BRASIL直輸入情報★

   
カテゴリー「 BRASIL直輸入情報★」の記事一覧

【BRASIL】現代ブラジリアン・インディ・シーンの最重要人物のひとりドメニコ・ランセロッチ待望の新作到着!!!!




DOMENICO LANCELLOTTI ドメニコ・ランセロッチ


Serra Dos Orgãos / オルガンス山脈


CD(4) 2,592円(税込)

■ 日本先行発売 / ボーナス・トラック収録

現代ブラジリアン・インディ・シーンの最重要人物のひとり=ドメニコことドメニコ・ランセロッチが放つ最高の新作ソロ! なんと共同プロデューサーはショーン・オヘイガン(ザ・ハイ・ラマズ)!


先鋭的なポストロック・サウンド×アコースティックなSSW風味×もろハイ・ラマズなストリングスが一体となった刺激的にして優美な大傑作! インディー・ロック・ファンも必聴の本年度ブラジル音楽マスト盤!モレーノ・ヴェローゾ、カシンとの「+2」プロジェクトでの活動や、アドリアーナ・カルカニョットをはじめとする実に様々なアーティストとの共演など、ドラマーとして、プロデューサーとして、コンポーザーとして、ここ10余年のブラジル先鋭ポップ・シーンでもっとも忙しい男といっても過言ではないドメニコことドメニコ・ランセロッチ(画家/造形作家としての顔も持つ!)が、前作『Cine Prive』(2011)以来、実に6年ぶりとなる待望のソロ新作を発表!今回は、英国が誇る箱庭ポップ職人:ショーン・オヘイガン(ザ・ハイ・ラマズ)との共同プロデュースによるリオ/ロンドン録音で、ロンドン編のミックスはアンディ・ラムゼイ(ステレオラブ)が手掛けるという新境地!ドメニコらしい刺激的なリズムワークとポストロッキンな実験的サウンドメイク、どこか歪みながらも美しい歌世界が融合した“ならでは”の魅力はそのままに、まるでハイ・ラマズの新作かと聴き紛うほどにショーン印の優美なストリングスが随所で登場する様は、欧米インディファンにとっても嬉しいサプライズ!「ブラジリアン・ポストロック」や「フューチャー・ボッサ」といったレベルを軽々と凌駕する傑作を生みだしたブラジル×イギリスの才能の化学反応に盛大な拍手を!ブラジルのみならず、世界のインディシーンでもっとも面白いサウンドがココにある!




【BRASIL】ブラジルを代表するシンガソングライター、ギンガ。通算17枚目となる2017年NEW RELEASEは、なんと未発表曲集。



GUINGA ギンガ

CANCAO DA IMPERMANENCIA

CD(4) 2,376円(税込)

4/18入荷!!! エスペランサ・スポルディングほかジャズ・ミュージシャンにも敬愛されるブラジルを代表するシンガソングライター、ギンガ。通算17枚目となる2017年NEW RELEASEは、なんと未発表曲集。

ギタリスト大国ブラジルが誇る至宝、ギンガの2017年最新オリジナル・アルバム。気になるその内容はなんと全編ギンガの未発表曲集。ミュージシャンの間ではシェアされていたものの録音されていなかった楽曲など、ギタリストでありながら稀代の作曲家でもあるギンガの未発表曲を13曲(1曲のみギンガとチアゴ・アムーヂの共作)も楽しめるという衝撃的な内容である。レーベルはドイツの正統派アコースティック・ギター・レーベル「アコースティック・ミュージック・レコーズ」。ギンガのキャリア至上唯一欠けていた完全ギターソロ作品として好評を博した同レーベルの2014年作品『ROENDOPINHO』のスタイルを踏襲し、シンプルなギター独奏とささやかなスキャットのみで録音されたとのこと。

未発表曲だけで構成されたギンガ版「声とギター」。2017年を代表するブラジル音楽作品となること間違いなし!!!!!!!!!!!!!!

▼USサニーサイドからリーダー作を発表したばかりのヴィトル・ゴンサルヴェスがフィーチャアされてますね。


▼こちらはブラジル・ギターの祖ともいわれるガロートをテーマにしたショウ。

【アナログ入荷】遂に放たれるアート・リンゼイ正真正銘のオリジナル・ニュー・アルバム!


待望のアナログ盤が入荷!





ARTO LINDSAY アート・リンゼイ


ケアフル・マダム

CD(4) 2,700円(税込)

LP(レコード)(10) 2,700円(税込)

13年に及ぶあまりにも長き沈黙を破り、遂に放たれるアート・リンゼイ正真正銘のオリジナル・ニュー・アルバム!これは2017年音楽シーン最初の大事件!盟友メルヴィン・ギブスのみならず、NYの新世代ミュージシャンとの邂逅がもたらしたアート流<アヴァン・ポップ>のニュー・フェイズ。NOWAVE以来のパンク精神と近年のコスモポリタニズムが最高次元で融合したソロ・キャリア史上屈指の名作が誕生した!



【BRASIL / BOSSA】入荷!ジョアン・ドナート初期レア名盤「MUITO A VONTADE」奇跡のアナログ再発!


ジョアン・ドナート奇跡のアナログ再発!


 

JOAO DONATO

MUITO A VONTADE

LP / 3,024円(税込)
GO! BOP!(FRA) / 入荷
ボサノヴァ、サンバジャズ最高のピアニスト、ジョアン・ドナートが自身のトリオを率い録音した名盤『ムイト・ア・ヴォンターヂ』が嬉しいヴァイナル・リイシュー!ベースにチァゥン・ネト、ドラムにミルトン・バナナ、パーカッションにアマウリー・ホドリゲスという最高の布陣で、ドナートらしい快感度数の高い一枚となっている。ドナートのジャズ・ボサ本命盤!!
Joao Donato(p)
Milton Banana(ds)
Tiao Neto(b)
Amaury Rodrigues(bongo)

アルトゥール・ヴェロカイの2007年名作「ENCORE」が初のアナログ・プレス&CD再プレス!

アルトゥール・ヴェロカイ 2007年名作「ENCORE」

待望の初アナログ・プレス & CDリプレス!




ARTHUR VEROCAI

ENCORE

FAROUT(UK) / LP 2,592円(税込)/ CD 1,944(税込)

1972年にリリースされた1STアルバム「アルトゥール・ヴェロカイ」のオリジナル盤が3000ドルを超える価格で落札されるなど、いまやブラジル音楽ファンのみならず、サイケ、ジャズ、ヒップホップといったジャンルを巻き込みもっとも愛されているギタリスト/作編曲家/コンダクター、アルトゥール・ヴェロカイ。昨年リリースされた1972年作の再発盤レコードは何度目かのプレスにも関わらず大きなセールスを記録。年末にリリースした最新録音作までが異例の速さで一時完売するなど、コレクターやコアな音楽ファンだけでなく、より多くの人がヴェロカイの音楽に親しみ始めたこのタイミングで、途轍もないニュースが飛び込んできた。それがこの『アンコール』の再プレス&初のヴァイナル・プレスである。

アジムスやイヴァン・リンスといったブラジル音楽の名手達を迎えレコーディング、2007年にリリースされた本作はヴェロカイにとって3枚目のアルバムだ。この作品の世界的大ヒットが、忘れ去られていたアルトゥール・ヴェロカイという人物をあらためて音楽シーンの最前線に送り込むこととなった、いわば復活作にして金字塔とも呼べる作品なのである。特筆すべきはその内容の良さだろう。稀代の作編曲家であるヴェロカイの、流麗でありながら一筋縄ではいかないアレンジ、そして伝説的とも言えるミュージシャンたちが奏でる心地のよいグルーヴは、今聴いても古びるどころか新鮮、いつ聴いても素晴らしく、まさに名盤というべき作品である。いまや当時リリースされたCDにも一部プレミア価格がつくほどであり、また数量限定で7インチかっとされた本作収録の『BIS』もいまや100USDを超える価格で取引されるなど、コレクターズ・アイテムと化している。

当時のリリースから10年を経てのCD再プレス、そしてレコード・ファンにはたまらない初のアナログ・プレス。本国ブラジルでも45年ぶりに新作をリリースするなど、ヴェロカイがより広く知られるようになった、これ以上ないタイミングでのリリースを、いちヴェロカイ・ファンとして素直に喜びたい。






2007年リリース時のオリジナル・ジャケットはこちら




【再入荷 / MPB】2016-2017 ブラジル音楽最大の衝撃!アルトゥール・ヴェロカイのスタジオ録音新作が遂に降臨!

【再入荷!】【再入荷!】

2016-2017 ブラジル音楽最大の衝撃!


アルトゥール・ヴェロカイ新作降臨!





ARTHUR VEROCAI


NO VOO DO URUBU


CD / SESCSP(BRA) 2,052円(税込) / 12月26日入荷予定!
2016年ブラジル音楽最大の衝撃!アルトゥール・ヴェロカイのスタジオ録音新作が8年ぶりに登場!1972年にリリースされたセイム・タイトルのLP「アルトゥール・ヴェロカイ」のオリジナル盤が3000ドルを超える価格で落札されるなど、いまやブラジル音楽ファンのみならず、サイケ、ジャズ、ヒップホップといったジャンルを巻き込みもっとも愛されているギタリスト/作編曲家/コンダクター、アルトゥール・ヴェロカイ。Stones Throw諸作やJurssic 5などを手掛けたことでも知られるカメラマンにして映像作家のB+とEric Colemanによる「Mochilla」からリリースされたライブ盤をのぞけば、約8年ぶりとなる新作はブラジルのSESC SAO PAULOからのリリースとなった。 
ヴェロカイ・サウンドの特徴である優美でありながら独特の弦管アレンジメント、そしてブラジル伝統のリズムを融合させたメロウでありながら、サイケデリックとも言いたくなるサウンドは、1972年にリリースされたセイム・タイトル作品の現代版といっても差し支えないだろう。衰えを見せるどころか、そのサウンドは更なる進化を見せているのだから驚きである。 
アジムスのオリジナル・メンバーであるアレックス・マリェイロス(ベース)、ママォンことイヴァン・コンチ(ドラム)を筆頭に、イタマール・アシエリ(ピアノ)、ホベルチーニョ・シルヴァ(パーカッション)、エドゥアルド・ネヴィス(フルート)、ヂルセウ・レイチ(クラリネット)ほかブラジル音楽界を支える最高のミュージシャン達がバックをつとめた演奏のクオリティは超一流。くわえてセウ・ジョルジ、ダニーロ・カイミ、クリオーロ、ヴィニシウス・カントゥアリア、マノ・ブラウンといった超豪華ゲストも参加。
21世紀的な感性を織り込みつつ、ブラジルという原点に回帰するかのような内容は、ブラジル音楽ファンだけでなく全ての音楽ファンにとって2016年最大の衝撃といえるトピックだ。




【BRASIL / MPB】リオの女性シンガー1STアルバム



DENISE STUDART デニーシ・ストゥダルチ

JOIA RARA

CD(4) 2,052円(税込)

リオの女性シンガー1STアルバム。ショーロ・ユニット「アグア・ヂ・モリンガ」のヴィオロニスタでとしても知られるルイス・フラヴィオ・アルコフラがプロデュース。古のブラジル音楽を研究するサンドル・ボイスが作曲した未発表曲の中から、サンバを中心にマシーシ、ボサノヴァ、ファド、ヴァルサ、マルシャ・ランショといった多彩なスタイルの楽曲を収録するなど、様々な時間軸が交差する内容は聴き応えがある。キコ・オルタが参加したピアノいりジャズサンバ#4ではマルコス・サクラメントもゲスト参加。







【BRASIL / INST】アントニオ・ロウレイロとのデュオ作品も残しているブラジルの鬼才ヴァイオリン奏者ヒカルド・ヘルズのNEW RELEASE



RICARDO HERZ ヒカルド・ヘルス

TORCENDO A TERRA

CD(4) 2,052円(税込)

アントニオ・ロウレイロとのデュオ作品も残しているブラジルの鬼才ヴァイオリン奏者ヒカルド・ヘルズのNEW RELEASEは、ブラジルらしい流麗でスリリングなインストゥルメンタル集。7弦ギターにジアナ・ヴィスカルヂとの共演でも知られるギタリストのミッヒ・フジシュカ、パーカッション/ドラムスにペドロ・イトを基本とした作品。インストゥルメンタル作品からアナ・クラウヂア・ロメリーノらリオ新世代のバッキングまで八面六臂の活躍のメストリーニョ(アコーディオン)、ジスモンチにも慕われる木管奏者テコ・カルドーソ(フルート)、三宅純やト・ブランヂリオーニまでと共演するゼ・ルイス・ナシメント(パーカッション)、ボランダからの諸作品でも知られるファビオ・ペロンといったゲストも参加。




【BRASIL / JAZZ】ブラジル×ジャズの最良形を掲示するクインテット、ヴェント・エン・マデイラ最新作がリリース。




VENTO EM MADEIRA ヴェント・エン・マデイラ

ARRAIAL

CD(4) 2,160円(税込)

ブラジル×ジャズの最良形を掲示するクインテット、ヴェント・エン・マデイラ最新作がリリース。

メンバーでもある女流フルート奏者レア・フレイリのレーベル「マリタカ」が誇るブラジリアン・ジャズ・クインテット、ヴェント・エン・マデイラ。テコ・カルドーソ、チアゴ・コスタ、エドゥ・ヒベイロ、フェルナンド・デマルコという最高峰プレイヤー、そしていまやブラジルNO.1の女性ヴォーカルであるモニカ・サルマーゾをゲストに迎えたブラジル×ジャズの最重要グループである。これまでに2枚のアルバムをリリース。プレイヤーとしての圧倒的なアビリティーと、ソングとインストゥルメンタルを行き来するかのような楽曲の素晴らしさで、ブラジリアン・ジャズのあるべき形を掲示し、ブラジル音楽ファンの間では高い評価を獲得してきた。最新作となる本作も基本的にはこれまでの路線を踏襲。ブラジル固有の多彩なリズム、室内楽にも通ずる器楽の美しい響きが「ヴェント・エン・マデイラ=木の中を通り抜ける風」のごとく駆け抜けていくサウンドは美しくも爽快である。一方でモニカの器楽的なヴォイスがフィーチャアされた#1など、世界的なトレンドに合流していくような明らかな進化もあり。カート・ローゼンウィンケルの最新作がブラジル音楽へと大きくシフトしたこともあり、例年になく注目されるブラジリアン・ジャズ。その最注目アーティストとして、彼らに脚光があたることは間違いないだろう。




【MPB】ジョビンの意志を継ぐギタリスト/作編曲家マリオ・アジネーの新作!

MARIO ADNET マリオ・アヂネー

SAUDADE MARAVILHOSA

CD(4) 2,160円(税込)

小野リサのアレンジャーとしても活躍したことでもお馴染み、ジョビンの意志を継ぐギタリスト/作編曲家マリオ・アジネーの新作は、ジョアン・ドナートやアルトゥール・ヴェロカイの新作をリリースしブラジル最重要レーベルとなりつつあるSESCレーベルからのリリース。『ジョビン・ジャズ』『ジョビン・シンフォニコ』『オルケストラ・オウロ・ネグロ』『ウン・オリャール・ソブリ・ヴィラ=ロボス』といった、近年マリオが取り組んできたクラシック、ボサノヴァ、ジャズにまたがる音楽性を集約させたような内容で、全10曲のうち8曲が未発表曲。トニーニョ・オルタ、デューク・エリントンのカバーをそれぞれ1曲ずつ収録している。

Band : Mario Adnet (violão) / Eduardo Neves (ts) / Jorge Helder (b) / Marcos Nimirichter (p/key) / Rafael Barata (dr)
Guest : Armando Marçal (per) / Aquiles Moraes (tp) / Cristiano Alves (cl) / Everson Moraes (tb) / João Cavalvanti (vo) / Leonardo Amuedo (g) / Ricardo Silveira (g)








ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

NEW RELEASE















TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet