト・プエンテ、エディ・パルミエリ、モンゴ・サンタマリア、スタンリー・クラーク、ハービー・マン、ジャック・マクダフらとも共演するなど、セルジオ・メンデスやエウミール・デオダードとともにブラジル音楽の魅力を世界に広めた第一人者である。近年では彼の残したレコードも値段が高騰。ブラジリアン・レアグルーヴの名盤として名高い1973年の『ケン・エ・ケン』ではディスコ/ヒップホップ的なフィーリングをすでに感じさせるなど、ドナートの先見性はいま再評価されている。


そんな生きる伝説ジョアン・ドナートが、息子でありプロデューサー/鍵盤奏者として活躍するドナチーニョとの連名でリリースした作品が本作『シンテチザモー』である。父への敬意、そして並々ならぬシンセサイザーへの偏愛をみせるドナチーニョの手腕により、父ジョアン・ドナートが再びブラジリアン・グルーヴの表舞台へとカムバック。「21世紀のケン・エ・ケン」はたまた「ブラジル版タキシード」とも言えるようなブリブリなシンセをフィーチャアしたブギー・アルバムに仕上がっている。




【SAMBA】アルリンド・クルースの新作は、息子であるアルリンヂーニョことアルリンド・ネトとの共同名義作品!



ARLINDO CRUZ E ARLINDINHO アルリンド・クルス & アルリンヂーニョ

2 ARLINDOS

CD(4) 2,052円(税込)

元フンド・ヂ・キンタル、未だに多くのファンを魅了する現役バリバリのサンバ作曲家/シンガー、アルリンド・クルースの新作は、息子であるアルリンヂーニョことアルリンド・ネトとの共同名義作品。アルリンドが作曲してきた多くの名曲、そして息子アルリンド・ネトと共作した新曲を含む全15曲。年老いてなお新曲を作り続けるそのエネルギーにまず感服だが、なによりもその曲の良さはパゴーヂ黄金期から錆びることなく、みんなで歌って踊れるポップなメロディの連続に驚く。サンバ・ファンなら持っておいて絶対に損は無い作品だ。さあ、みんなでララヤヤ斉唱しよう!

【BRASIL / INST】 2017年のブラジル産ジャズ~インストのベスト作品候補!ブラジルを代表する作曲家/ピアニスト、ベンジャミン・タウブキンの新作!

BENJAMIM TAUBKIN & ITAMAR DOARI & JOAO TAUBKIN / ベンジャミン・タウブキン & イタマール・ドアリ & ジョアン・タウブキン / O PEQUENO MILAGRE DE CADA DIA

BENJAMIM TAUBKIN & ITAMAR DOARI & JOAO TAUBKIN ベンジャミン・タウブキン & イタマール・ドアリ & ジョアン・タウブキン


O PEQUENO MILAGRE DE CADA DIA

CD(4) 2,484円(税込)

2017年のブラジル産ジャズ~インストのベスト作品候補!ブラジルを代表する作曲家/ピアニスト、ベンジャミン・タウブキンの新作は、アヴィシャイ・コーエン作品でも印象的なプレイを聴かせていたイタマール・ドアリ(per)らとのピアノ・トリオ作品!


【MPB】現代ブラジル最高の女性歌手モニカ・サルマーゾ待望の新作がビスコイト・フィーノからリリース。



MONICA SALMASO モニカ・サルマーゾ

CAIPIRA

CD(4) 2,160円(税込)

2017年に渡辺貞夫のショウで来日! 現代ブラジル最高の女性歌手モニカ・サルマーゾ待望の新作がビスコイト・フィーノからリリース。 


ハファエル・マルチニの新作は自身のセクステットにオーケストラを迎えたラージ・アンサンブル作品!


ミナス新世代の更に先へ...

ハファエル・マルチニの新作は自身のセクステットにオーケストラを迎えたラージ・アンサンブル作品!



ハファエル・マルチニ・セクステット+ヴェネズエラ・シンフォニック・オーケストラ
「スイチ・オニリカ」


CD / 2,700円(税込)


現代ブラジルで最も傑出した才能の一人とされるハファエル・マルチニが、オーケストラとともにドビュッシー、ジョビン、ピシンギーニャ、ストラヴィンスキー、ギル・エヴァンス、リゲティの間に照応関係を見出す、マニエリスム的「一致する不一致(ディスコルディア・コンコルス)」。ジョアナ・ケイロス、アレシャンドリ・アンドレスが参加。「夢幻組曲/夢の組曲」の意味の本作 «suíte onírica»は、全 5 曲から成る交響楽団、ジャズ・セクステット、オーケストラ、クワイアの為の組曲です。日本盤のカバーアートはマニエリスムを代表する画家の一人、Giuseppe Arcimboldo の「四大元素〈水〉」を使用。


Rafael Martini(ハファエル・マルチニ)
作・編曲家/ピアニスト。現代ブラジルの音楽シーンにおいて最も傑出した作・編曲家として、世界的な評価を獲得。2013年にリリースをした、ソロアルバム«Motivo»は最優秀器楽アルバムとして権威あるマルコ・アントニオ・アラウージョ賞を受賞。また、多くの作品に音楽監督/ピアニストとして参加し、Mônica Salmaso, Sérgio Santos, Antonio Loureiro, Joana Queiroz,Nelson Ayresなど、名だたるアーティストと共演している。現在は、ブラジルのみならずニューヨーク、ウルグアイ、アルゼンチン、スペインなどでフェスティバルやライブに出演。2016年に〈SPIRAL RECORDS〉から発表された«GESTO»に続き、ベネズエラ交響楽団と制作した«suíte onírica»の日本盤が8月に同レーベルよりリリース。


■ Artists
Rafael Martini(piano, vocal)/Alexandre Andrés(flute)/Joana Queiroz(clarinet)/Jonas Vitor (saxophone)/Trigo Santana(bass)/Felipe Continentino(drum)


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/ACZCY9drHbU" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

【BRASIL / MPB / MINAS】ミナス・シーン最高のメロディー・メーカー/シンガー、アフォンシーニョの2017年ニュー・リリース!

AFFONSINHO アフォンシーニョ


CERTEZA?

CD(4) 2,052円(税込)

ミルトン・ナシメント、ロー・ボルジェス、フラヴィオ・ヴェントゥリーニ以降におけるミナス・シーン最高のメロディー・メーカー/シンガー、アフォンシーニョの2017年ニュー・リリース。

ミナス・サウンドの特徴ともいえる美しいメロディのポップ・サウンドを、いま最も体現するSSWがこのアフォンシーニョである。1960年生まれ、ミルトンらクルビ・ダ・エスキーナ世代の一世代下ともいえるアフォンシーニョだが、ミルトンらと同じくビートルズに多大な影響を受けつつも、ミナスの風土に根ざしたソングライティングの才を発揮。若かりし頃にはUSバークレー大学でジャズを学ぶなど、90年代以降、ミナス音楽の良心を受け継ぎ未来へと発展させてきた張本人とも言えるだろう。最新作となる本作はそんな多様なリファレンスを見せつつ、彼の本分であるミナスらしいエバーグリーンなメロディが溢れるシンプルなポップロック作品となった。

女性歌手リヴィア・イタボライーを迎えた表題曲#1に始まり、スロウな8ビートで聴かせる#2、ロー・ボルジェスを連想させる#3、ギターとスキャットがハミングして行く#5、先行で公開されていた#7、ミナスらしいマジカルな展開にグッと心惹かれるラストの名曲#11まで...。プロデューサー/アレンジャーしてクレジットされているフレデリコ・エリオドロは、アフォンシーニョの実の息子にしてカート・ローゼンウィンケルの『カイピ』ツアーバンドのベーシストでもある。家族でありながら世界的な活躍を見せる新世代との積極的なコラボレーションにより、作曲だけでなくアレンジ、トーンに至るまで、全てが研ぎ澄まされたサウンドは、これまでのアフォンシーニョの魅力をさらに一歩推し進めたと言えるだろう。本当に素晴らしい。

ミナス的ソングライティングの魅力をさらに洗練させ進化させたアフォンシーニョの最新作。ミナス音楽ファンのみならず全ての良質ポップス・ファンに聴いてもらいたい逸品の誕生である。

*Band:
Affonsinho Heliodoro (vo/guitar)
Frederico Heliodoro (produce/arrange/bass/keyboard/piano/keyboard/back vocal)
Felipe Continentino (drums/precussion)
Marcelinho Guerra (guitar/engineer) 

*guest vocals:
Livia Itaborahy / Iris Ramadas / Mariana Nunes / Rafael Dias / Paulinha Bicalho

南米チリ出身の女性ギタリスト兼ヴォーカリスト、カミラ・メザ関連アルバムが当店初入荷!




新星のごとく現れたチリ出身の女性ギタリスト兼ヴォーカリスト

カミラ・メザ参加アルバムが当店初入荷!ジョアナ・ケイロス他

新世代ブラジリアン・ジャズ・シーンとも呼応する注目アルバム!






RYAN KEBERLE feat. CAMILA MEZA

FIND THE COMMON, SHINE A LIGHT / FIND THE COMMON, SHINE A LIGHT
CD / CLEAN FEED(US) / 1,836円(税込)

マリア・シュナイダーオーケストラのトロンボニストとしても知られるライアン・ケベール最新作に、新世代ジャズ・シーン注目の才女、カミラ・メザが全面参加!ジョアナ・ケイロス、アントニオ・ロウレイロなど、新世代ブラジル~ミナス・シーンとも呼応する好内容です!


■Ryan Keberle: trombone, melodica; Camila Meza: vocals; Mike Rodriguez: trumpet, pandeiro; Jorge Roeder: acoustic bass, electric bass, bass FX; Eric Doob: drums.






RYAN KEBERLE feat. CAMILA MEZA

Azul Infinito
CD / GREEN LEAF(US) / 1,836円(税込)

トロンボーン奏者 ライアン・ケベールのリーダー・アルバムですが、ここでもカミラ・メザの才女ぶりが遺憾なく発揮されてます!ジョアナ・ケイロス、アントニオ・ロウレイロ他、新世代ミナス・ジャズ・シーンがお好きな方にぜひ聴いて頂きたい一枚です!


■Ryan Keberle: trombone, melodica; Camila Meza: vocals; Mike Rodriguez: trumpet, pandeiro; Jorge Roeder: acoustic bass, electric bass, bass FX; Eric Doob: drums.



ブログ内検索

買取のご案内

プロフィール

ラテン・ブラジル館
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet