ARGENTINE/URUGUAY

   
カテゴリー「ARGENTINE/URUGUAY」の記事一覧

【アルゼンチン盤入荷情報】摩訶不思議なエクスペリメンタル・バンドGUO CHENG2013年作

GUO CHENG / グオ・チェン / GUO CHENG
GUO CHENG グオ・チェン
GUO CHENG
CD(4) 1,944円(税込)

アルゼンチン・エクスペリメンタル・バンド「GUO CHENG」の2013年リリース1stアルバム。マリオ・カポラリ(プログラミング)とエミリアナ・アライアス(パーカッション)を中心としつつ、クラリネットやヴァイオリンといった室内楽楽器を取り入れた独自の世界観を演出。エスニック感を漂わせ、かといって偏りすぎていないのがこの人たちの面白いところ。
ガビー・ケルペルやエミリオ・アロなんかが好きな方にもオススメです!(担当:透)


【アルゼンチン盤入荷情報】鬼才アクセル・クリヒエール新作!!

AXEL KRYGIER / アクセル・クリヒエール / HOMBRE DE PIEDRA
AXEL KRYGIER アクセル・クリヒエール
HOMBRE DE PIEDRA
CD(4) 2,160円(税込)

カブサッキ以降のアルゼンチン新世代を代表する音響派の鬼才アクセル・クリヒエールの5thアルバム。サウンドトラックなども手掛けるアクセルが、「石器時代の男」というストーリーをテーマにした作品で、どこかB級映画の挿入曲然としたサウンド・スケイプでありつつ、南米音楽の普遍的資質と相まった、音の万華鏡のような展開が印象的な1枚。本人が手掛けている
アートワークもユニークですね。タイトル曲のPVも面白いです。(担当:透)


【ARGENTIN / URUGUAY】エドゥアルド・マテオのアシッドなサイケ感覚が最高潮に達した1976年アルバム、待望のアナログ・リリース!!!

これは絶対にレコードで欲しい!

マテオのアシッド感が最高潮に達した異型の名作!!!

  • EDUARDO MATEO & JORGE TRASANTE / エドゥアルド・マテオ&ホルヘ・トラサンテ / MATEO Y TRASANTE
  • EDUARDO MATEO & JORGE TRASANTE エドゥアルド・マテオ&ホルヘ・トラサンテ

    MATEO Y TRASANTE

    【VINYL LP】

    LP(レコード)(10) 3,240円(税込)

    「マテオ・ソロ」そして「エル・キント」の国内盤が南米音楽ファンのみならずサイケ・ファン、SSWファンまでをも巻き込み大ヒットを記録したエドゥアルド・マテオ。そんなマテオのアシッドなサイケ感覚が最高潮に達したといえる、幻の作品!!

    マテオやルベーン・ラダの音楽はカンドンベを基調にしているのが何よりの特徴である。奴隷であった黒人が持ち込んだカンドンベは、かつてエリート達からその存在を脅威とみなされ禁止されたこともあったほどに、「黒さ」と「呪術性」を強く感じさせる音楽である。伝統的なカンドンベ・マスターとして、さらに後のジプシー・キングスに参画する名手ホルヘ・トラサンテとの共同名義でリリースされたのが本作、1976年リリースのアルバムだ。

    1st「マテオ・ソロ」に近い内容ながら、更にそのアシッド感はエスカレート。トラサンテのカンドンベ・パーカッションがぐるぐると渦巻くようにグルーヴし、高熱にうなされるような気分になったかと思えば、マテオの侘び寂を備えたモノトーンなメロディに、ドーパミンが放出されたかの如く、長閑な気持ちにさせられるサイケデリックな世界観は、一度聴いたら病み付き。特筆すべきは、その芸術的ともいえる録音の位相であろう。突如、予期せぬ位置から現れるマテオの声、トラサンテのリズム・・・。他の作品には感じられない濃密なアンサンブルが、この作品の全てである。
    ウルグアイ・サイケの名盤として、また、ブラジルやアルゼンチンとはまた違うウルグアイ特有の良質sswの祖として、今年一番の驚きをもって聴きたい待望のアナログ再発!



【ARGENTINE】ブエノスアイレスのギタリスト:アルマンド・アロンソによるメロウ・インスト・ジャズ!

  • ブエノスアイレスのギタリスト:アルマンド・アロンソによるメロウ・インスト・ジャズ!
  • 少量入荷ですが当店スタッフの推薦盤です!
  • ARMANDO ALONSO  / アルマンド・アロンソ / PEOPLE INSIDE
  • ARMANDO ALONSO アルマンド・アロンソ

    PEOPLE INSIDE

    CD(4) 2,376円(税込)

    リト・エプメールとのデュオ名義で作品を残すなどのキャリアで知られるブエノスアイレスのギタリスト:アルマンド・アロンソ率いるクアルテートにゲストを迎えたジャズ・ロック系作品。

    Armando Alonso: guitarra eléctrica y guitarra española
    Rodrigo Cagnone: guitarra eléctrica, guitarra sinte y guitarra española
    Nicolás Benaghi: bajo
    Agustín Barbieri: batería y percusión

    y mas


【ARGENTIN / URUGUAY】ブエノス・アイレスを拠点に活躍するインストゥルメンタリスト、ガストン・オウリステのソロ・アルバムが素晴らしい!


  • GASTON URIOSTE / ガストン・ウリオステ / ULTIMOS SOLES DEL VERANO
  • GASTON URIOSTE ガストン・ウリオステ

    ULTIMOS SOLES DEL VERANO

    CD(4) 2,160円(税込)

    ウルグアイ・モンテビオ生まれでフランスを経てブエノス・アイレスを拠点に活躍するインストゥルメンタリスト、ガストン・オウリステのソロ・アルバム。南米とヨーロッパ、そしてオリエンタル、ジャズ、バロックなど古今東西の音楽観を融合させた、新たなフォロクロリズムを構築。m3,7,8.を除き♀ヴォーカル楽曲で、歌うのは、ノラ・サルモリアとの共演ライブ盤をリリースしたことでも知られるシンガー、ヴィクトリア・ソタリスが担当。タンゴ、ジャズ、ボサ・ノヴァ、ロックまでをも呑み込んだ表現の幅広さがありつつ、大地を感じさせるようなフォルクローレ特有のプリミティブな印象のヴォイスが、ガストンのサウンドと見事に融合。美しく起伏に富んだ音世界が、聞くほどにリスナーの脳裏に広がっていく素晴らしい作品だ。

    Gastón Urioste: oboe, guitarra criolla, melódica y armonio
    Victoria Zotalis: voz
    Nicolás Ojeda: contrabajo
    Nicolás Olivera: guitarra eléctrica y criolla
    Pedro Bulgakov: batería
    Alvaro Herrera Zacarías: melódicas
    Agustín Uriburu: cello
     Hernán Gonzalez: trombón


【ARGENTIN】カルロス・アギーレとともにシャグラダ・メドラ発起人の一人とも言われているラミロ・ガジョ率いる5重奏によるインスト・モダン・タンゴの新作!

  • RAMIRO GALLO / ラミロ・ガジョ / EL CIELO NO QUEDA TAN LEJOS
  • RAMIRO GALLO ラミロ・ガジョ

    EL CIELO NO QUEDA TAN LEJOS

    CD(4) 1,620円(税込)

    名門楽団オルケスタ・エル・アランケ出身。タンゴの既成概念を美しく打破し続けるヴァイオリン奏者で、カルロス・アギーレとともにシャグラダ・メドラ発起人の一人とも言われているラミロ・ガジョ率いる5重奏によるインスト・モダン・タンゴの新作。かのサンチアゴ・ヴァスケスもリスペクトする独特のモダニズムを有するサウンドはさらに進化を続け、ジャズ、クラシックとシンクロするアーティスティックなタンゴが成熟したことをうかがわせる見事な演奏。人々の感情や、豊かな彩り、そして時に硬質な都会的志向のすべてを盛り込んだ表現力は特筆。

    Adrián Enríquez Piano
    Lucía Ramírez  Bandoneón
    Marcos Ruffo Contrabajo
    Santiago Vera Candioti Guitarra eléctrica
    Ramiro Gallo Violín y dirección



【ARGENTIN】エクスペリメンタル・ジャズ系作品に定評のあるPAIレーベル新譜。


  • LUCIANA MORELLI QUINTETO / MANDALA
  • LUCIANA MORELLI QUINTETO

    MANDALA

    CD(4) 2,376円(税込)

    エクスペリメンタル・ジャズ系作品に定評のあるPAIレーベル新譜。アルゼンチン・ジャズ・女性ヴォーカル:ルシアナ・モレーリの創作アルバム。

    Músicos
    Luciana Morelli Voz y composición
    Diego Uriarte Saxo
    Martín Ameconi Piano
    Santiago Lamisovski Contrabajo
    Guillermo Harriague Batería
     
    Invitado especial
    Juan Filipelli Guitarra en temas 4 y 5



【 URUGUAY 】エドゥアルド・マテオ1984年2ndアルバムが再発CDが再入荷!

エドゥアルド・マテオ1984年2ndアルバムが再発CDが再入荷!
今こそ聴くべきマテオ名作!
ミナスに通じる浮遊感溢れるメロディーときらめくシンセの
絡みが素晴らしい84年のセカンド・アルバム!
※数に限りがございます。お早目に!

  • EDUARDO MATEO / エドゥアルド・マテオ / CUERPO Y ALMA


















EDUARDO MATEO エドゥアルド・マテオ

CUERPO Y ALMA

CD(4) 1,944円(税込)


エドゥアルド・マテオの1984年2ndアルバムが再発。ミナス音楽にも通ずる独特の浮遊感溢れるメロディや、揺らめくようなシンセが施されたアレンジなど、80年代音楽の最良部が凝縮されたような、特別な雰囲気を持つ作品だ。ゲストには盟友のウーゴ&オズワルド・ファトルーソや女性SSWのマリア・インゴールドも参加。

<shop stuff review>
少しトンでいるアレンジや、コラージュが作り出すサイケデリックな世界観に耳が行きがちだが、現在でもカバーし続けられることからもわかるように、マテオ最大の魅力はソングライティングの個性にあるといえる。独特のメロディや、言葉(歌詞の内容まではわからないが)とリズムが生み出す呪術的な効果など、マテオらしさに溢れた楽曲がたっぷり堪能できる本作こそ、マテオの最高傑作とする方も多いだろう。他にも揺らめくようなシンセが施されたアレンジ、ウーゴ&オズワルド・ファットルーソやマリアナ・インゴールドといったマテオに近いメンバーも参加するなど、80年代ウルグアイ音楽の最良部が凝縮されたような内容は、どこからどう切っても名盤の要素しか出てこない。


【ARGENTIN】素晴らしすぎます!アルゼンチンが誇るボサノヴァ・ギターリスト究極のアンソロジー!

素晴らしすぎます!アルゼンチンが誇るボサノヴァ・ギターリスト究極のアンソロジー!

  • AGUSTIN PEREYRA LUCENA / アグスティン・ペレイラ・ルセーナ / DIPTICO
  • AGUSTIN PEREYRA LUCENA アグスティン・ペレイラ・ルセーナ

    DIPTICO

    2CD

    CD(4) 2,808円(税込)

    これは素晴らしいリリース!アルゼンチンのバーデン・パウエルことアグスティン・ペレイラ・ルセーナの1970から2008年の好セレクション!
    バーデン・タッチなインストのボッサ・ナンバーはもちろんですが、70年代後半からの「元祖アルゼンチン音響派」的なアンビエントな美しさは完全に時代を先取りしています!
    ちょっと興奮気味にコメント書いておりますが、とにかくアルゼンチン・ネオ・フォルク、音響派好きからクラシックなボサノヴァ・ファンまで絶対に手に取っていただきたい逸品!


    70年代から活躍するアルゼンチンが生んだボサノヴァ・アーティスト、アグスティン・ペレイラ・ルセナのニュー・マテリアルはアンソロジー2CD。1970-2008年までの自身のオリジナル・アルバムからの好セレクション。アルゼンチン版バーデン・パウエルとも謳われたそのギター・テクニックに、改めて感銘を受ける。


【 ARGENTIN】アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ2014年屈指の傑作。

アルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ2014年屈指の傑作。
コンポーザー/ピアニスト、Federico Arreseygorによる2ndアルバム。

  • FEDERICO ARRESEYGOR / フェデリコ・アレセイゴル / DETRAS DE LA MEDIANERA














FEDERICO ARRESEYGOR フェデリコ・アレセイゴル

DETRAS DE LA MEDIANERA

CD(4) 2,376円(税込)

アルゼンチン・ブエノスアイレス州の州都ラ・プラタ市出身のピアニスト/コンポーザー、フェデリコ・アレセイゴル。自身のソロ名義の他に、シーン随一の目利きでもあるシルビア・イリオンドの現在を支えているブレインでもあり、伝統と革新が背中合わせに進行するアルゼンチン・コンテンポラリー・フォルクローレ・シーンにおいて、現在もっともその動向が見逃せない音楽家のひとりである。そんなフェデリコが放つ2ndアルバムは、2010年の前作「ESPIRALES」以来。フォルクローレの多彩なリズムと旋律に、クラシカルな和声感覚、ジャズ的即興が一体となった洗練されたサウンドは、21世紀以降ますます加速を見せるコンテンポラリー・フォルクローレの音楽的成果を凝縮させたかのような充実作だ。

ブラジル音楽や欧米フォーク、曲中でモチーフとしても引用しているエリック・サティなど室内楽やバロック音楽、さらにコンテンポラリー・ジャズとの接点も見いだせるそのハイブリッドな楽曲センスは、フォルクローレ音楽を異次元へと引き上げる圧倒的なクオリティ、閃きとフレッシュさに満ちている。そんなサウンドの新しさと、そこに伴う楽曲の完成度、メロディメイカーとしての魅力は絶大だ。全編で参加しているマリアノ・カンテーロ(アカ・セカ・トリオ)のドラムス演奏、また数曲で聴くことのできるシンティア・コリアの可憐な歌声も好感だ。

Federico Arreseygor - piano, keyboards, guitar and voice
Mariano Cantero - drums, percussion, vibraphone and voice 
Omar Gómez - electric bass and acoustic bass 
Cintia Coria - voice 
Ana Archetti - voice 
Joaquín Pérez - flute 
Ezequiel Ortiz - guitars



ブログ内検索

買取のご案内

セール情報



プロフィール

ラテン&ブラジル館情報
非公開
< 営業時間 >
11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

 詳しい地図はコチラをクリック

< 連絡先 >
ds1_4f@diskunion.co.jp
03-3352-2760

< 住所 >
〒160-0022 
新宿区新宿3-31-4
山田ビル4F

twitter

twitter

twitter

twitter

TWITTER

チケット&イベント

ヤフオク出品中

通販のご案内

メルマガ登録ご案内


会員登録/各種ご案内

新宿地区駐車場サービス

ディスクユニオン各店への ご意見、ご要望

Copyright ©  --  --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS /  / 
Tweet